中学生の一人旅はあり?注意点や一人でも泊まれる宿・おすすめのスポットを紹介

中学生にもなると、段々大人に近づいてきて色々大人と同じようなことをし始める時です。

ふと子供が中学生だけで一人旅したいといい始めたらなんと返すでしょうか?

そんなこと言うはずもないと思い、考えていないでしょう。

しかし、便利な現代は中学生でも一人旅できるようにはなっていますし、そこまで難しくありません。

そこで今回は中学生が一人旅するのはありなのか、注意点なども見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学生で一人旅はできる?


引用元:https://pixabay.com

中学生は小学生でないためしっかりと準備をすれば新幹線を乗ることもできますし、色々な施設に一人で行くこともできます。

ライブや地方イベントなどもあり、中学生が一人旅する機会も多くなっています。

中学生は一人で旅をすることはできますが、しっかりと事件に巻き込まれたりしないように注意は必要です。

一人旅に行く際は親とよく相談していくようにしましょう。

中学生が一人旅する上での注意点は?


引用元:https://pixabay.com

中学生が一人旅をする際は色々注意が必要です。

旅先に行っていざ困ると何も出来ないですし、せっかくの楽しい旅が残念に終わってしまいます。

しっかりと注意点を理解しておきましょう。

ここでは中学生が一人旅をする際の注意点を解説していきます。

宿を借りるには親の同意が必要?

一人旅の時には、どこかで泊まらないといけません。

泊まる際にはホテルや、ネカフェなどを利用するかと思いますが、そういったときに未成年だけでホテルに泊まる際は親の承諾が必要になります。

友達と行く時や彼氏彼女と行く時も、もちろん必要になってきますので、事前に書類を親に書いてもらったり、電話で伝えてもらったりしましょう。

ここではさらに未成年の宿泊について詳しく見て行きます。

中学生が一人で泊まれる宿は少ない?

中学生が一人で泊まれる宿は基本的にありません。

もしかしたら、認可を取っていない宿などがあり、そこでは泊まれるかもしれませんが、安全面や料金面などの不安があります。

また、ネカフェなども18歳未満は午後8時以降は保護者同伴じゃないと入場できないようになっていますので、夜泊まるときに困ってネカフェに入ることもできません。

親の許可なしに中学生が一人で泊まることはできませんので気を付けておきましょう。

条例に注意

このように未成年が一人で泊まることができないのは、民法第5条で未成年が法律行為(契約など)をする際は親の同意を得なければならないということがあります。

契約というと、疑問が生じるかもしれませんが、ネカフェでお金を払って泊まることは宿泊契約になります。

そのため、親が契約していないのに子供が勝手にホテルに泊まることは出来ません。

ホテル側としても犯罪になるので、一回一回確認するのです。

女の子の場合は特に安全面で注意が必要

中学生でも、もしかしたら泊まれるホテルはあるかもしれませんが、そういったホテルは先程も説明した通り安全面での不安があります。

どんな変な人が止まっているかもわかりませんし、何が起こっても責任を取ってもらえない可能性もあります。

女の子の場合は特に注意が必要です。

女の子が変な人に絡まれてしまうと何も出来ないですし、もしかしたら犯罪に巻き込まれてしまうかもしれません。

女の子で一人旅を考えている人は日帰り旅行にすることも考えましょう。

未成年の基準が変わる

未成年というと現在では20歳未満の人を言いますが、2022年から成人年齢を18歳に引き下げると発表しました。

そのため大学生になるとすぐに許可が必要でなくなりますし、楽になりますね。

ただ、18歳でも高校生の人は許可が必要になるので要注意です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学生が一人でも泊まれる宿は?


引用元:https://pixabay.com

中学生が許可なしに一人で泊まることは難しいですが、しっかりと親の同意があれば泊まることのできるホテルはあります。

ここでは中学生が一人でも泊まれる宿にはどのような物があるのか見て行きます。

ユースホステル

中学生が一人でも泊まることのできる宿の一つ目はユースホステルです。

ユースホステルは旅をしたい青少年に安全で楽しい旅をしてもらえるように始まった宿で、ドイツから始まったものです。

このホテルは他のホテルよりも安く泊まることができますが、会員制なので気を付けておきましょう。

また、親の同意が必要になるので、泊まる際は契約書に自宅の電話番号を書くことになります。

親に電話が行って困らないようにしっかりと許可を取ってから行きましょう。

知り合いの家

ホテルなどは安全面で少し不安があるという方におすすめなのが知り合いの家です。

親戚や友達の家が遊び先にあると泊まることができますし、同意なども、もちろん必要ありません。

さらに、宿泊代も必要ないので未成年には抜群の宿泊先になります。

遊びに行く先に知り合いの家がある場合は、話を通して止めてもらえるようにしましょう。

中学生の一人旅のおすすめのスポットは?関東編


引用元:https://pixabay.com

中学生でも一人で旅行に行く人は多いです。

特に卒業旅行や、夏休みなどの長期休暇はどこかに行きたいものですよね。

そんな時どこに行ったらいいのか悩みませんか?

ここではそんな悩んだ時の中学生の一人旅のおすすめスポットの関東編を紹介していきます。

千葉県:ディズニーランド

まずおすすめなのはディズニーランドです。

定番中の定番ですが、一人でもディズニー好きには楽しむことができますし、何よりも関東に行った感がします。

ディズニーランドは広いのでもちろん一日つぶすこともできますよ。

また、日帰りのプランも良くあるので無理して泊まる必要もないので未成年にはとてもおすすめです。

予算としては、以下の通りになります。

・各地方からディズニーランドへの交通費
・食事(1000円前後)
・入場料(中学生6400円)
・お土産代(5000円前後)
・宿泊費(5000円)

 

交通費は大阪からだと往復3万円、名古屋からだと往復2万2000円、横浜からだと往復1400円。

したがってすべて合計すると、安くて1万5千円、高くて5万円ほどはかかりそうです。

神奈川県:中華街

二つ目のおすすめは横浜の中華街です。

中華街は中国料理がたくさんあり、小籠包や肉まん、タピオカなど色々沢山食べ歩きすることができますよ。

予算もそこまでかからず、日本と違う街並みを楽しむこともできますので、関東ではぜひ行っていただきたい場所になります。

予算は以下のようになります。

・各地方からの交通費
・中華街での食べ歩き費用(2000円前後)
・宿泊費(5000円)

 

合計で高くても2万円、横浜から近い場合は1万円以内で済むでしょう。

東京都:スカイツリー

関東最後のおすすめはスカイツリーです。

スカイツリーは誰もが知っている通り、日本で一番高い建物ですね。

そのスカイツリーは中の展望台から覗くことができます。

予算は以下のようになります。

・各地方からの交通費
・入場料(2060円)
・ランチ(1000円)
・宿泊費(5000円)

合計で安くて1万円、高くて3万円ほどになるでしょう。
東京から近いこともあり、交通の便もいいのでとてもおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学生の一人旅のおすすめのスポットは?関西編


引用元:https://pixabay.com

続いて中学生のおすすめスポットの関西編を紹介していきます。

是非参考にして下さいね。

大阪府:USJ

まず一つ目はUSJです。

関東と言えばディズニーランドですが、関西と言えばやはりUSJです。

一日つぶすことができますし、ディズニーランドと違いハリーポッターとのコラボやミニオンズなど色々なコラボを見ることができます。

乗り物も充実していますし、パレードもあるので朝から夜まで楽しむことができますね。

予算は以下のようになります。

・各地方からの交通費
・入場料(中学生7400円)
・ランチ(1000円)
・お土産(3000円から5000円ほど)
・宿泊費(5000円)

 

合計で安くて3万円、高くて5万円ほどになります。

大阪府:海遊館

関西でおすすめのスポット2つ目は海遊館です。

海遊館には有名なジンベイザメだけでなくたくさんの海の生き物がいます。

長く遊ぶことができますし、その後近くの天保山ストアで買い物もすることができます。

動物が好きな方や癒されたい方にはおすすめになります。

予算は以下のようになります。

・各地方からの交通費
・入場料(中学生1200円)
・ランチ(1000円)
・天保山で買い物(3000円ほど)
・宿泊費(5000円)

 

合計で安くて2万円ほど、高くて4万円前後になるでしょう。

京都:清水寺とその周辺

関西最後のおすすめスポットは京都の清水寺とその周辺になります。

京都といえば寺や神社など昔の建物がたくさんあり、風情を感じるものがたくさんあります。

授業で習うようなものもたくさんありますし、実際に行って風情を感じてみるのも良いですね。

清水寺に行った際はそのまま八坂神社まで行くコースをおすすめします。

歩く距離は1キロほどですし、その間に二年坂やねねの道などがあります。

予算は以下のようになります。

・各地方からの交通費
・入場料(400円)
・ランチ1000円
・宿泊費(5000円)

 

合計で安くて1万円、高くて3万円ほどになります。

まとめ

今回は中学生の一人旅について解説してきました。

近年は治安もかなり良くなってきましたし、交通の便も良くなってきました。

しかし、それでも一人で泊まるときには危険が生じるので気を付けましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*