中学生の通知表1、2がつく理由は?高校受験に響くかどうかや3以上とる方法を解説

中学生になると、

『通知表の数値』

が気になりだす人が多くなると思います。

この要因としては、

『高校受験に響くかもしれない』

という漠然とした不安があるからだと言われています。

自分の将来がかかってくると、

『成績が悪ければ、危機感を感じる』

ことは当然のことです。

ですが、それなりにやっていると思っていても、

『通知表に1や2をつけられる』

人もおり、理由が分からないことも多いでしょう。

そこで、今回は、

『通知表で1や2をつけられる理由や、高校受験への影響』

を紹介します。

3以上を取るために必要なことも紹介するので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

通知表で1や2を取る人の特徴とは?

出典元:https://pixabay.com

通知表と聞けば、

『学業成績が重要』

と考えている人が多いようです。

ですが、この考えはあまり良いとは言えません。

通知表を良く見れば分かると思いますが、

『学業以外の評価』

を示す欄が設けられていると思います。

これらの欄は、

『普段、どれだけ生活態度を正してきたか』

を示しているものであり、通知表の数字に影響を与えることが多いのです。

提出物を出さない

まず、通知表の数字が悪い原因の1つとして、

『提出物を出さない』

というものがあります。

提出物は、日頃の学生生活で当たり前のように出されものであり、

『特に難しいものではない』

ことがほとんどです。

ですが、簡単に出来ることでも、

  • 面倒くさい
  • 出すのを忘れていた

 

など、提出物に対して軽く考えてしまう人が多いのです。

これは、中学生だけに限ったことではないのですが、

『こういった小さなことの積み重ねが、通知表の数字を下げる要因』

になっていると言えます。

授業態度が悪い

通知表の数字を下げる要因には、

『授業態度が悪い』

というものもあります。

いくら成績が良くても、

『授業を真面目に聞いていない』

人は、通知表の数字を下げられてしまうのです。

学校の授業は、

『長時間、集中しなければならない』

ため、面白いと思う人は少ないでしょう。

それでも、なるべく真面目に取り組んでいる人はおり、そんな人は、

『通知表の数字が低くなる可能性が少ない』

ようになっています。

取り組む姿勢自体が、

『通知表の数字に繋がる』

ということですね。

小テストの成績

学校生活には、

『小テスト』

というものがあると思います。

予告されるか、抜き打ちで行われるかは別として、

『小テストの点数が通知表の数字に関わる』

ことは間違いありません。

普段から勉強をしていなければ、

『小テストで点数を取ることが出来ない』

ため、十分評価対象として考えられるでしょう。

普段の生活態度も重要ですが、学校は勉学を行う場所なので、

『学力』

も、当然必要になるということですね。

遅刻が多い

学校に通う上で、よく聞くものとして、

『遅刻』

があります。

いつも遅刻して、

『先生から怒られている光景』

を見ることも多いでしょう。

ですが、遅刻をあまりにも多くやってしまうと、

『通知表の数字が低くなる』

ことに繋がってしまいます。

社会でも同じことが言えますが、

『遅刻が人や組織に与える悪影響』

はかなりのものです。

評価が著しく下がる要因になるので、

『通知表の数字が気になる』

のであれば、遅刻はしないように努めておきましょう。

忘れ物が多い

提出物と関係していることですが、

『忘れ物が多い』

人も、通知表の数字が下がる傾向が強いです。

教科書を忘れたり、ノートを忘れたりすれば、

『授業を受ける姿勢がない』

と判断されてしまうため、気を付けなければならないことでしょう。

服装が悪い

制服を着崩している人を良く見ますが、

『服装の乱れも、通知表の数字に関係している』

ことがあります。

身だしなみは、

『社会で生きていく上でのマナー』

なので、中学生でも当然見られることになります。

服装だけなら、

『誰でも簡単に正すことが出来る』

ため、しっかりと意識しておきましょう。

自分の学業成績

通知表の数字を決める上で、やはり重要になってくるのは、

『学業成績』

となります。

中間テスト・期末テストとありますが、

『ここで悪い点数を取る』

ことで、通知表の数字はかなり下がってしまうでしょう。

とはいえ、

『成績を追い求める』

だけでは、通知表の数字は上がりません。

普段からの行動と成績が揃ってこそ、

『通知表の数字が上がってくる』

ということですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

通知表は、自分の行動の結果

出典元:https://pixabay.com

学期末に、必ず出される通知表の数字ですが、

『出される数字は、自分の行動の結果』

となります。

学生生活は、いわば、

『社会に出る前の予行演習』

です。

学生のうちから、社会に出てから行うべきことを学び、

『誰にでも認められるような行動』

を取らなければ、通知表の数字は上がらないということですね。

その行動には、

『先程紹介した内容』

が深く関係しています。

社会では、

『仕事の態度と成績』

の両方を厳しく求められることになります。

また、

『学校よりも悪意のある人が多い』

ため、なおさら苦労を強いられることになるでしょう。

通知表の数字が1や2になっている人は、

『社会に出るための努力が足りていない』

と考えられていることが多いです。

自分の行動を顧みることが、通知表の数字を下げないコツとなるでしょう。

担当する先生が、どんな人かを見極める

出典元:https://pixabay.com

たまにですが、

『学校の先生が、自分本意な成績をつける』

こともあります。

このようなことは、あってはならないのですが、

『悪意ある先生がいる』

のは間違いないありません。

先生の人柄を読まなければ、通知表の数字が上がらないこともある

悪意のある先生に当たってしまった場合、

『通知表の数字が上がりにくくなる』

ことは、避けられなくなります。

そのような先生がいる場合は、

『その人がどのような人柄なのか』

を見極める必要があるでしょう。

身も蓋もない話をしてしまうと、

『先生の気分次第で通知表の数字が決まってしまう』

ことが、実際には起こっています。

これを防ぐには、

『その先生が低評価をつけないために動く』

ことが重要になってくるのです。

相手の性格を読んで、適切に動くことは、

『どんなときにも必要とされるスキル』

なので、この機会に学んでおいて損はないでしょう。

それで通知表の数字が上がれば、

『上手く行動出来た証』

として、自分の人生にプラスとなるのです。

悪意のある先生を許さないことも重要

上手く立ち回ることで、

『悪意のある先生からも良い評価を得られる』

ことを紹介しました。

ですが、

『悪意のある先生を許せない』

と感じる人もいるでしょう。

その場合、

『周囲の力ある大人を巻き込む』

ことも必要になります。

どれだけ努力しても、

『先生が悪ければ、報われない』

ことは、よくある話です。

その場合は、

『自分の実績を記録して、担任の先生より力のある人に提示する』

ことで、不正な評価を防ぐことが出来る場合があります。

学校生活を品行方正に過ごし、

『周囲にも同調してくれる人を増やしておく』

ことで、悪意ある評価を覆すことが出来ます。

また、どうしても納得が行かない場合は、

『教育委員会に親を通じて連絡してもらう』

ことも重要になってきます。

中学生では、

『学校関係の人に、話を聞いてもらえない』

可能性もあります。

その場合は、

『親を説得して、教育委員会まで訴えかける』

ことが重要になってくるのです。

このとき、低い評価をつける要素を徹底的に潰して、

『状況証拠を揃えておく』

ようにすれば、教育委員会も訴えに応えてくれます。

これで、悪意ある先生が処分されるかどうかは分かりませんが、

『先生に対する悪い噂』

が確実に広まるでしょう。

これにより、

『不当な評価をつけにくくなる』

ことも考えられるので、よっぽど酷い状況の時は試してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

通知表で3以上を取るためにやるべきことは?

出典元:https://pixabay.com

通知表の数字が1や2になる理由を紹介してきました。

一部、悪意によるものもありましたが、これは、

『状況によって対応するしかない』

とも言えます。

ですが、このような特殊な事例を除けば、

『通知表の数字で3を取る』

ことは、そこまで難しいことではないのです。

普段の生活を見直すだけでも、評価は上がる

学業成績をいきなり上げろと言われても、

『なかなかすぐには出来ない』

人が多いでしょう。

ですが、

『普段の生活を見直すだけで、通知表で3を貰うことは可能』

となります。

先程紹介した内容にもありますが、

『提出物や授業態度を正すだけ』

でも、先生に与える印象はかなり違うのです。

普段の行動で、良い評価を受けていれば、

『学業成績が多少良くなくても、3をつける』

ようになってくるということですね。

学業成績を上げるに越したことはない

普段の生活を見直すだけでも、

『通知表で3を取れる』

と紹介しました。

ですが、学校は勉強を行う場所である以上、

『学業成績が良いに越したことはない』

ことも忘れないようにしましょう。

何も、

『全教科100点を取る必要はない』

ですが、それなりの成績を残すことは重要となります。

生活態度に問題がない人であれば、

『50~60点』

の範囲でも、通知表で3を貰うことは十分可能です。

また、これ以上の数字を貰いたい人は、

『80点以上』

を目標に頑張ってみてください。

3どころか、

『4や5』

も目指すことが出来るようになりますよ。

高校受験に、通知表の数字はかなり影響を与えることになる

出典元:https://pixabay.com

通知表の数字は、

『高校受験に影響を与える』

と言われています。

これは、実際にそのとおりであり、

『受験の点数が良くても、通知表が悪ければ落ちる可能性もある』

のです。

高校としては、

『一定の学業成績があり、かつ品行方正な生徒が欲しい』

と考えていることがほとんどです。

その判断をするためには、

『通知表』

は重要な材料となるでしょう。

学業成績だけよくても、

『何かしらの欠陥』

が見られれば、受け入れられないのは当然の話です。

後悔することにもなりかねないので、

『通知表の評価をなるべく上げられるような成績を残す』

ようにしていくことをおすすめします。

まとめ

『中学生の通知表1、2がつく理由は?高校受験に響くかどうかや3以上とる方法を解説』

いかがでしたか。

今回のまとめとしては、

『通知表の評価を上げたいなら、学業と生活態度を良くすることが重要になる』

ということが言えるでしょう。

冒頭でも紹介していますが、

『通知表の評価は、テストの点数だけで決まるものではない』

ことを覚えておかなければなりません。

学業成績が良くても、他がダメなら、

『1や2をつけられることもある』

のが現実です。

常日頃からの態度と一定の学業成績が、

『通知表の評価に関わってくる』

ため、しっかりと肝に銘じておいてくださいね。

それでは最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*