銀杏の栄養と効能にビックリ!おすすめの食べ方や食べすぎると危ないのか徹底解説

銀杏と言えば、

『イチョウの木から取れる食べ物』

として、広く親しまれているものです。

焼き鳥のメニューとしても並んでいるので、

『飲み屋でよく頼んでいる』

人も多いでしょう。

ですが、

『銀杏の栄養価に気付いていない』

という人が多いと聞きます。

そこで、今回は、

『銀杏の栄養と効能・食べ方』

について紹介します。

興味のある人は、参考にしてみてください。

銀杏とは?

出典元:https://pixabay.com

銀杏とは、そもそも、

『どんなものを指すのか』

ということを知っているでしょうか。

いつも食べている銀杏というのは、

『下処理が完了した後』

のものです。

そして、食べている部分がどこなのかと言えば、

『果肉を取り除いた種の中』

なのです。

ちなみに、厳密に言うと、

『果肉と思われるものは、外皮』

とも言われているのですが、ここでは言及は避けておきます。

銀杏は、イチョウの木から落ちてきますが、

『そのままではとても食べられない』

ものであり、素手で拾うとやっかいなことになります。

臭いも強いので、自分で拾って食べるなら、

『食べるまでには手間がかかる』

と思ってください。

銀杏の栄養素は?

出典元:https://pixabay.com

銀杏は、あの見た目によらず、

『豊富な栄養素を含んでいる』

食べ物です。

どんな栄養素が含まれているかと言えば、主に、

  • タンパク質
  • ビタミン
  • 鉄分
  • カリウム

 

などがあります。

特に多いのが、

『ビタミンとミネラル』

であり、体に良い影響があると言えるでしょう。

詳しい栄養素は、下記の通りです。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
166kcal 58.9g 4.1g 1.3g 34.5g 1.2g 0.11g 0.54g 0 2.2g

【ビタミン】

カロテン E K B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
260μg 1.6mg 3μg 0.24mg 0.07mg 1mg 0.02mg 36μg 0.97mg 20mg

【無機質】

ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
0mg 580mg 8mg 42mg 83mg 1.1mg

 

この栄養素一覧は旬の食材百科を参考にしています。

銀杏の美容効果は?

出典元:https://pixabay.com

銀杏には、体に良い栄養素が豊富にあり、

『美容効果』

があるとも言われています。

その効果を発揮している栄養素は、

『ビタミン類』

とされているのです。

また、銀杏に含まれているビタミンは、

『肌の健康を保ちつつ、守る』

効果があると言われています。

例えば、

  • ビタミンB2は、肌荒れを防ぐ効果
  • ビタミンCは、艶のある肌を作る効果
  • ビタミンEは、肌の新陳代謝を促す効果

 

などがあります。

銀杏は、まさに、

『女性のためにあるような食べ物』

だと言えますね。

銀杏の健康効果は?

出典元:https://pixabay.com

銀杏には、美容効果の他にも、

『健康効果』

もあると言われています。

栄養素が豊富にあるので、それも納得ですね。

老化防止効果

銀杏を食べると、

『老化防止効果が期待できる』

ということは、よく言われてきたことです。

先程も出てきましたが、

『ビタミンE』

が老化防止に一役買っているとされています。

具体的な効果としては、

『血液循環を促進して、新陳代謝を高める』

ことで、活性酸素を取り除いてくれると言います。

老化の原因の1つとして、

『酸化』

というものがあり、この酸化の原因になっているのが活性酸素なのです。

また、銀杏についている薄皮には、

『ポリフェノール』

があり、この成分も老化防止効果があるとされています。

一緒に食べることで、さらなる老化防止が期待できるでしょう。

むくみの改善

銀杏には、

『むくみを改善する』

という効果もあるとされています。

むくみに効く成分は、

『カリウム』

と呼ばれるものとされています。

カリウムは、

『体内にある余分な塩分を輩出してくれる効果』

があるとされ、老廃物の除去なども出来るのです。

塩分が多い食事をしている人は、

『銀杏を一緒に食べる』

ようにすることをおすすめしますよ。

疲労回復

銀杏には、

『疲労回復を促す栄養が豊富にある』

ため、疲れたときおすすめです。

疲労回復の効果を出しているのは、主に、

『ビタミンB群』

とされています。

他にも、

『ナイアシンやパントテン酸』

などがあり、それぞれ疲労回復に効くとされているのです。

また、脂質も含まれており、

『体を動かすエネルギーを摂取できる』

のも、疲労回復に繋がると言えるでしょう。

免疫力が上がる

銀杏には、

『アルカロイド』

と呼ばれる成分が含まれています。

これは、苦みを生み出すものであり、

『免疫力を上げる効果がある』

とされているのです。

がん予防にも効果があると言われており、

『食べて損をすることはない』

と言えます。

貧血防止

銀杏には、

『鉄分や銅』

なども含まれています。

これは、知っている人も多いでしょうが、

『貧血防止』

に効果があるとされているのです。

鉄分や銅は、

『日頃、なかなか取れていない』

こともあるので、貧血に悩まされている人にはおすすめですね。

頻尿防止

歳を取ると、

『頻尿』

になると言われています。

実際、頻尿に悩まされている人は多いでしょう。

銀杏には、そんな頻尿を抑えるための成分として、

『マグネシウム』

が含まれているのです。

頻尿を防止したいと考えている人は、食べてみることをおすすめします。

ぜんそくにも効果がある

銀杏には、

『青酸配糖体』

という成分があります。

この成分は、

『せきを止める効果』

があるとされ、ぜんそくにも効果があると言われているのです。

ぜんそく持ちの人は、食べてみるのも良いかもしれませんね。

高血圧防止

先程出てきた成分に、

『カリウム』

というものがありました。

これは、むくみを改善する効果があるとされていますが、

『高血圧防止効果』

も期待できるのです。

カリウムは、余分な塩分を排出する効果があるとされており、

『塩分が下がれば、血圧も下がる』

ようになります。

血圧が下がれば、

『動脈硬化防止』

にも繋がってくるので、おすすめです。

銀杏のカロリーは?

出典元:https://pixabay.com

銀杏は、

『サイズが小さいので、食べやすい』

ものです。

その為、カロリーも控えめになっているのです。

1粒あたりのカロリーは、

『約4カロリー』

とされており、少し食べるだけでは太ったりしないでしょう。

また、苦み成分もあるので、

『そこまでたくさん食べることはない』

ということもあるので、あまり心配する必要はないです。

ですが、

『苦みが好き』

な人もいるので、その人は、ほどほどにしておきましょう。

銀杏の色に違いはあるの?

出典元:https://pixabay.com

銀杏の色には、

『緑色と黄色』

の2つがあります。

普段は、そこまで気にしないかもしれませんが、

『なぜ違う色になるのか』

は、あまり知られていないと思います。

これには、しっかりとした理由があります。

緑色の方が美味しい銀杏である

銀杏には、色の違いがあると紹介しましたが、

『色の違いには、成分が関係している』

のです。

まずは、緑色の銀杏ですが、

『クロロフィル』

というものが含まれています。

クロロフィルは、

『緑色になる成分』

があるため、この成分が多いほど、銀杏も緑になるのです。

緑色になっている方が、

『熟している』

ので、黄色より美味しいとされています。

また、最初は黄色の見た目でも、

『クロロフィルが多く含まれていれば、緑色になる』

ので、旬の銀杏を見つけてみてください。

銀杏の旬は、

『9月~11月』

となっているので、探してみるといいですよ。

黄色の銀杏は、なるべく避ける

黄色の銀杏は、

『旬が過ぎている銀杏』

となるので、身も硬く、あまり美味しくなくなります。

黄色になるための成分は、

『カロチノイド』

と呼ばれています。

先程紹介した、クロロフィルと一緒に含まれているのですが、

『旬が過ぎて、クロロフィルが少なくなったら出てくる』

ため、見た目で銀杏の良し悪しが見極められるということですね。

銀杏(イチョウ)と銀杏(銀杏)は同じ漢字なのはなぜ?

出典元:https://pixabay.com

ところで、銀杏は、

『木と実に使われる漢字が同じ』

とされています。

なぜ、読み方も表すものも違うのに、

『漢字だけは同じ』

なのでしょうか。

その秘密は、

『由来』

にありました。

銀杏という言葉は、

『古代中国から伝わったもの』

であり、木と実を同じように呼んでいました。

ですが、時代が過ぎて、

『ヤーチャオ(鴨脚)』

という、銀杏の木を表す言葉が生まれたのです。

この言葉が、次第になまり、

『イチョウ』

となりました。

それからは、

  • 木を『イチョウ』
  • 実を『ギンナン(銀杏)』

 

と分けて呼ぶようになったということですね。

その為、元を辿れば、

『イチョウと銀杏は同じもの』

となり、どちらにも同じ漢字が使われているということなのです。

銀杏が臭い理由は?

出典元:https://pixabay.com

銀杏は、確かに美味しい食べ物ですが、

『非常に臭い』

とされているものです。

イチョウの木がたくさんあるところは、

『銀杏の臭いが強い』

ため、苦手だという人も多いでしょう。

この匂いの原因として考えられているのが、

『酪酸』

と呼ばれるものです。

銀杏の皮に含まれている成分であり、

『発行食品』

などにも同じ成分があります。

腐敗臭に似た臭いがしており、

『足の臭いの元』

とも言われています。

また、もう1つの原因物質として、

『エナント酸』

というものもあります。

エナント酸は、香料の原料としても使われており、

『酪酸と同じく、かなり強烈な臭いを発している』

のです。

この2つの物質があるため、

『銀杏は臭い』

とされているのですが、これには理由があると言われています。

それが、

『種を食べられないようにする』

ということです。

強烈な臭いがあれば、

『動物などから食べられる心配がなくなる』

ため、銀杏にはあのような臭いがあるとされているのです。

また、銀杏は、

『雌の木にしか出来ない』

ため、雄の木では取れません。

臭いがあまりしないイチョウ並木があるなら、

『雄の木が多い』

ことが要因となっているでしょう。

銀杏の拾い方は?

出典元:https://pixabay.com

銀杏は、よく、

『素手で拾ってはいけない』

とされています。

その理由としては、

『汁がつくと、体がかぶれる』

からとされています。

その為、銀杏拾いをするときは、

『道具を用意する』

必要があるのです。

用意するもの

銀杏を拾うときに用意するものは、

  • ゴム手袋
  • ビニール袋
  • ウエットティッシュ
  • 汚れても良い服

 

があれば大丈夫です。

とにかく、重要なことは、

『銀杏に直接触れないこと』

です。

ゴム手袋だけでは不安という人は、

『ビニール袋を裏返して、手袋代わりにする』

などの対応を取ってみてください。

どんな銀杏を拾えば良いのか

銀杏を拾う際、

『どれを拾った方が良いか』

が、分からないという人もいるでしょう。

その際は、

『黄色かオレンジ色の実を拾う』

ようにしましょう。

青色の実は、

『まだ熟していない』

ため、あまりおすすめできません。

また、

『干からびかけている』

ものも、出来れば避けましょう。

この点を気にしていれば、

『美味しい銀杏』

を拾うことが出来ますよ。

銀杏を拾うときかぶれることはある?

出典元:https://pixabay.com

先程も紹介しましたが、

『銀杏は直接触るとかぶれる』

ことがあります。

ですが、

『なぜかぶれるのか』

と聞かれれば、なかなかすぐに答えられないでしょう。

銀杏を触ってかぶれる理由としては、

『ギンコール酸』

という成分が関係しています。

ギンコール酸は、

『アレルギーを引き起こす』

と言われているものでもあります。

すぐにかぶれることもあれば、

『少し時間が経ってからかぶれる』

こともあるので、症状は人それぞれだと言えるのです。

どんな症状にしろ、

『触らないに越したことはない』

ため、絶対に触らないようにしましょう。

銀杏の下処理の仕方は?

出典元:https://pixabay.com

銀杏を食べるには、

『下処理』

というものが必要になります。

下処理をしなければ、

『いつまで経っても、銀杏を食べることが出来ない』

ため、しっかりとやっていきましょう。

水につける

最初に、

『水につけて、外皮を柔らかくする』

必要があります。

少し硬い皮がついているものでも、

『水につければ柔らかくなる』

ため、簡単に外皮を剥くことができます。

外皮を向いたら、水洗いをする

外皮を剥いても、

『残りの皮がまだ残っている』

ため、完全に剥いてしまわなくてはなりません。

そんなときは、

『何度か水洗いをして、皮を完全に取る』

ようにしましょう。

皮が剥ければ、

『見慣れた銀杏の殻』

が見えてくるので、頑張って剥いていきましょう。

皮が剥けたら、あとは乾かす

皮が完全に剥けたら、

『自然乾燥させる』

ようにしましょう。

ここまでやって、

『初めて銀杏を食べることが出来る』

ようになるのです。

少し面倒かもしれませんが、

『美味しい銀杏を食べたい』

という人は、頑張ってみてくださいね。

銀杏の殻の剥き方や食べ方は?

出典元:https://pixabay.com

銀杏の下処理が終われば、

『後は殻を剥くだけ』

となります。

ですが、銀杏の殻を剥くには、

『様々な方法』

があるので、それぞれ紹介していきます。

電子レンジ

簡単な方法としては、

『袋に入れて、電子レンジに入れる』

ようにしましょう。

こうすることで、

『銀杏が弾けて、殻が割れる』

ので、簡単に食べることが出来ます。

概ね、

『2~3分程度』

やれば、殻が割れるでしょう。

この時、

『袋を密閉していなければ、バラバラに弾け飛ぶ』

こともあります。

その為、しっかりと袋を閉じていきましょう。

フライパンで炒る

フライパンで炒ることでも、

『簡単に銀杏を剥くことが出来る』

ようになります。

火を通したフライパンに銀杏を入れて、

『蓋をして、軽く回す』

ようにすれば、中で殻が弾け飛びます。

弾ける音が無くなれば、完成です。

殻を割って取り出してから、茹でる

銀杏には、

『殻を割る道具』

も販売されているため、これでも簡単に剥くことが出来ます。

そして、殻を剥いた後、

『茹でる』

ことでも、美味しく銀杏を食べることが出来ます。

また、

『ご飯に混ぜたり、茶わん蒸しに入れる』

ようにすれば、さらに美味しく食べることが出来ますよ。

銀杏を食べる時の注意点は?

出典元:https://pixabay.com

銀杏は、とても美味しい食べ物ですが、

『食べる時の注意点』

もあります。

加熱して食べる

銀杏は、調理するときは、

『加熱して食べる』

ようにしましょう。

そのまま食べても、

『本来の味がしない』

ため、あまり美味しくないでしょう。

食べ過ぎに注意

銀杏には、

『食べて良い個数』

というものが、おおよそ決まっています。

その数は、

『1~40個』

程度です。

この数を超えて食べると、

『中毒を起こす可能性』

があるのです。

銀杏による中毒症状は、

『嘔吐と痙攣』

がほとんどですが、他にも様々な症状が出ることがあります。

時間が経てば、症状も軽くなりますが、

『稀に死亡する場合もある』

ため、なかなか楽観視は出来ません。

特に、

『子供が多く食べるのは避ける』

ようにしましょう。

子供は、解毒作用が低いので、

『中毒症状になりやすい』

という特徴があります。

危険な状態になるかもしれないので、

『子供には、あまり食べさせないようにする』

ことをおすすめしますよ。

妊娠中は食べるのを控える

妊娠中にも、

『あまり多くの銀杏を食べない方が良い』

とされています。

これは、先程紹介した中毒症状が関係しています。

妊娠中の中毒症状は、

『胎児にも悪影響を与える』

ため、大量に食べることは止めておきましょう。

ですが、1粒程度なら、

『薬代わりに使える』

こともあります。

実際、妊娠中は、

『あまり薬を飲まない方が良い』

とされているため、薬に頼りにくくなります。

その点、銀杏なら、

『せきやタンをを止める働き』

があるとされているので、風邪などに有効となります。

分量に気を付けて、食べてみても良いでしょう。

銀杏を食べ過ぎてしまった場合の対処法は?

出典元:https://pixabay.com

中毒症状のおそれもある銀杏ですが、

『食べすぎてしまった際の対処法』

もあります。

特に、症状が出ないときは、

『安静にしているだけで良い』

です。

もし、軽い中毒症状が出るなら、

  • 魚介類
  • 鶏ひき肉
  • バナナ

 

などを食べましょう。

銀杏の中毒症状の原因は、

『メチルビリドキシン』

が、ビタミンB6の代わりに作用することで起こります。

この成分は、

『ビタミンB6と、とても似ている成分』

であることから、本来作用するはずだったビタミンB6が使われなくなってしまいます。

その為、体にビタミンB6が不足して、中毒症状が起こるということですね。

これを補うためには、先程紹介したような、

『ビタミンB6を含む食材』

を摂取することが重要になります。

これにより、ビタミンB6不足を防ぐことが出来るでしょう。

ですが、あまりにも中毒症状が酷いときは、

『病院で見てもらう』

ようにすることをおすすめします。

銀杏のおすすめの食べ方・レシピは?

出典元:https://pixabay.com

銀杏は、食べすぎに注意しておけば、

『体に良く、美味しい食べ物』

となります。

食べ方も様々なので、少し紹介していきます。

オリーブオイル漬け

長く美味しく食べたいのであれば、

『オリーブオイル漬け』

にしましょう。

オリーブオイルに漬けておけば、

『保存がきく』

ようになります。

味も特に落ちないので、必要なときに使えて便利です。

茶わん蒸し

銀杏ならお馴染みの、

『茶碗蒸し』

も良いです。

昔からの美味しい食べ方なので、おすすめですよ。

バター醤油で炒める

お酒のつまみにするなら、

『バター醤油で炒める』

という方法もおすすめです。

味がより濃厚になるので、

『美味しく銀杏を食べることが出来る』

ようになりますよ。

串焼きにする

焼き鳥のように、

『串焼きにする』

という方法も、香ばしく焼けて美味しいです。

塩を振っても、タレをつけても良いので、

『好きな味付け』

をして、食べてみましょう。

かき揚げにする

他の食材と一緒に、

『かき揚げ』

にするのも良いです。

塩の種類を揃えて、

『それぞれの味を楽しむ』

ようにすれば、さらに美味しく食べられるでしょう。

通販でおすすめの銀杏を紹介

銀杏は、拾って食べるのも良いですが、

『拾うのが面倒くさい』

という人もいます。

その場合は、

『通販で買う』

という方法もあります。

剥き銀杏

最初から殻が剥いてある銀杏です。

旬の銀杏を取っているので、

『味は保証付き』

です。

銀杏は、

『殻剥きが面倒くさい』

と思っている人もいるでしょう。

そんな人には、この銀杏がおすすめです。

すぐに食べたり、調理したい人はぜひどうぞ。

まとめ

『銀杏の栄養と効能にビックリ!おすすめの食べ方や食べすぎると危ないのか徹底解説』

いかがでしたか。

今回のまとめとしては、

『銀杏は体に良い栄養が多いが、食べ過ぎだけには気を付ける』

ということが言えるでしょう。

銀杏を食べて中毒になるという話は、

「今まで聞いたことがなかった」

という人も多いのではないでしょうか。

ですが、

『分量を守れば、美味しく食べられる』

ものなので、あまり心配する必要はありません。

体に良い栄養も多くあるので、

『食べ過ぎだけには注意する』

ようにして、美味しく食べることをおすすめしますよ。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事