宅配クリーニングのおすすめ紹介!人気4社を徹底比較してみた

みなさん、最近話題の「宅配クリーニング」をご存知ですか?

家から出ずにクリーニングを依頼できて、取りに行く必要もありません。

毛玉取りなどの無料サービスや、セーターなどを柔軟に仕上げするリファイン加工などサービスも充実しています。

そんな夢のようなサービスですが、困ってしまう点が一つあります。

それは、業者がいろいろあって、どれに頼めば正解か分からない!ということ。

特に宅配クリーニングは、面と向かって会う機会がないですから、余計に「この業者で本当に大丈夫なのかな…」と不安になりますよね。

そこで本記事では、人気の宅配クリーニングを徹底比較し、ご紹介したいと思います。

みなさんの生活にあう宅配クリーニングが、きっと見つかりますよ!

宅配クリーニングとは?

引用元:https://pixabay.com

人気4社の比較をする前に、「宅配クリーニング」とはどんなサービスか、簡単にまとめておきます。

「そんなの分かってるよー」という方は、飛ばしていただいて問題ありません!

「宅配クリーニング」とは、従来のクリーニング屋とは形態の異なる新しいクリーニングサービスの事です。

これまでは、クリーニングの店舗に洋服を持ち込み、クリーニングが終わった後は、また店舗に取りに行っていましたよね。

このような「店舗型」とは違い、「宅配クリーニング」は家を出る必要がありません。

クリーニングしたい洋服を、宅配便などでクリーニング店へと送ってしまうからです。

そして、クリーニングが終わった服は、また宅配便で家まで送ってくれます。

面倒な持ち込みや引き取りに行く必要がなく、家から一歩も出ずにクリーニングが完了するのが、「宅配クリーニング」の最大の魅力です。

宅配クリーニングの強み

しかし、そんな特殊な方法のクリーニングだと「高いんじゃないの?」とか、「品質が悪いんじゃない?」と思いがちですよね。

しかし、宅配クリーニングの凄さは、「家から出ずに済む」という最大の魅力に加えて、さらなる魅力がたくさんあることです。

例えば店舗型のクリーニングよりも安い場合も多いですし、店舗型の有名な高級クリーニング店と変わらない品質を提供している業者もあります。

たくさんの無料サービスで、きめ細かいケアをしてくれる点も、店舗型にはない特徴です。

「家から出ずに済む」だけじゃありません。

「宅配クリーニング」を使いたくなる魅力が多いからこそ、たくさんの人が宅配クリーニングを選びだしているんですね。

宅配クリーニングはどの業者がいい?

宅配クリーニングは、店舗型のお店でも行なっているケースがあります。

たとえば、「白洋舎」や「ホワイト急便」などの有名店も、宅配クリーニングのサービスを行っています。

しかし、これら店舗型の宅配クリーニングは、店舗型の料金やサービスがベースとなっているため、店舗に持って行く場合とあまり違いがありません。

しかし、宅配クリーニングを専門に行なっている業者の場合、その強みを料金やサービスで最大限に発揮しています。

せっかく宅配クリーニングを選ぶなら、宅配専門業者に依頼する方が、宅配クリーニングならではの良さを感じられると思いますよ。

では、どの宅配クリーニングの業者がおすすめなのでしょうか。

早速、宅配クリーニングの人気4社の徹底比較をしていきましょう!

 

総合力で比較!

本記事で取り上げる宅配クリーニング業者は、以下の4社です。

 

 

どれも人気がある有名な業者ですね。

それでは早速、結論ともいえる「総合力」の比較からいきましょう。

時間のない方は、ここを読むだけで、おすすめの宅配クリーニングが分かります!

順位 店名 評価
1位 リネット 価格、品質、利便性、その他サービスにおいて、
全て安定した高評価を出すナンバーワン!
2位 リナビス 圧倒的高品質とパック料金体系の利点から、
高単価な服を出したい場合はリナビスで間違いなし!
3位 せんたく便 パック料金体系で最安値。
宅配クリーニングや長期保管を価格のみで選ぶならここ!
4位 ネクシー 安定した品質・価格ながら、どの分野でも
頭一つ抜けないため、この順位。消して悪くないんだけど…。

以上が総合力の比較結果です。

価格も品質も利便性も高い「リネット」が、ナンバーワンという結果になりました。

全方面で高得点をたたき出すリネットは、誰にでもおススメできる宅配クリーニングの代表と言っていいでしょう。

ただし、2位のリナビスも、リネットと同じくらいおすすめです。(本当は同率1位にしたかったくらいです)

リナビスは、圧倒的な高品質が売りの宅配クリーニングです。

その品質は、店舗型の某有名クリーニング店にも劣りません。

なおかつ、「パックタイプの料金体系(詳細は価格比較の章でご説明)」なので、高単価の服に対してますます強いのです。

よって、「クリーニング代が高くなる服を、高品質で仕上げてほしい」という場合、リナビスはリネットを抜いて1位となるでしょう。

今回は、誰にでもおすすめできる宅配クリーニングを紹介しているので、普段使いがしやすい「リネット」を1位としました。

それでは、次の章からの各分野別の比較をしていきたいと思います。

 

料金で比較!

引用元:https://pixabay.com

クリーニングを頼む際に、一番気になる点は料金ですよね。

料金で比較した時、最もお得な業者はどれでしょうか。

その比較の前に、宅配クリーニングの料金体系を知っておく必要があります。

宅配クリーニングの料金体系

宅配クリーニングには、二つの料金体系があり、会社によって分かれています。

 

●従来タイプ:一つ一つの洋服の種類により、料金が決まっている

パックタイプ:何点の洋服を依頼するかにより、料金が決まっている。

 

「従来タイプ」は、店舗型でよくある料金体系と同じです。

ジャケットやシャツなど、洋服の種類により料金が決まっており、1点からでも注文できますが、多くの衣服を出せば、それだけ料金が増えます。

一方、「パックタイプ」は、洋服の種類は問わず、何点を依頼するかによって料金が決まる仕組みです。

パックタイプは多くの場合、「5点パック」「10点パック」「20点パック」の取り扱いをしており、それぞれの数でしかクリーニングを注文できません。

しかし、その洋服の点数であれば、何を出しても同じ値段になります。

これらの仕組みから、この二つのタイプは場合により使い分けるのがベストになります。

 

<従来タイプに出すとお得>

少ない点数の服を出す場合。

一点あたりの金額の安い服を出す場合。

<パックタイプに出すとお得>

5点、10点など数をまとめて出す場合。

従来タイプに出すと一点あたりの金額が高くなる洋服を出す場合。

 

例えば、ワイシャツを10枚クリーニングに出す時に、パックタイプを使うと大損してしまいます。

ワイシャツは従来タイプでも安いですから、そちらで出した方がお得です。

しかし、ダウンコートを10枚クリーニングに出す時に、パックタイプを使うと場合によっては1万円以上お得になります。

ダウンコートは従来タイプで出すと高いですから、枚数分料金が加算される従来タイプより、10点パックで料金が決まっているパックタイプの方が安く済むのです。

 

料金で比較!

それでは、人気4社を料金で比較してみましょう。

順位 店名 タイプ 料金 備考
1位 せんたく便 パックタイプ 5点4980円
・10点6980円
送料無料
1位 リネット 従来タイプ ・Yシャツ290円~
・パンツ660円~
・スーツ上下1610円~
プレミアム会員(有料)
の場合、3000円以上で無料
3位 ネクシー 従来タイプ ・Yシャツ300円~
・パンツ660円~
・スーツ上下1620円~
メンバーズ・ビジネス(有料)
の場合、3000円以上で送料無料
4位 リナビス パックタイプ ・5点7800円
・10点10800円
送料無料

料金で比較した場合、クリーニングに出す内容で、従来タイプかパックタイプか選ぶことが多いです。

よって、パックタイプの1位を「せんたく便」、従来タイプの1位を「リネット」としました。

特に、せんたく便の安さは圧巻です。

10点パックの場合、1点あたり約700円となってしまいます。

この金額で、どんな服でも10点まで出せるわけですから、冬物のアウターを多く出す時などに従来タイプと比較すると、とんでもない金額差が生まれますよ。

もちろん、従来タイプのリネットの安さも注目するべきポイントです。

この値段だと、街の店舗型クリーニングと比べても、あまり差がありません。

これで宅配サービスが受けられると考えると、とてもお得ですよね。

また重要な部分として、パックタイプは送料が込みとなっていますが、従来タイプは送料が別にかかる、という点を挙げておきます。

よって、リネット・ネクシー共に料金を検討する場合は、送料の事も考えなければなりません。

ただ、どちらも有料会員になり、一回の利用料金3000円を超えると送料が無料になります。

よって、この方法で送料を無料にするのが、最もお得に利用する方法となるでしょう。

ちなみに、この3000円以上で送料が無料というのは地域限定のサービスです。

東北や北海道、沖縄などにお住まいの方は、送料を無料にする条件が若干高くなっていますので、各社のホームページを確認する事をおすすめします。

必要期間で比較!

引用元:https://www.pakutaso.com

続いての比較ポイントは、出した服が帰ってくるまでの必要期間です。

納期が一番早いのは、どこなのでしょうか。

順位 店名 日数
1位 リネット ・最短で翌日(有料)
・通常2日~(会員)
2位 リナビス ・5営業日~
2位 せんたく便 ・5営業日~
4位 ネクシー ・6日後~

この比較では、通常で2日後から受け取れるリネットが、断トツの速さで圧勝です。

宅配クリーニングでこの速さで帰ってくるとなると、もう普段の洗濯と変わらなくなってきますよね。

さすが最大手であるリネットのネットワークと企業努力です。

リネットは他にも、東京23区などの限定ですが、早朝・深夜の集配や翌日配達という信じられないレベルのサービスまで、2018年から始めています。

全国に住んでいる人は、今後のリネットのサービスの全国展開が待ち遠しいですね。

 

品質(付属サービス込み)で比較!

引用元:https://pixabay.com

料金や速さだけでは選べない、大事なのは品質だ!という方も多いでしょう。

では、付属のサービスも込みで、品質を比較した結果をご覧ください。

順位 店名 品質
1位 リナビス ・高品質仕上げ
・自然乾燥
2位 リネット ・高品質仕上げ
・再仕上サービスの充実
3位 ネクシー ・1客分ずつネット洗い
・その他無料サービス
4位 せんたく便 ・バーコード管理
・その他無料サービス

この比較でトップに立ったのは、トーク・ドキュメンタリー番組のカンブリア宮殿でも紹介されたことのある「リナビス」です。

その高品質には定評があり、熟練の職人が行うクリーニングは、ブランド物であっても安心して任せられます。

また、場所も時間もとってしまいますが、最も服を傷めない「自然乾燥」を用いているのも、リナビスのクオリティの高さの理由ですね。

シミ抜きや毛玉取り、ほつれやボタン取れの修繕といった無料サービスも充実しています。

ただ、これらの無料サービスは宅配クリーニングだと各社が行っていますので、今では差がつきにくくなっています。

よって、クリーニングそのものの品質が高いリナビスが、やはり品質の面で頭一つ飛びぬけていると言えるでしょう。

また、2位のリネットも品質に定評があります。

それに加えて、リネットは、品質に納得がいかなかった場合の対応にも力を入れています。

認識相違の返金対応をしていたり、再仕上げ依頼がネットから簡単に出せるのも、利用する客からすると便利・安心ですよね。

 

長期保管で比較!

引用元:https://pixabay.com

宅配クリーニングのサービスで便利なのが、「長期保管」サービスです。

クリーニングに出したまま一定の期間預かってもらい、あらかじめ指定してあった時期になると送り返してくれるサービスです。

これを利用すると、家のクローゼットにその時期の服だけ置けるので、広々と快適に収納ができるようになります。

とても便利なサービスですが、基本的にクリーニングと一体となっています。

よって、長期保管を利用したい場合、長期保管の料金も宅配クリーニング選びの重要なポイントになってきますよ。

それでは、宅配クリーニングの長期保管サービスを比較していきましょう!

順位 店名 料金 期間
1位 リナビス 無料 6ヵ月保管
2位 せんたく便 ・5点パック6980円
・10点パック9980円
9ヵ月保管
3位 ネクシー ・5点パック6980円
・10点パック9980円
1着1033円~
8ヵ月保管
4位 リネット ・1着1400円~ 8ヵ月保管

この比較では、保管サービスを無料で行うリナビスが1位となりました。

通常のクリーニング料金で、保管サービスまで依頼できるのはリナビスだけです。

リナビスを利用する場合は、ぜひ保管サービスも依頼したいですね。

ただし、これはあくまで「長期保管サービス自体の料金」比較です。

リナビスは、長期保管サービス自体は0円ですが、そのサービスが付く通常のクリーニング代が、5点パック7800円です。

料金だけで比較すると、せんたく便は通常のクリーニングより割高となる保管サービスでも5点パック6980円ですから、リナビスの通常クリーニング代より安くなります。

よって、あくまでトータル料金の比較となると、長期保管はせんたく便が最安値となります。

まとめ

今回は、おすすめの宅配クリーニングを4社比較する形でご紹介しました。

これだけ便利なサービスがあるのに、使わないのはもったいないと感じてしまいますよね。

ぜひ宅配クリーニングを使って、クリーニングに出しに行くストレスから解放されてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*