誕生日が祝われない…彼氏・彼女・友達等から何もない時の対応や体験談は?

年を取るごとに、無くなっていくものに、

『誕生日を祝う』

というものがあると思います。

子供のころから、何回かやっていくうちに、誰もが、

『毎回する必要はない』

と感じてしまい、いつの間にか誕生日を祝うこともなくなってしまうのです。

ですが、それでも、

『誕生日を祝ってほしいと考えている人』

がいるのも、確かなことでしょう。

そこで、今回は、

『誕生日を祝われない場合の対応方法』

について紹介します。

どうしても、誕生日を祝って欲しい人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次

誕生日が祝われない人の理由・特徴は?

引用元:https://pixabay.com

誕生日が祝われない人には、

『何か特徴があるのか』

と考える人もいるでしょう。

いくら誕生日を祝わなくなったとしても、

『同じ年代で、誕生日を祝っている人』

はそれなりにいたりします。

では、誕生日を祝われない人というのは、

『祝ってもらう人と何が違うのか』

について紹介します。

誕生日を祝ってもらえないのは、自分も祝っていないから?

誕生日を祝ってもらえない人というのは、

『自分自身も、誰かの誕生日を祝っていない人』

が多いのではないでしょうか?

人は、誰かに何かをしてもらうと、

『お返ししなければならない』

と考えてしまう生き物です。

その為、誰かが誕生日を祝ってくれた時、

『自分も同じように誕生日を祝ってあげたい』

という感情が芽生えて、お祝いをするようになるのです。

ですが、誰の誕生日を祝うわけでもなく、ただ漠然と、

『自分の誕生日は祝ってもらえない』

と考えている人は、これからも誕生日を祝ってもらうことは、ほとんどないでしょう。

お祝いとは、いわゆる、

『ギブアンドテイク』

の関係と同じです。

受けた好意は、相手にも同じだけ返すことで、

『自然と、誕生日を祝う気持ちになる』

ので、まずは誰かの誕生日を祝ってあげることから始めてみてはいかがでしょうか?

仲が良くなりすぎて、誕生日を祝わなくなった?

人と長く付き合っていると、必ず起きることに、

『慣れ』

というものがあります。

誰しも、親しい友人や彼氏・彼女と一緒にいると安心しますよね?

それ自体は、とても良いことなのですが、それゆえに、

『慣れ過ぎてしまう』

ことがあるのです。

その為、誕生日なども、

『何か特別なことをせず、いつも通り過ごす』

というスタンスになっているのでしょう。

特に、何十年と付き合ってきた人で、

『かなり親しい関係』

となっていれば、誕生日の話などしなくなるという人も多いようです。

誕生日を祝わなくても、

『関係性には何の問題もない』

という人もいるということですね。

アピールが足りていない

誕生日などの記念日は、

『忘れられていることが多い』

ものです。

その為、自分から言わなければ、

『相手が誕生日だということに気付いていない』

という可能性もあるのです。

そもそも、覚えていなければ誕生日を祝うことなどないのは当然の話でしょう。

もちろん、相手に悪気があるわけではなく、

『本当に忘れているだけ』

の場合も多いので、誕生日を祝ってもらいたいなら、自分からアピールすることも重要なのです。

それとなく伝えてあげれば、相手も思い出してくれるので、

『誕生日をしっかり祝ってほしい』

と考えている人は、相手に伝えることも1つの手ですよ。

このサイトでは、他にも、

『誕生日を忘れられた…彼氏(夫)・彼女(妻)・友達に忘れられた場合の対応は?』

という記事も書いています。

誕生日に関するアピール方法についても書いているので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

誕生日が祝われなかった人の体験談

引用元:https://pixabay.com

ここからは、

『誕生日を祝ってもらえなかった人の体験談』

について紹介していきます。

同じようにな経験をした人や、

『聞いたことのない話』

などもあると思うので、ぜひどうぞ。

付き合って初めての誕生日だったが、結局何もなかった

付き合い始めて、3か月ほど経ち、

『初めての誕生日』

がきたのですが、結局、何もなく1日が終わってしまった話です。

誕生日の日は、いつもどおり出かけて、食事もしたのですが、

『お祝いの言葉も、プレゼントもなかった』

ということです。

後から、誕生日の件について相手に聞いてみると、

「全く覚えていなかった」

そうです。

付き合い始めたとき、

『相手の誕生日を覚えていない』

ことは、実はよくある話だそうで、あまり珍しいことでもないと言えます。

1回忘れただけで、怒るのではなく、

『相手がちゃんと覚えているかどうか』

を確認するなど、こまめにアピールすることが必要になっていくでしょう。

誕生日を知っていたけど、特に祝う気持ちがなかった

誕生日だということは知っていたのに、

『特に祝う必要がない』

と、相手が思っている場合もあります。

付き合い始めて、3年目のカップルで、

「明日は誕生日だね」

と言っていたにも関わらず、誕生日にお祝いすることはなかったという話があります。

このとき、相手に、

「なんで誕生日だと知っていたのに、お祝いしてくれないのか」

と聞いたところ、特に必要がないだろうと返されてしまったそうです。

付き合いが長くなると、

『誕生日などを祝わなくても問題ない』

と考えてしまうことがあります。

男性の場合、まだ記念日などに無頓着なことが多いのですが、女性の場合は、

『誕生日にお祝いしてもらえなかった』

という事実が、頭に残りやすくなってしまいます。

付き合いが長いからと言って、

『誕生日などの記念日を疎かにするすることは避けるべき』

だと言えるでしょう。

仕事が忙しくて、誕生日を祝ってもらえない

これは、夫婦やカップル関係なく起こることですが、

『仕事が忙しくて、誕生日を祝ってもらえなかった』

という話が、よくあります。

彼氏と付き合い始めて、約5年が経ち、結婚も考えていたとき、

『彼氏の職場での役職が上がった』

ため、仕事が以前より忙しくなり、誕生日の日も仕事で祝ってもらえなかったという話です。

よくある話ですが、実際に自分が体験すると、

『仕事ばかりで、自分のことを大切に思っていない』

と感じるものです。

謝罪があったり、後日改めてお祝いしてくれるのであれば、

『まだ許すことができる』

のですが、それもなければ、関係も冷めてしまうでしょう。

実際に起こる可能性が高い話なので、

『誕生日をしっかりとアピールして、お祝いしてもらう』

ことを意識しするようにしたほうが良いですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

彼氏・彼女が誕生日を祝わないのは何故なのか?

引用元:https://pixabay.com

彼氏・彼女として付き合いを始めても、

『誕生日を祝わないことがあるのかなぜなのか?』

と考える人も多いと思います。

これは、当事者になって初めてわかることもあるのです。

誕生日を祝わなくても、関係性が崩れないと考えている

お互いを好きになって、付き合っているのだから、

『誕生日を祝わなくても、関係性が崩れることはない』

と考えていることが、誕生日を祝わない原因となっているようです。

これは、特に、

『男性側に起きやすい現象』

となっています。

先程も、少し紹介しましたが、男性は、

『誕生日などの記念日に疎い』

という人が多いです。

祝っても祝わなくても、困ることではないと考えており、

『特別何かをしなくても、相手を好きなら問題ない』

と考えているので、誕生日も忘れがちになるようです。

一方、女性の方は、

『誕生日などの記念日を大切にすることが多い』

ので、誕生日を忘れられると、かなりの確率で傷つくことになるでしょう。

お祝いするのが、面倒くさいと考えている

相手のことは好きでも、

『誕生日を祝うのは、面倒くさい』

と考えている場合もあります。

誕生日に限らず、記念日を毎回お祝いしていると、

「毎回お祝いする必要もないし、お金もかかるから面倒」

と感じるようになり、次第に誕生日を祝わなくなってしまうのです。

実際、毎日の生活が忙しくて、

『誕生日どころではない』

と感じている人も多いので、これはよくある話と言えます。

このとき、

『なし崩し的に誕生日をお祝いしなくなる』

ことを、自分も相手も了承しているのであれば、とりあえず問題はないでしょう。

ですが、どちらかが、

『誕生日を祝ってほしいと考えている場合』

には、面倒くさいという言葉を出さない方が良いです。

この言葉を聞いてしまうと、

『関係が一気に冷めてしまう』

ことにもなりかねず、破局に向かう確率が高くなってしまうでしょう。

相手のことが好きではなく、破局してもよいなら別ですが、もし違うのであれば、

『誕生日をお祝いする以外の代案』

を話し合っておいた方が良いです。

そうすれば、相手が、

『誕生日などの記念日を祝うよりも、普段の生活の中で何かしてほしいと思う人』

だと感じてくれるようになるかもしれません。

相手が好きなら、しっかりと話し合うことを怠らないようにしましょう。

完全に忘れている場合がある

彼氏・彼女に限らず、夫婦の場合でも起こることで、

『誕生日を完全に忘れている』

ということもあります。

悪気は全くないのですが、

『日々の忙しさ』

などから、誕生日まで気が回っていないことも多くあります。

その為、

『予め誕生日を相手に教えておく』

など、日頃からアピールをしておく必要があるのです。

人は、覚えていると思っていることでも、

『何かの拍子に忘れてしまう生き物』

なので、何度も確認作業をすることは、重要になってきます。

その為、

「まさか、誕生日を忘れることはないだろう」

と考えていると、思わぬ問題の火種になることもあるのです。

誕生日を確認しておけば、かなりの確率で回避できるので、

『相手に誕生日を伝えておく』

ようにすることをおすすめしますよ。

誕生日を忘れられた場合の対応方法などは、先程紹介した、

『誕生日を忘れられた…彼氏(夫)・彼女(妻)・友達に忘れられた場合の対応は?

なども、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

誕生日を友達が祝わないのは何故?

引用元:https://pixabay.com

彼氏・彼女以外でも、

『友達が誕生日をお祝いしてくれない』

ことがあるのではないでしょうか。

せっかく誕生日が来たのだから、

『友達にお祝いしてほしい』

と考えている人も多いと思います。

これには、様々な理由があると言われています。

誕生日だったことを知らない

例え、友達同士だとしても、

『相手の誕生日を知らなかった』

という人は、多いのではないでしょうか。

これは大人になるにつれて、多くなってくるものであり、

『以前は誕生日を覚えていたが、今となってはいつか分からない』

ようになっていることもあるのです。

理由としては、

『年を取るにつれて、誕生日を祝わなくなるから』

だと言われています。

年々、老けていく自分を見ていると、

『誕生日の何がおめでたいのか分からない』

と思うことがあるため、誕生日自体を気にしなくなり、価値も見出せなくなるのでしょう。

その為、むしろ、

『お祝いしてほしくない』

と考えている人も多いため、誕生日を知らないという事態になると考えられます。

誕生日に興味がなくなっている

これは、先程紹介した内容も多少関係していますが、

『興味がない』

という理由も、友達が誕生日を祝わない原因となっています。

子供のころは、

  • プレゼントがもらえて、みんなにお祝いしてもらえる
  • 大人に一歩近づいた

 

など、嬉しいことが多くあるのが誕生日です。

ですが、大人になり、

  • 誕生日など考えられないくらい忙しい
  • 老けてしまった

 

など、負の感情が出てくることが多くなるため、誕生日に興味がない人が多くなるのです。

それは、自分だけでなく友達も同じことであり、

「自分が興味のないことに、相手も興味があるわけないよね」

というふうに考えて、誕生日の話自体をしなくなくなると言われています。

考え方はそれぞれですが、こういった一面もあることを覚えておくと良いですよ。

親しいからといって、誕生日を祝うとは限らない

友達だからと言って、

『相手の誕生日を祝うとは限らない』

ということもあります。

特に、記念日などに興味がない人は、

「誕生日を祝わないと、友達ではないのか」

と考えている人も多く、誕生日など眼中にない人もいるのです。

誕生日を祝わなくても、関係が変わるわけではなく、

『気が向いたら、お祝いする』

くらいのスタンスの人が多いようです。

確かに、人との関係が、

『誕生日を祝うかどうか』

で決まってしまうのであれば、その程度の関係だと思われても仕方ないでしょう。

友達が誕生日を祝ってくれるかどうかではなく、

『長く付き合っていけるかどうか』

を考えた方が建設的かもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

家族が誕生日を祝わないのは何故?

引用元:https://pixabay.com

家族であっても、

『誕生日を祝わない』

ことがよくあると思います。

これに関しても、様々な考え方がるようです。

誕生日を祝うような年ではない

ある程度、成長していくと、

「そろそろ誕生日を祝う必要もないだろう」

と言って、誕生日を祝わないことも多くなります。

家族であっても、それは同じであり、

「誕生日よりも、日々の生活の方が大事」

と考えることも多いようです。

また、年を取ることに嫌悪感を抱く人も多いので、

『積極的にお祝いをしない』

という人が多いのも、1つの理由と言えるでしょう。

誕生日に興味がなくなる

これは、彼氏・彼女や夫婦などでも同じことが言えますが、

『誕生日自体に興味がなくなる』

ことも理由としてあります。

誕生日だからといって、

「何がそんなに重要なのか分からない」

と考える人も多く、それよりもしっかりと働けと言う家族が多いようです。

誕生日で盛り上がるのは若いうちだけで、

『1度社会に出たのなら、日々の生活だけを考える方が重要』

という家族が多いので、次第に誕生日を祝うことも無くなるのでしょう。

彼氏・彼女から誕生日を祝われなかった場合の対応は?

引用元:https://pixabay.com

彼氏・彼女から誕生日を祝われないとき、

『何とも言えず、寂しい気持ちになる』

という人も多いと思います。

そんなとき、どうすればよいのか分からないという人もいるでしょう。

ここでは、

『誕生日を祝われない場合の対応方法』

について紹介していきます。

相手の誕生日も祝わなくてよい

相手から誕生日を祝ってもらえばないのであれば、

『自分からも祝う必要はない』

と言えます。

もし、これで相手から文句を言われるのであれば、

「自分のときも祝っていないのだから、お互い様でしょう」

と返してみてください。

これで関係が崩れるようであれば、その程度だったということです。

もし、謝罪された場合は、

『お互いの誕生日は必ずお祝いをする』

ことを、約束するようにしてください。

これで、次の誕生日に祝ってくれれば反省していると思って良いですが、

『2回目も忘れる』

のであれば、相手が自分のことをあまり考えていないと判断できるでしょう。

お互いの関係を確認する機会となるので、おすすめの方法ですよ。

誕生日は、お互い祝わないと決める

誕生日を祝うかどうか揉めるくらいなら、

『最初から、誕生日を祝わない』

と決めてしまうことも、1つの方法です。

お互い、誕生日を気にする必要がなくなるので、

『無意味に喧嘩することもなくなる』

でしょう。

誕生日の代わりに、何かやることを決めれば、なおのこと良いですね。

記念日にこだわらないことも、

『お互いの関係を良好に保つための秘訣』

ですよ。

相手の誕生日を、あえて豪勢に祝ってみる

自分の誕生日を忘れている相手に対して、

『あえて豪勢にお祝いをする』

という方法もあります。

相手の誕生日が来たら、

  • 豪華なお店で食事
  • 高価なプレゼントを贈る

 

など、相手が喜ぶことを何でもしてあげるようにしてください。

相手は、自分が誕生日を祝っていなかったことを思い出して、

『あまりにも色々としてくれることに、罪悪感を抱くようになる』

ことでしょう。

そして、最後に、

「私は誕生日を祝ってもらってないけど、あなたが喜べばそれで満足だよ」

とでも言っておけば、大抵の人は、次の誕生日を忘れることはなくなるはずです。

もし、これでも誕生日を忘れるのであれば、

『それだけの関係だった』

ということが分かるので、相手と自分の関係を見極めるためには有効な方法となります。

少し意地悪な方法ですが、

『誕生日を祝ってもらうと同時に、相手との関係を確かたい』

と考えている人は、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

友達から祝われなかった場合の対応は?

引用元:https://pixabay.com

友達から誕生日を祝われなかったという人も多くいると思いますが、

「友達に、誕生日を祝ってとは言えない」

と考える人も多いでしょう。

彼氏・彼女や夫婦の場合なら、様々な方法がありますが、友達の場合は、

『相手の自主性に任せる』

ことが最も重要です。

いくら仲が良いと思っていても、

『誕生日を祝ってほしいとお願いする』

してしまうと、相手からは鬱陶しく思われることもあります。

あくまで、相手が自主的に誕生日をお祝いすることで、

『誕生日に意味が出てくる』

ため、あからさまにお祝いしてほしいという態度を取るのは止めた方が良いでしょう。

さりげなく、

「もうすぐ年を取ってしまう」

など、日常会話で話す分には問題ないので、後は友達に全て委ねてみてください。

もし、祝ってくれなかったとしても、

『それで関係が崩れることはほとんどない』

と言えます。

むしろ、これで関係が崩れるのであれば、

『それだけの関係性だった』

ということなので、友達が誕生日を祝うかどうかは、深く考えないことをおすすめしますよ。

家族から誕生日を祝われなかった場合の対応は?

引用元:https://pixabay.com

家族から誕生日を祝われなかった場合も、

『友達と同じと考える』

ことが重要です。

むしろ、

『友達より家族の方が、誕生日を祝ってくれない』

ことが多いので、あまり期待する必要はないと言えます。

子供のころならまだしも、

『大人になったら、社会で生きていくために働きなさい』

ということの方が多いので、誕生日などにもほとんど無関心となることが多いのです。

逆に、今までの感謝の気持ちを込めて、

『家族の誕生日を祝ってあげる』

くらいのスタンスでいれば良いでしょう。

そうすれば、家族からもお返しとして、

『誕生日を祝ってもらえる』

かもしれません。

自分から家族の誕生日を祝うことで、

『家族同士が、誕生日を意識するきっかけ』

になるかもしれないので、試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

誕生日を誰にも祝われない誕生日ブルーをどう過ごせばいい?

引用元:https://pixabay.com

誕生日を誰からも祝ってもらえない、いわゆる、

『誕生日ブルー』

というものがありますが、こんなときどう過ごせば良いか分からない人もいるでしょう。

ここでは、そんな誕生日ブルーに陥っている人の過ごし方を紹介します。

趣味に没頭する

誕生日ブルーになると、

「自分は価値のない人間かもしれない」

と考える人も多くなると言います。

ですが、この現象は、

『一時的な感情に過ぎない』

ので、深く考えると泥沼にハマってしまいます。

これを回避するためには、

『自分の趣味に没頭する』

ことが重要になるでしょう。

誕生日といっても、過ぎ去ってしまえば、

『いつもと変わらない日常の1つ』

でしかありません。

その為、自分の趣味に没頭することで、

『誕生日ということも忘れて1日が終わる』

ため、試してみる価値は十分にあります。

重要なことは、

『誕生日を乗り切る』

ことなので、この方法はおすすめですよ。

仕事に打ち込む

誕生日ブルーは、

『誕生日のことを考えるためになってしまう状態』

と言えます。

その為、あえて誕生日の日に、

『仕事を入れてみる』

ことで、誕生日ブルーになることもなくなるでしょう。

むしろ、仕事で忙しくなり、

『誕生日ブルーを考えている暇もなくなる』

ため、趣味に没頭することと同じくらいおすすめの方法と言えますよ。

誕生日を忘れる

誕生日ブルーを防ぐ方法として、

『自分の誕生日を忘れるようにする』

ことも、1つの手です。

誕生日といっても、言ってしまえば、

『他と同じ、ただの日常』

と言えます。

そう考えていると、次第に、

『誕生日に意味なんてない』

という心境になってくるものです。

これを常に考えるようにしていると、最後には、

『自分の誕生日でも気付かない』

ようになってきます。

誕生日ということを認識しなければ、

『誕生日ブルーには、そもそもならない』

ため、忘れるという方法も有効だと言えますね。

まとめ

『誕生日が祝われない…彼氏・彼女・友達等から何もない時の対応や体験談は?』、いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『誕生日を祝ってもらえなくても、そこまで気にする必要はない』

ということが言えるでしょう。

確かに、誕生日を祝ってもらえば嬉しいと感じるかもしれませんが、

『誕生日を祝わなくても、生活には何の問題もない』

のです。

また、あまりにも誕生日に固執するあまり、

『誕生日ブルーという言葉が生まれるほど、生活に支障が出る』

など、あまり良くないことが起きているのも事実です。

人の価値は、

『誕生日を祝われないからといって、失われることではない』

ことをよく理解しなければなりません。

これらを理解すれば、誕生日に祝われないことを気にする人も少なくなるでしょう。

誕生日に固執することなく、日々の生活を送っていってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*