チャドクガの幼虫・成虫の生態とは?【刺されないように注意する】

昆虫の中には、チョウ目と呼ばれる、

『蝶々の形をしている虫』

が多くいます。

一般的に見かけるチョウ目昆虫は、

『人に害を及ぼすようなことはない』

のですが、中にはそうでない種類もいます。

その昆虫の中で、かなり有名なものが、

『ドクガ』

となります。

今回は、そんなドクガの中でも、

『チャドクガ』

と呼ばれる種類について紹介します。

ただの昆虫だと思っていると痛い目を見るので、ぜひ参考にしてみてください。

チャドクガとはどんな昆虫なのか

チャドクガと聞けば、大抵の人は、

『蛾』

を思い浮かべるでしょう。

ですが、そんな蛾の中でも、ドクガと名が付いている昆虫は、

『総じて毒を持っている』

ため、注意しておかなければなりません。

チャドクガは生まれる前から毒に守られた昆虫

まず、チャドクガとはこのような姿をしています。

この投稿をInstagramで見る

さばみりん-鯖味醂-さん(@yori.shiro.zu)がシェアした投稿

全体的に黄色っぽい色をしており、

『近くにいると、すぐに発見できる』

ようになっています。

チャドクガのオスは、

『少し黒褐色が強い姿』

となっています。

メスの方は、写真のように、

『黒の斑点が目立つ姿』

となります。

どちらの体にも、

『毒を含む体毛』

があり、これはちょっとした風などでもすぐに飛ぶようになっているのです。

ちなみに、チャドクガが産まれる前の卵でも、

『毒を含んだ体毛に守られている』

ため、触ったり近づいたりするのは危険だと言えます。

産まれてからも、

『幼虫から成虫まで、ずっと毒の体毛に覆われている』

ことから、近づかない方が良いと言えるでしょう。

チャドクガの毒が引き起こす症状

ドクガは、産まれる前から死ぬまでの間、

『常に毒の体毛に守られている』

ことを紹介しました。

では、実際に毒の体毛が皮膚に付いた場合はどうなるのかというと、

『アレルギー反応』

が起こります。

人によって、それぞれ反応に差があるのですが、中には、

『アナフィラキシーショック』

になってしまい、命まで危うくなることもあるのです。

そして、厄介なことに、

『チャドクガの毒は、1度目より2度目の方が効きやすくなる』

のです。

これは、ハチの毒などと同じであるため、

『1度でもチャドクガの毒に侵された人は、それ以降かなり注意しなければならない』

と言えるでしょう。

とはいえ、チャドクガの毒を含む体毛は、

『風などに乗って運ばれてくることもある』

ため、知らないうちに皮膚へと付いていることもあります。

そこまで長距離を飛ぶわけではないですが、チャドクガの姿を発見した際は、

『速やかにその場から離れる』

ことをおすすめします。

お茶の木などに多く集まっている

毒持ちの危険な昆虫であるチャドクガは、その名の通り、

『お茶の木に集まりやすい』

という特徴があります。

そのため、お茶の木が近くにある人は、

『チャドクガが付いていないかを確認する必要がある』

のです。

厳密に言うと、チャドクガを含むドクガと呼ばれる昆虫は、

『ツバキ科の植物』

に多く集まる傾向があります。

幼虫のときは、

『葉の裏に多く集まっている』

ため、気を付けておきましょう。

また、数が多い場合は、

『木が埋め尽くされるほど集まることもある』

のが、チャドクガの恐ろしい点でもあります。

この場合、木を食い尽くす可能性もあるため、一部の人からは、

『害虫』

として、かなり嫌われているのです。

このように、ツバキ科の植物に集まりやすく、中には、

『大量発生しすぎて、その場所が閉鎖される』

という話もあるくらいなのです。

放っておくと、

『取りつかれた木は、枯れてしまうこともある』

ので、庭に植え木などをしている人は、かなり注意しておいてください。

庭で見つけたときは、なおのこと注意する

チャドクガが好んで集まるツバキ科の植物は、

『一般家庭の庭にも普通にあるもの』

です。

そのため、庭を持っており、

『ツバキ科の植物を植えている人は注意しておく』

必要があります。

チャドクガの発生を防ぐには、

『日頃の確認と、忌避剤などによる予防』

が必要になってきます。

小規模の庭なら、よく確認しておけば、

『チャドクガの幼虫や卵を発見しやすい』

ため、あらかじめ駆除することも可能になります。

チャドクガの幼虫と卵は以下のようなものになるので、よく覚えておきましょう。

・チャドクガの幼虫

この投稿をInstagramで見る

Osamu Murataさん(@osamu.s32)がシェアした投稿

・チャドクガの卵

これらは、

『毒の体毛に覆われている』

ため、見つけても迂闊に触らないようにしましょう。

また、叩き落しても、

『体毛が舞って、それが皮膚に刺さる』

ので、慎重に対応するようにしてください。

発生時期には警戒しておく

チャドクガ対策を少しでも確実に行うためには、

『発生時期を把握しておく』

ことも必要になります。

チャドクガの発生時期は、おおむね、

『6月~10月』

と言われています。

つまり、

『初夏から晩夏まで』

となります。

卵は、産む時期にばらつきがあるため、個体によっては、

『卵のまま越冬する』

ので、この状態なら駆除が楽になります。

とはいえ、卵を駆除する際にも、

『毒の体毛に覆われている』

ため、油断すると皮膚に付いたりするので注意しておきましょう。

チャドクガが現れたときの対処方法とは

チャドクガについて、簡単に生態を紹介してきました。

ここからは、

『実際に現れたときの対処方法』

についても紹介していきます。

基本は業者に任せる

チャドクガは、基本的に、

『集団で行動する昆虫』

となります。

特に、幼虫の場合は、

『数えきれないくらいのチャドクガが集まる』

ため、個人での対処はかなり難しくなってしまいます。

そのため、チャドクガに対処するなら、

『業者に頼む』

という方法が、最も確実です。

大量に現れたチャドクガは、

『かなり大規模な駆除』

を行わなければなりません。

また、駆除した後も、

『毒を持った体毛があたりに残っている』

ため、それがなくなるまでに時間がかかるのです。

庭に散った体毛がなくなる時間は、

『チャドクガがどれだけ出たかで決まる』

ので、その都度業者に確認を取るようにしましょう。

数匹程度の場合は殺虫剤で駆除する

チャドクガが庭に大量発生した場合以外で、

『数匹だけしか現れていない』

ときは、殺虫剤などで対処することが出来ます。

ですが、一般的な殺虫剤では、

『毒を持った体毛をまき散らす可能性が高い』

ので、あまりおすすめしません。

ではどうするのかというと、

『チャドクガ用の殺虫剤を使う』

ようにしましょう。

チャドクガ用の殺虫剤は、

『体毛を散らさないまま処理することが可能』

となっています。

これにより、

『皮膚にチャドクガの体毛が付くこともなくなる』

ため、安心して処理することが出来ます。

葉についているときは、熱湯に落とす方法もある

チャドクガは、殺虫剤で処理する以外にも、

『熱湯に落とす』

という方法があります。

方法としては、

  • 葉に付いているチャドクガを棒などで落とす
  • 下に熱湯を入れたバケツ等を用意しておく

 

これだけとなります。

また、熱湯に落とすのが面倒なら、

『直接チャドクガに熱湯をかける』

ようにしても良いです。

どちらにしても、

『熱湯がかかることで、体毛が体に張り付いたままになる』

ため、安全に処理することが出来るのです。

熱湯なら、比較的簡単に用意出来るため、

『数匹見つけて処理したい場合』

などに使ってみてください。

まとめ

『チャドクガの幼虫・成虫の生態とは?【刺されないように注意する】』

いかかでしたか。

今回のまとめとしては、

『チャドクガは、近づくだけでも危険な昆虫』

ということが言えます。

実際、チャドクガによる被害は、

『日本全国で毎年起こっている』

ものであり、身近に潜む危険な昆虫なのです。

最悪、チャドクガの毒によって、

『アナフィラキシーショック』

を発症することもあるのです。

これらを念頭に置き、もしチャドクガを見つけても、

『あまり近づかないようにする』

ことを心掛けておきましょう。

関連記事