指輪の跡を消す方法は?跡になる原因や対処法をご紹介

結婚している人や、アクセサリーをつけるのが趣味の人は、

『指輪を常に身に付けている』

ことも多いと思います。

特に、結婚指輪などは、

『いつでも身に付けておきたい』

と考えている人も多いでしょう。

ですが、指輪を付けていると、

『指に跡が残る』

ことがないでしょうか。

いくらお気に入りの指輪を付けていたいとしても、これは嫌ですよね。

そこで、今回は、

『指輪の跡が残る原因と対処方法』

について紹介します。

指輪の跡が気になっている人は、参考にしてみてください。

指輪の跡が残る原因は?

出典元:https://pixabay.com

そもそも、なぜ、

『指輪を付けると、跡が残るのか』

については、あまり知られていないと思います。

まずは、

『指輪の跡が残る原因』

について紹介していきます。

むくみが原因となっている

これは、よくあることなのですが、

『指輪のサイズが合っていない』

ことが、指輪の跡が残る原因になっているようです。

もちろん、購入する当初は、

『サイズに合わせた指輪』

となっているでしょう。

ですが、指輪を付け続けている間に、

『指がむくんでくる』

など、サイズが合わなくなることがあります。

その結果、指と指輪のサイズが合わなくなり、

『指が締め付けられて、跡が残る』

ということですね。

湿疹が起きている

指輪を付けている人によく起きる症状として、

『湿疹』

というものがあります。

湿疹は、皮膚の炎症が原因で起きる症状ですが、

『指輪でも起きることがある』

のです。

直接の原因は、

『指輪のスキマに、水や洗剤が入り込む』

ことが最も多いです。

指輪をつけたまま、手を洗ったりしている人は、

『水や洗剤が指輪のスキマに入ったまま』

となることが多いです。

そして、そのままの状態が続くと、

  • 赤く被れる
  • あかぎれを起こす
  • 水ぶくれになる

 

など、指輪の跡が残る原因となってしまうのです。

金属アレルギーになっている

指輪の跡が残る原因の1つに、

『金属アレルギー』

というものがあります。

指輪は、金属を使って作られているので、

『人によっては、アレルギーが出る』

ことも考えられます。

金属アレルギーになると、

  • 赤く腫れる
  • 発疹
  • かぶれ

 

などが起こり、指輪の跡が残ることが多いです。

金属アレルギーは、

『パッチテスト』

というもので、ある程度調べることが出来ます。

皮膚科に行けば、すぐに行うことができるので、

『金属アレルギーが心配』

な人は、パッチテストを受けてみましょう。

指輪の跡を消す、目立たなくする方法は?

出典元:https://pixabay.com

指輪の跡が残る原因について紹介しました。

では、どうしたら、

「指輪の跡を消したり、目立たなくすることが出来るのか」

と考えるでしょう。

次は、この点についても紹介します。

指のマッサージを行う

指輪の跡は、

『指輪を外していれば、自然と消えていく』

ものです。

ですが、すぐに指輪の跡を消したり、目立たなくしたいなら、

『指のマッサージ』

をすることで、ある程度対応することが出来るでしょう。

指輪を付けると、

『その部分だけ圧迫されて、皮下脂肪がつかなくなる』

という現象が起きます。

皮下脂肪がついていなければ、当然、

『他の部分より細くなる』

ということは、想像しやすいと思います。

その為、跡が付いた部分を元に戻すなら、

『指を揉むなど、マッサージをしてあげる』

ことで、皮下脂肪が再び戻ってくるため、指輪跡が目立たなくなるということですね。

手のひらを見せるようにする

指輪で付いた跡というのは、

『すぐに消えるものではない』

ということを、まずは覚えておかなければなりません。

時間をかければ、指輪の跡はほとんど消すことが出来るのですが、

『即席で目立たなくさせたい』

のであれば、相手に指輪跡を見せないことが重要となるでしょう。

そんなときに使える方法の1つに、

『手の平を相手に見せる』

というものがあります。

指輪の跡は、どちらかというと、

『手の甲を見せたときほど、目立ちやすい』

ものとなっています。

その為、出来るだけ手の甲を相手に見せず、

『手の平を見せるようにする』

ことで、指輪跡を目立たせなくすることが出来ます。

後は、先程紹介したように、

『適宜、指をマッサージする』

ことで、早めに指輪跡を隠すことが可能になるでしょう。

指輪の跡が青いまたは黒ずんでいる場合は?

出典元:https://pixabay.com

指輪の跡が残る理由の1つとして、

『跡が青いまたは黒ずんでいる』

ことがないでしょうか。

このような場合、これまで紹介したような方法だけでは、

『指輪跡をすぐに消すことが出来ない』

とされています。

原因は、指輪に含まれている銅

指輪後が、青いまたは黒ずんだりする原因としては、

『色素の沈着』

が挙げられます。

特に、シルバーの指輪で起こることが多いとされています。

指輪には、様々な種類がありますが、中には、

『純正品ではない指輪』

もあります。

純正品ではない指輪の場合、

『指輪に含まれている銅が皮膚に沈着する』

ことで、青かったり、黒ずんだ状態で指に残ってしまうのです。

これは、常に指輪をつけていて、

『汗をかいている人』

などが、起こりやすい現象とされています。

研磨剤も原因となる

指輪に含まれている銅以外にも、

『研磨剤が原因になる』

こともあります。

指輪は、見た目を綺麗に見せるため、

『作業工程の中で、研磨される』

ので、たまに研磨剤が残っていることがあります。

研磨剤が残っている指輪を付けていると、銅と同じように、

『汗に反応して、色素が沈着する』

可能性があります。

その結果、青くなったり、黒ずんでしまうというわけなのです。

対策方法は、『指輪の手入れと適度な取り外し』

指輪の跡が、青いまたは黒ずんでいる場合は、

『簡単には、跡を消すことが出来ない』

ことを覚えておかなければなりません。

指輪跡を目立たなくさせる方法としては、

『指輪の手入れと適度な取り外し』

が必要になります。

指輪は、使い続けると、

『汗や他の成分が溜まってくる』

ので、適度に洗浄してあげる必要があります。

そして、常に指輪をつけ続けることで、

『汗などが反応して、指に跡が残りやすくなる』

ため、時々外しておく必要もあるでしょう。

特に、

  • 汗をよくかく時
  • 炊事をする時
  • その他、液体を扱う時

 

など、指輪と指の間に、液体が入り込む機会を減らすことが重要になるのです。

これらを繰り返していけば、

『沈着した色素が、徐々に流されていく』

ため、指輪跡が目立たなくなるでしょう。

また、別の方法として、

『マニキュアを指に塗って、指をコーティングする』

というものもあります。

どんな方法を取っても良いですが、

『指に色素を沈着させないようにする』

ことは、念頭においておきましょう。

指輪の跡が赤くかゆい場合は?

出典元:https://pixabay.com

指輪の跡が残る原因には、

『赤くなっている場合』

も存在します。

この場合は、指輪をしていたことにより、

『湿疹を引き起こしていること』

が考えられるのです。

先程も紹介していますが、湿疹は、

『皮膚が炎症を起こしている状態』

を指しており、指輪と指の間に入り込んだ水や洗剤が原因となっています。

これを防ぐためには、

『適度に指輪を外して、水気を拭きとる』

ことが重要になるでしょう。

また、

『濡れると分かっているときは、指輪を外していおく』

ことでも、赤く腫れることを防ぐことが出来ます。

湿疹が出来ると、

『赤く腫れるだけでなく、かゆくなる』

ため、日常生活でも気になることが多くなってしまいます。

指輪跡も残るため、水や洗剤を使うときは、

『指輪を外す』

ようにしておきましょう。

 

 

指輪の跡を一時的に隠す方法は?

出典元:https://pixabay.com

指輪の跡が残る原因と対処方法について紹介してきました。

ですが、指輪の跡というのは、

『1度付いたら、消したり目立たなくさせるまでに時間がかかる』

ものなのです。

ですが、どうにかして、

『一時的にでも指輪跡を隠したい』

と思う場合もあるでしょう。

そんなときは、以下の方法をおすすめします。

手袋をつける

季節にもよりますが、

『手袋をつけて、指輪跡を消す』

という方法があります。

跡が消せないなら、隠してしまうということですね。

このとき、不自然にならないように、

『その場の雰囲気に合った手袋』

を選ぶようにしたほうが良いです。

それでなんとか、その場を凌ぐことが出来るでしょう。

手を組んでおく

指輪跡を隠すなら、

『常に手を組んでおく』

こともおすすめです。

手を組みながら、指をマッサージしていれば、

『指輪跡を目立たなくさせることも可能』

となります。

不自然に見えない程度で、手を組んでみましょう。

ファンデーションを塗る

女性が使える方法となりますが、

『ファンデーションを塗る』

ことでも、跡を一時的に隠すことが出来ます。

指輪跡の色を目立たせなければ良いので、

『皮膚の色と同化させるようにする』

方法は、有効だと言えるでしょう。

ですが、あまり長くは持たないため、

『あくまでも一時的な措置』

として考えておくようにしましょう。

跡が付くのを防止する方法は?

出典元:https://pixabay.com

指輪跡関する内容や跡を消す方法を紹介してきました。

様々なものがありますが、結論としては、

『指輪をしている以上、指輪跡がつくのは仕方のないこと』

だと言えます。

日頃から、指輪の手入れや付ける時間を考えたりなど、

『指輪跡を付けない努力』

をすることは可能です。

ですが、完全に跡が残らないようにする方法は、

『現時点、存在しない』

ことは覚えておかなければなりません。

指輪を付けるなら、跡が残ることを前提に考えて、

『少しでも跡が残らないようにしていく』

ことを考えてみてくださいね。

まとめ

『指輪の跡を消す方法は?跡になる原因や対処法をご紹介』、いかがでしたか。

今回のまとめとしては、

『指輪の跡を消すには、日頃から手入れすることが重要』

ということが言えます。

指輪に限った話ではありませんが、何事も、

『定期的な手入れは必要になる』

ものです。

指輪の跡を残したくないのであれば、

『定期的な手入れを欠かさない』

ようにしてください。

それが、指を綺麗に保つ秘訣となりますよ。

関連記事