雨のスピリチュアルの意味とは?天気雨やデート・お墓参りの時などシーン別に解説

雨はの日はお好きですか?

傘を持たなきゃいけないし、濡れるし、髪の毛はまとまらないし、何となく気分が沈むし、何かと面倒だから雨は好きじゃない。

そんな人も多いかもしれません。

何となく晴れよりもイメージが悪い「雨」ですが、実はスピリチュアルの観点ではいい意味があります。

ということで、本記事では雨のスピリチュアルな意味を解説していきたいと思います。

雨のスピリチュアルな意味とは

浄化を表す

雨には浄化の意味があります。

雨が浄化してくれるのはこの世のすべてです。

少ない雨は空気を浄化し、中くらいの雨は植物、動物、人間を浄化します。

雨はこの世界のバランスを整える要素の一つなのです。

過ぎていく毎日の中で「なんか疲れたな」「理由はわからないけれどもやもやする」「とにかく気持ちが落ち込む」という気分になることはありませんか?

それはもしかしたら、負のエネルギーが溜まっているのかもしれません。

日々の些細なストレスから負のエネルギーは溜まっていき、心のバランスを崩していきます。

そんな負のエネルギーを洗い流してくれるのが、雨の浄化作用です。

だから雨の日は自分自身の心を浄化するチャンスなのです。

溜め込んだ鬱々とした気持ちを浄化しましょう。

傘をさしてお気に入りの場所へ出掛けてもいいですし、雨が降っていて外に出る気がしないという方は部屋の中で好きなことをしましょう。

好きなことと言っても自分の気持ちが高まるようなことです。

人の不幸を調べたり、「無駄だな」思う時間を過ごさず、自分の気持ちがセットアップされる時間にしましょう。

神からの恵み

雨は昔から、「天からの恵み」と言われています。

「恵みの雨」という言葉はよく聞きますよね。

「雨が遣わした天使」という考え方もあります。

国民の多くが畑で生計を立てていたころは、それこそ雨は「神からの祝福」だったのです。

昔から雨は尊ばれる存在でした。

それは今も同じです。

雨量が少ない年は農作物の収穫が悪くなり、野菜などが値上がりして私たちの家計を圧迫しますよね。

雨が降った時は「神様からの恵みだ」と思うと、とてもありがたい気持ちになりますね。

神社・お寺にいるときに降る雨の意味

神社、お寺にいるときに雨が降ったら、それは神様から歓迎されている、祝福されているということです。

禊である、とも解釈されます。身を洗い清めるということですね。

雨には浄化作用もありますから、空気が浄化され非常に清い空気のなかでお参りすることができます。

神社、お寺にいるときに雨が降ったら、神様が歓迎してくださっていると思って喜びましょう。

結婚式に雨が降るスピリチュアル的意味

結婚式はブーケトスやフラワーシャワー、集合写真やガーデン挙式など、屋外でのイベントがたくさんありますよね。

だからこそ雨は嫌がられがち。

ですが!結婚式に雨が降るのはとてもいい意味の表れなのです。

二人の関係が強固なものになる

「雨降って地固まる」という言葉があります。

「雨が降った後で地面がより固くなるように、トラブルなどがあったことでかえってよい結果になるということ」という意味です。

結婚式の雨は「雨降って地固まる」を示唆しています。

二人の絆がより強固なものになる、ということを表しているのです。

実際、「雨の結婚式」というトラブルを乗り越えた二人は、より仲を深めることができるのかもしれませんね。

神様の祝福が降り注ぐ

先述した通り、雨は神様からの祝福とも考えられています。

そんな贈り物が結婚式当日に降り注ぐなんて、とても縁起がいいと思いませんか?

神様も二人の門出を祝福しているのです。

参列者が新郎新婦を祝福する「フラワーシャワー」は雨を模したものです。

結婚式のイベントの中にも「雨は祝福」という考えが生きているのですね。

結婚式の日に雨が降ったら、それは神様から祝福されている証拠です。

天気雨のスピリチュアル的意味

「雨」とひとくくりにしても、色々な降り方があります。

その中の一つが「天気雨」ですね。「狐の嫁入り」とも呼ばれています。

空は晴れているのに降る雨のことです。不思議な現象ですよね。

この天気雨には別途、様々なスピリチュアルな意味が含まれています。

こちらの記事でまとめておりますのでよかったらご覧ください。

天気雨・狐の嫁入りのスピリチュアルの意味とは?縁起がいいって本当?

デートの日にいつも雨が降るスピリチュアル的意味

デートに日に限って雨が降る・・・。

そんな雨男さん、雨女さんはいませんか?

雨女・雨男というと歓迎されない傾向があったり、本人たちも自嘲気味に自称したりしていますが、実は雨女・雨男は神様に祝福された存在、と解釈できるのです。

いつも雨に見舞われる人は「龍付き」といって、龍の神様が付いているのです。

雨に降られるということで運がないと思っているかもしれませんが、龍神が付いていることでとても運がよく、そして守られているのです。

いつもデートで雨が降るということであれば、パートナーが「龍付き」なのかもしれません。

「龍付き」は一緒にいる人の運気もあげてくれますから、 そのパートナーを大事にしてください。

また、デートの日に雨が降るというのは、相合傘や雨宿りなど、スキンシップの機会が増えるため「デート成功」のジンクスでもあります。

お墓参りで雨が降るスピリチュアル的意味

先述の通り、雨には浄化の意味がありますから、お墓参りの日としても最適です。

浄化された環境でご先祖様と向き合うことができます。

欲やわだかまりがなくなった素直な心でご先祖さまや思い出と向き合うことができる、有意義な時間となるでしょう。

神社・お寺と降る雨と同じで、神様・ご先祖様から歓迎されているという意味もあります。

神様はもちろん、ご先祖様に歓迎されているというのは、とても嬉しいですね。

ただ、滑りやすくなっていますから、足元には気を付けてください。

雨の日を楽しむ過ごし方4選

雨の日は恵まれた一日になるということが分かりました。

浄化作用と神様の祝福があるということで、精神的に充実した一日にしたいものですね。

とは言え、晴れている日に比べると行動制限がかかるのもまた事実です。

どうすれば雨の日を楽しく過ごすことができるでしょうか。

ここではおすすめの雨の日の過ごし方を4つ、ご紹介します。

室内で趣味を楽しむ

皆さんは室内で楽しむ趣味をお持ちですか?

読書や絵画、ゲームと言ったインドア趣味が代表格でしょうか。

部屋の中で楽しめる趣味は雨の日に持ってこいです。

外に行けないからこそ、時間を忘れて没頭できますよね。

インドア系の趣味ばかりでなく、ヨガや筋トレなどの体を動かす趣味もいいですよね。

ヨガや筋トレなどの運動ならば家の中でもできます。

雨の日でも問題ないですね。

大事なのは自分の心がそれを楽しんでいるか、ということです。

ずっと一つのことをやり続けるのもいいですが、「疲れてきたな」と感じたら違うことを始めるのも心のセットアップに有効です。

自分の心がどう感じているか、常に観察しましょう。

身の回りを見直す

雨の日は部屋にこもりがちですか、こんな時こそ日ごろの生活を見直すチャンスです。

部屋の掃除、家計の見直し、断捨離などなど。

浄化作用がある雨の日ですから、身の回りを浄化するのにももってこいです。

「雨の日は外に行けないから嫌だ」と思うあなたは、どうして外に行けないと嫌なのか振り返ってみましょう。

自分の家というのは、本来であれば安心と安らぎを覚える場所のはずです。

どうして家にいたくないのでしょうか?

家が汚いからでしょうか。しなければいけないことを放置しているからでしょうか。家族関係がうまくいっていないからでしょうか。

何かしら原因があるでしょう。

そういった負のエネルギーを洗い流すのが雨の日の役割です。

「いつか向き合わなければならない問題」もこの機会に洗い流してしまいませんか。

スキルアップの時間

家で過ごす時間が長くなる雨の日は、自分磨きに時間を費やすのもいいですね。

家でできる自分磨きと言えば、資格の勉強や美容の徹底などがあります。

今の自分に何が足りないのか、これからの自分に何があれば魅力的なのか。

そういったことを振り返って、資格の取得に向けて動き出すのもいいですね。

もしくはこの機会に肌の調子や身体のラインを気にしてみましょう。

忙しい日々の中で蓄積されたクマやシミ、脂肪はありませんか?

浄化作用を持つ雨の一日は、身体にたまった疲れをデトックスする日としても相応しいです。

いつもより長めに肌のケアをしたり、ゆっくり半身浴に浸かるのもいいでしょう。

屋内施設に出かける

雨だからといって外に出かけることを諦める必要はありません。

雨でも楽しめる屋内施設はたくさんありますよね。

友人や家族など、何人かで楽しむなら映画館やボーリングなど、楽しいですね。

最近は複合レジャー施設もあり、一日中遊びつくすこともできます。

一人で出かけるなら美容院やお気に入りのカフェなどもあります。

いつか行ってみたいと気になっていたお店に足を運ぶのもわくわくしますね。

寒い時期だと銭湯や温泉もおすすめです。

ゆっくり温まって、身も心も浄化されましょう。

大事なのは、わくわくするような場所や、気持ちが高められるスポットにでかけることです。

誰かに相談したいときは電話占い「カリス」がおすすめ

ここままで雨が降った時の様々なパターンのスピリチュアルな意味をご紹介してきました。

でも、他にも「こんな事があったんだけど……、もしかして何かの前兆かな?」と悩むときもあるでしょう。

一人で悩んでいると不安になってきたり、もやもやしてしまうかもしれません。

そんな時、「誰かに話を聞いてもらいたいけど、デリケートな話だから知り合いには話しにくい」と思ったりしますよね。

そんな時は、電話占い「カリスがおすすめ。

カリスは、個性ある占い師が多数在籍する電話占いで、老若男女さまざまな方が鑑定を依頼しているサービスです。

中には雑誌などのメディアで活躍する「カリスマ占い師」と呼ばれる先生達も在籍していますよ。

その鑑定実績は100万件以上で、24時間対応可能。

もちろん気になる先生を選んで相談ができるので、親身に丁寧に話を聞いてくれます。

初めての方は2400円分、最大で10分間無料で相談する事ができるのも嬉しいポイントですね。

気になる方は、まずは無料相談してアドバイスをもらってみるのもいいでしょう。

最大10分間の無料相談ができるカリスはこちら

PR:ティファレト

まとめ

雨の日のスピリチュアルな意味と、おすすめの雨の日の過ごし方をご紹介してきました。

雨のイメージが随分変わったのではないでしょうか。

嫌がられがちな雨ですが、必要な現象であり、神様から人間への贈り物でもあるのです。

日本には梅雨という雨ばかりの期間がありますが、これも世界が浄化される期間だと思えば嫌な気持ちがしませんね。

清々しい気持ちで夏を迎えられそうです。

そして雨の日は自分の心をセットアップするいい機会です。

雨の浄化作用をうまく使って、日ごろの疲れや憂いをリセットし、また明日からの日々を前向きに過ごしましょう。

みなさんの雨の日がハッピーになる参考になれば幸いです。

 

 

関連記事