中学の同窓会って格差が出るの?体験談や行きたくない時の断り方は?

中学生のときに一緒だったクラスメイトと、同窓会をすることはありませんか?

『仲の良い人だけの集まり』

『クラス全体の集まり』

それぞれ違いはあると思いますが、昔の話で盛り上がるので、よく参加する人もいるのではないでしょうか?

ですが、必ずしも楽しいことばかりではないようです。

中には、

『格差を感じるから行きたくない』

と考えている人もいるのではないでしょうか?

確かに、学生時代は気にならなくても、

『その後の学歴や職歴、収入などでは格差が生まれる』

ことも多いでしょう。

今回は、そんな、

『中学の同窓会で起こる格差について』

紹介していきます。

当てはまる人もいると思うので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学の同窓会は格差がすごい?

引用元:https://pixabay.com

それでは早速、

『中学の同窓会での格差』

について紹介していきます。

格差が出来やすいと言いますが、何が違ってくるのでしょうか?

これは、

『現在の収入が関係している』

と言えるのです。

中学卒業後、有名大学に進学している人は、

『かなりモテることが多い』

というのは、実際に同窓会で見たことがある人もいるのではないでしょうか?

高学歴の人は、大体、

『高収入の職業』

になっていることが多いので、女性はそれに食いつくのでしょう。

なんだかんだ言っても、

『経済力が高い人間』

は、女性にモテやすいです。

女性は、本能的に、

『自分と自分の子供を守れる男性を選ぶ』

という習性があります。

昔は肉体的に強い人がモテたでしょうが、現在は、

『裕福かどうかが、強さの基準』

となっています。

優しさだけでは、生きていけないのです。

もし、自分と相手の収入に差があり、相手がモテモテの場合、

「もう帰りたい」

と考えるのも、当然だと言えるのです。

中学の同窓会の体験談

引用元:https://pixabay.com

格差が激しいのは、収入のせいもあるということを簡単に紹介しました。

では、

『実際に中学の同窓会に参加した人』

はどう思っているのでしょうか?

いくつか紹介していきたいと思います。

高学歴組がいなくなると、女子もいなくなる

高学歴組が、明日仕事と言った瞬間に女子がいなくなったという意見です。

あまりにも露骨すぎて、逆にすがすがしいですね。

年収格差が激しすぎた

年収格差が、開きすぎていたという意見です。

こんなものをランキング形式で発表されても、気分が悪くなるだけですね。

中学の頃に悪さをしていた同級生が、本当に前科持ちになっていた

別の意味で、格差が出来ていたという意見です。

これは、ちょっと付き合い方を本気で考えてしまいますね。

力関係が逆転していることを、受け入れられない人がいる

力関係が完全に逆転しているのに、それを受け入れられない人がいるという意見です。

暴れ出すと、目も当てられませんね。

知らない人が多くいた

そもそも会ったことがないという人が多くいたという意見です。

なかなかそういう人とは、お互い何を話せば良いかわからず、

『気まずい雰囲気』

が流れてしまいますよね。

高学歴だからといって、モテるとは限らない

高学歴が必ずモテるとは限らないという意見です。

ただ単に、高学歴になれば良いというわけでもないようですね。

昔はあまり話せなかった人と、話せるようになった

昔あまり話せなかった人と、今では話せるようになったという意見です。

悪いことばかりでもないという意見があるのは、ある意味救いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学の同窓会に行きたくない人の理由は?

引用元:https://pixabay.com

中学の同窓会に、実際に行った人の意見を聞いても、

『格差が酷い』

という意見がなかなか多かったですね。

それでは、

『そもそも中学の同窓会に参加したくない人』

の理由は、どのようなものがあるでしょうか?

いくつか紹介していきます。

自慢話を聞きたくない

格差が生まれると、中には、

『自分の自慢話を始める人』

が少なからず出てきます。

人は、基本的に、

『人の自慢話を聞くのが嫌い』

という人が多いですよね?

あまり親しくない人であれば、笑って流せるかもしれませんが、

『よく知っている人』

が、久し振りに会って自慢話を始めると、かなり頭に来ます。

「そんなに格差を自慢したいのか。」

という心境になり、二度と行きたくないと考える人も出てきます。

もし、同窓会に行っても、

『自慢話だけはしない』

ことを、肝に銘じておいた方がよいでしょう。

会費が高い

小さな同窓会ならそこまで高い会費は取られないのですが、大きいものになると、

『7,000~8,000円』

くらいの会費になることもあります。

そこまで高くなると、払う方も、

『参加するかどうか悩む』

という人はいるでしょう。

特に、

  • 嫌いな人がいる。
  • そもそも、あまり参加したくない。

 

という人には、かなりきつい金額です。

参加する人はするでしょうが、痛い出費になることは間違いないですね。

昔、付き合っていた人に会いたくない

中学の頃に、

『誰か付き合っていた人がいるとき』

も、あまり参加したくないという人が多いです。

久し振りに会って、

『相手が結婚していたとき』

などは、かなり気まずいですよね。

お互い気まずくなってしまうことが多く、何を話していいのかもわからなくなります。

逆に、

『お互い独身の場合』

は、当時の気持ちを思い出して再度付き合うといったこともあるようです。

参加していいかどうかは、微妙なところですね。

どんな服装をしていけばよいか、わからない

同窓会の会場が、

『かなり立派なホテルなどの場合』

なども、少し参加を躊躇することがあるみたいです。

ドレスコードなどがあると、さらに活きたくなくなる人も多いみたいです。

中学の同窓会などは、

『なるべく気楽な格好』

で、当時のように楽しく過ごしたいという人もいます。

何を着ていこうか悩むよりも、そんなことを気にしないで済む、

『仲の良かった人とだけで飲みに行く方が良い』

と考え、参加しない人もいるみたいですね。

知らない人が多いので、行きたくない

規模が大きい同窓会になると、

『中学時代、一度も会ったことがない』

という人も、数多く参加していることもあります。

その場合、

『知らない人とも、話さなくてはならないことがある』

ため、人見知りがある人などには、かなりきついです。

特に、

『別の遠い地区から転校してきた人』

などは、

『ほとんど知らない人ばかりが来る同窓会』

にも関わらず、参加することになります。

そうなると、気まずさだけが残り、全く楽しめないことは明白です。

お金を払って、

『ただ気まずくなりに行く』

なんて嫌ですよね?

そういった人が同窓会に参加したくないのは、当然です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

同窓会を断るには、どうすればよいか?

引用元:https://pixabay.com

どうしても、中学の同窓会に行きたくないとき、

『どのように断るのがよいのか?』

これで悩む人も、かなりいるのではなないでしょうか?

普通に断れれば良いのですが、なるべくなら角が立たないようにしたいですよね?

下記記事にて、同窓会を上手く断る方法を詳しく紹介しています。

⇒『同窓会に行かない・行きたくない理由と断り方!欠席時の返信はがきの書き方は?

これを見れば、どのように断れば良いかが詳しく説明されているので、

『断り方が分からない』

という人は、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

『中学の同窓会って格差が出るの?体験談や行きたくない時の断り方は?』はいかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『中学の同窓会は、他の同窓会よりも格差を感じやすい』

ということが言えるでしょう。

実際問題、

『収入を誰かと比べること自体、あまりセンスがあることではない』

ということを覚えておいてください。

もし、同窓会で格差を自慢する人や、それに寄って媚びを売る人がいるならば、

『その人たちと付き合う価値はない』

と考えて、大丈夫です。

人の価値はお金では決まらず、生き方で決まるということを胸に刻み、

『同窓会でも堂々としている』

ことをおすすめしますよ。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*