カメムシとパクチーの因果関係を探る!【色や臭いが似ているだけ?】

健康食材として、かなり人気があるものに、

『パクチー』

があります。

このパクチーですが、噂では、

『カメムシと同じ臭い』

と言われているのです。

これを聞くと、いくら体に良いパクチーでも、

『あまり美味しく食べられない』

という人がいるでしょう。

ですが、実際のところ、

『カメムシとパクチーの間に、因果関係があるのか』

については、あまり知られていないのが現状です。

そこで、今回は、

『カメムシとパクチーに因果関係はあるのか』

について紹介します。

繋がりをよく知っておき、ぜひ参考にしてみてください。

カメムシとパクチーの臭いが似ている原因とは?

引用元:https://pixabay.com

カメムシとパクチーの関係が騒がれ始めた原因は、ひとえに、

『似たような臭いを発しているから』

だと言えます。

そのため、双方の因果関係を調べるなら、

『臭い成分を調べる』

ことが、最も重要となるでしょう。

カメムシの臭い成分はパクチーと同じ

カメムシの臭い成分は、主に、

『アルデヒド』

と呼ばれるものが関係しているとされています。

主な成分としては、

  • (E)-2-hexenal
  • (E)-2-octenal
  • 4-oxo-(E)-2-hexenal
  • (E)-2-hexenyl acetate
  • (E)-2-octenyl acetate

などがあります。

この成分のうち、

『al』

とついている部分が、アルデヒドを表すものとなります。

そして、次にパクチーの成分ですが、

  • decanal
  • (E)-2-decenal
  • (E)-2-undecenal
  • 2-dodecenal
  • (E)-2-tetradecenal

となります。

これらの成分を見ると、カメムシと同様、

『al』

があるため、同じ臭い成分を出していることが分かるのです。

カメムシとパクチーの成分は、それぞれ、

『全く同じとは言えない』

のですが、構造が似ている分、同じような臭いとなっているようです。

これにより、少なくとも、

『臭いに関しては、カメムシもパクチーも同じ系統に分類される』

と言えるでしょう。

カメムシとパクチーは、それぞれ何か関係があるのか

引用元:https://pixabay.com

カメムシとパクチーの臭いが、

『成分から見ても、同じようなもの』

ということを紹介しました。

そのため、これまで噂されてきた、

『パクチーがカメムシの臭いを発している』

という話は、あながち間違いではないことが分かりました。

では、それ以外の要素で、

『カメムシとパクチーの因果関係』

を証明できるものはあるのでしょうか。

臭いが同じでも、カメムシとパクチーに直接的な関係はない

引用元:https://pixabay.com

結論から言うと、現時点、

『カメムシとパクチーの因果関係を示すものは存在しない』

ということが言えます。

臭い成分だけ見ると、確かに似ている部分が多いのですが、これは、

『他の食材や生物にも同じことが言える』

ため、明確な因果関係の証明にはならないでしょう。

実際、カメムシに関しては、

『パクチーのように食べられることは少ない』

ため、これだけでも違いが出ています。

また、これまでの進化の過程に関しても、

『カメムシとパクチーは、全く違う生態系を辿っている』

ことから、直接的な関係は、ほとんどありません。

また、臭いが同じと言っても、

『カメムシの種類によっては、全く違う臭いがする』

こともあり、これも直接的な関係があるとは言えないのです。

色と臭いが似ているため、パクチー=カメムシと連想してしまう

引用元:https://pixabay.com

本来、パクチーがカメムシと同じ臭いがするとされたのは、

『誰か1人がそう感じた結果』

となります。

それが、いつの間にか世間に広がり、

『メディアなどで放送された』

ため、カメムシ=パクチーの構図が生まれていったのです。

さらに言うと、

『カメムシとパクチーの色は、緑色という共通点がある』

ため、これも関連性を匂わせる原因となっています。

実際のところ、臭い成分と色が似ているだけで、

『カメムシとパクチーには、ほとんど関係がない』

のですが、世間はそんなことを気にしません。

1度出てしまった疑念は、さまざまな人の脳裏に焼き付き、

『人の数だけ考察を生んでしまう』

のです。

こうしたことは珍しくないのですが、

『こうした情報に惑わされない』

ことで、カメムシとパクチーを別々に見ることが出来るでしょう。

せっかく、体に良いパクチーなのだから、

『気分よく食べる』

ようにしてみてください。

臭いに惑わされず、パクチーを食べる方が良い

引用元:https://pixabay.com

カメムシとパクチーの臭いは、

『よく嗅いでみれば、似ていることが分かる』

ものです。

ですが、人の味覚は、

『先入観と嗅覚』

で変わることが多いことも、考慮しておくべきでしょう。

そのため、パクチーをよく食べる人で、

「カメムシと同じだと思いたくない」

と考えるなら、まずはこの2つを遮断するようにしてください。

カメムシとパクチーの共通点を遮断するなら、

  • 別の野菜と混ぜる
  • 臭い消しをする
  • 鼻をつまむ

などの方法があります。

これらを実践すれば、

『味や臭いを認識しづらくなる』

ため、美味しくパクチーを食べることが出来るでしょう。

これは他の食事にも使えるため、ぜひ試してみてくだささい。

パクチーの和名が『カメムシ草』というのは間違い

引用元:https://pixabay.com

カメムシとパクチーを関連つけているものの中に、

『カメムシ草』

があります。

これは、

『パクチーの和名がカメムシ草』

であるといった噂から来たものです。

ですが、実際問題、

『パクチーの和名は、カメムシ草ではない』

ため、信じないようにしましょう。

パクチーの和名は、

『コエンドロ』

です。

この言葉は、ポルトガル語である、

『コエントロ』

が元になっているとされています。

このように、パクチーには、

『和名の点から見ても、カメムシとの関係はない』

ことを、これを機に知っておきましょう。

コリアンダーの和名は『カメムシ草』

引用元:https://pixabay.com

パクチーの名前は、カメムシとは関係ないと紹介しました。

ですが、よく知るパクチーとは別に、

『コリアンダー』

と呼ばれるものがあります。

これは、パクチーの、

『種子』

を乾燥させたものですが、これがカメムシと関係があると言うのです。

それは、コリアンダーという名称が、

『カメムシから来たもの』

だからとされています。

コリアンダーの名称を分解すると、

  • koris=カメムシ
  • annon=香辛料の名称

となります。

そして、これらを繋げると、

『Koriannon』

となり、これがコリアンダーとなっていったのです。

こうした話があるため、

『カメムシとパクチーには、因果関係がある』

と言われるのです。

ですが、この話は、

『信憑性が不明』

であるため、実際の真実がどうなっているかは分かりません。

そのため、あくまで、

『関係しているかもしれない』

という認識を持っておけば良いでしょう。

カメムシとパクチーは、別物と考えるのが無難

引用元:https://pixabay.com

カメムシとパクチーの因果関係について紹介しました。

ここまでの内容を見ると、

『あくまで印象が同じように感じたから広まった話』

だと言えます。

そのため、結局は、

『自分がどう受け取るか』

ということが重要になると言えるでしょう。

カメムシとパクチーは別物という自覚を持っておく

実際のところ、

『カメムシは昆虫、パクチーは植物』

であることに間違いはありません。

それが、色や臭いが似ているという点だけで、

『カメムシ=パクチー』

の図式が広まってしまったのです。

気にならない人であれば、特に問題はないのですが、

『カメムシの強烈な臭い』

を知っている人は、どうしても連想してしまうことになります。

1度根付いた先入観は、なかなか消えるものではありませんが、

『カメムシはカメムシ、パクチーはパクチー』

と考え続けることが、これらの区別を容易にする近道となります。

実際、パクチーがカメムシと同じ臭いという事実を知って、

『パクチーが苦手になった』

という人もいます。

ですが、これでは、

『カメムシ・パクチー双方にとって良いことはない』

でしょう。

何事もそうですが、ありのままを見定めるには、

『目の前にある事実だけを直視する』

ことが重要です。

カメムシ好きも、パクチー好きも、

『双方が嫌な思いをしないようにする』

ためにも、今回のことを参考に考えてみてください。

まとめ

『カメムシとパクチーの因果関係を探る!【色や臭いが似ているだけ?】』

いかがでしたか。

今回のまとめとしては、

『現時点、カメムシとパクチーに因果関係はない』

ということが言えます。

実際問題、カメムシとパクチーは、

『さらに生態系を遡れば、因果関係があるかもしれない』

のですが、現在では関係はないと言えるでしょう。

もし、

『カメムシ=パクチー』

と思っている人は、この認識を改めることをおすすめします。

カメムシとパクチーを、

『それぞれ好きな人が納得できるようにする』

ことで、偏見なく接することが出来るでしょう。

この記事を読まれた方は下記の記事もおすすめです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事