カラスがついてくる理由は何故?対処法や実際の動画を紹介

街を歩いていて、

「あれ?何かがついて来る気がする・・・」

パッと見ると、

「なんだカラスか、ビックリしたな」

と思って歩き出す。

するとカラスが後ろを付いて来る。

そんな経験はありませんか。

そのカラス、様々な理由があって付いて来るようです。

今回はその理由と対策について解説していきます。

カラスが後ろについてくる…なんで?


引用元:https://pixabay.com

結論から言うと、カラスが後ろについてくる理由ははっきりとはわかっていません。

カラスの行動には未知な部分が多く解明されていない行動もたくさんあります。

しかし様々な研究によって解明されつつある部分もあるのです。

カラスは頭がいい

カラスは非常に頭が良い動物で、その脳の大きさは体の大きさとの比較で言うと人間と同じくらいだといわれています。

そして人の判別もできるほどで、少なくとも1年間は記憶が残っているそうです。

つまり、こちらに覚えがなくても、以前にあったことがあってその時の記憶を元に人に付いてくる可能性があります。

また、以前に攻撃されたような記憶が残っていると仕返ししたりしてくることもあります。

他にも、頭が良いゆえに「遊んでくれ」といって近ついてくることもあります。

カラスは好奇心旺盛

カラスはとても好奇心が旺盛で頭が良いことから、人間の子供と同じような行動を取ることがあるようです。

単に遊んで欲しかったり、何か興味をそそる物を持っていたりすると近付いてくる可能性があります。

特にカラスは光るものに興味を持つ傾向があり、太陽の光がジュエリーなどに反射したりすると好奇心旺盛なカラスを引き寄せてしまいます。

持ち物や行動には気を付けましょう。

カラスは警戒心が強い

カラスは繁殖期になるととても警戒心が強くなります。

基本的にカラスは高いところに巣を作りますが、歩道橋など人の往来があるところに作ってしまうこともあります。

その付近を人が通ったりすると威嚇してきたり攻撃してきたりすることがあります。

つまり威嚇としてついてきている可能性もあるので気を付けましょう。

ちなみに普段は「カァー、カァー」と鳴きますが、威嚇するときは「ガァー、ガァー」と濁った声で鳴きます。

カラスが醸す雰囲気を捉えて警戒心を高めないようにしましょう。

カラスがついてきたらどうすればいい?


引用元:https://pixabay.com

そのまま放っておく

恐怖心が無いなら放っておくのが一番です。

カラスが警戒している場合、近付いて来るということは基本的にカラスの後方に巣や餌があったりします。

この場合は、離れて行くことになるので一定の距離を置くことができればカラスも安心して戻っていきます。

カラスが好奇心で付いて来ている場合、無視して放っておけばカラスも気が済んで立ち去っていきます。

攻撃したり逃げたり目を合わせたりせず、無視しているとカラスも「この人はつまらない人だな」と認識して今度から付いて来たりしなくなります。

異常行動をする

学習能力の高いカラスは、人間の通常の行動には耐性がついているものです。

好奇心旺盛でよく人に付いて行くカラスだと、その場から離れたり、追い払う動作程度では逃げなかったりします。

大声を出したり、物を投げたり、水をかけたりと普段の追い払い方と違う方法を取るとカラスの方から立ち去ってくれます。

警戒心の強いカラスにとって、経験したことのない奇怪な行動は嫌がります。

しかしそれらはカラスに対して攻撃したと見なされる場合があるので、家や職場の近所など生活範囲内では気を付けましょう。

その場から離れる

どうしても放っておくことができず、嫌なときはすぐにその場から離れましょう。

ただ離れ方に注意しなければいけません。

これは一概に言えることではありませんが、よく「熊に遭遇したら、目を合わせたまま後退りしろ」といいますが、カラスが近ついてくるには様々な理由があります。

その理由によって立ち去り方に良し悪しが出ます。

例えば、目を合わせたまま立ち去る、目を合わせずに立ち去る、走って素早く立ち去る、歩いてゆっくり立ち去るなど。

その場その場で落ち着いた行動を取る必要があります。

ただどちらにせよバタバタと怯えながら逃げ去るのは、カラスの好奇心にも警戒心にも触れてしまいそうなのでやめましょう。

実際にカラスがついてきた実例を紹介

「逃げたら、カラスが後を追ってついて来る・・・。」

カラスがゆっくりと「だるまさんが転んだ」のようについてきます。

ゆっくりと飛び跳ねて近付いてきます。

少し進むと同じように少し近付いてきて、こんな感じで近付いてくると少し可愛く見えてしまうかもしれませんね。

「カラスが車に乗って付いてくる」

カラスが付いてくるのは歩行者だけではないようです。

車の荷台に乗ったまま付いて来ています。

一般的に見ると車が動き出せば飛び立ってしまいそうですが、このように付いてくることもあるようです。

3ヶ月近く毎回付いて来ることもある

最近カラスが後をついてくるようになりました。
私は石をぶつけたり追い払ったり、餌をあげたりしていないのになぜついてくるんですか?

家を出た時からついてきて、友達と待ち合わせをしているところまでついてきます。
友達と合流すると木の上や電柱を伝ってついてきます。
家に帰る時もずっと後をつけてきます。
私はカラス界のブラックリストにでも乗ってしまったのでしょうか?

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

たまに付いて来ることがあったり、様々な場所でそういう経験をする人もいるようですが、毎回同じ場所で、何度も何度も同じように付いて来ることもあるようです。

家を出るところから待ち合わせ場所までの間、同じようについて来ることもあるようで、これはカラスにとってもルーティン化しているように思います。

原因はわかりませんが、何かカラスにとっても「付いて行く理由」があるのでしょうね。

これがカラスではなくスズメやリスだったら嫌がられることはないのでしょうね。

まとめ

カラスにも遊びたいときもあれば、イライラしているときもあります。

それは人間も同じで「家族を守りたい」という気持ちは慎ましいものです。

それに対して人間が嫌悪感を抱くのは防衛本能として仕方ないことではありますが、少しだけカラスの気持ちになってみてください。

警戒心を与えてしまった時は、「邪魔してごめんね」と優しい気持ちで接してあげましょう。

理解し共存する気持ちを持つことで、変に警戒心を煽ることなくお互いにとって良い関係を築けるかもしれませんね。

ただそれで好かれてしまうと、好奇心をくすぐってしまって、結果的にカラスが付いて来てしまうなんてことになるかもしれませんね。

関連記事