セーター・ニットのチクチクの原因と解消法!チクチクしない素材も紹介

ニットを着ていて首や腕がチクチクムズムズはもううんざり…。

いくら気に入ったデザインのものでもチクチクすると、着たくなくなってしまいます。

できればチクチクを解決して、好きなニットを気持ちよく着て冬を過ごしたいですね。

本記事ではニットのチクチクの「原因・対策」をご紹介いたします。

スポンサーリンク

セーター・ニットがチクチクする原因


引用元:https://pixabay.com

セーター、ニットがチクチクする原因は、主に「お肌」「素材」にあります。

それぞれ以下に詳しく見ていきましょう。

肌の乾燥

ニットを着ていてチクチク、ムズムズしてしまう大きな原因の一つは肌の乾燥です。

空気の乾燥する秋冬は、お肌もまさに毎日乾燥状態。

乾燥したお肌は、外からの刺激に対して大変弱い状態です。

ニットの繊維の刺激にも、過敏に反応してしまうんですね。

特にアトピー性皮膚炎の方はニットやセーターの素材に反応して、強い痒みが起こってしまうことがあります。

肌の乾燥がチクチクの原因ということですが、実はその正反対の汗で湿ったお肌もチクチクを引き起こしてしまうんです。

汗でじめじめとしたお肌もやっぱり外からの刺激に敏感です。

湿って弱まった状態のお肌に、ニットやセーターのチクチクが強い刺激になってしまうんですね。

素材

引用元:https://pixabay.com

肌に触れるニットやセーターの素材も、チクチクの大きな原因の一つ。

繊維が太い素材ほど、チクチクを引き起こしやすくなります

ウール(羊の毛)でごわごわした手触りのものは繊維が太く、チクチクしやすいニットが多いです。

一方、ポリエステルやナイロンなど化学繊維でできたセーターは、ウールほどチクチクを引き起こしません。

ポリエステルのコートの特徴や洗濯方法!100%は毛玉もついて寒い?

ただしセーターとして重要な暖かさという点では、ウールには負けてしまいます。

また天然素材ならではの風合い・質感を大切にしたいという方にとっても、化学繊維ではやはり力不足になってしまいますね。

ウールでチクチクしないセーターがほしい方にはメリノ種やカシミヤなどの高級な素材がおすすめ。

メリノ種やカシミヤなどのウールは繊維が細かいので、肌触りが良いだけでなくチクチクを避けたいお肌にとっても嬉しい上質な素材と言えるでしょう。

セーター・ニットのチクチクをなくす方法

引用元:https://pixabay.com

上記の内容をまとめると、

  • ごわごわしているウールはチクチクを引き起こしやすい
  • 高級素材のメリノ種やカシミヤはチクチクしずらい
  • ポリエステルなど化学繊維もチクチクしずらい

ということになりますね。

でも手持ちのニットをすべてカシミヤで揃えるほどの余裕はないし、ポリエステルやナイロンのニットばかりというのもなんだか寂しい…

やっぱりウールのニットのざっくりした質感も魅力的ですよね。

ではどうしたらチクチクを避けて快適に着られるでしょうか?

これからセーター・ニットのチクチクをなくす方法をいくつか紹介したいと思います。

インナーを着用して肌に触れさせない

まず言えるのがチクチクの原因となるセーターの素材に直接肌を触れないようにするということです。

一番物理的な解決案ですね。

そのために必要になるのがセーターとお肌の間に一枚はさませるインナーになります。

インナーがチクチク素材からお肌を守るバリアの機能をしてくれるわけですね。

インナーを着用して、お肌をセーターのチクチクから守ってあげましょう!

コットン、シルクなどの天然素材のインナーは、通気性がよく肌にもやさしいです。

それでもチクチクに反応してしまう場合はポリエステルなど化学繊維のインナーを着用することをおすすめします。

こちらは男女兼用でおすすめのインナーです。

吸水速乾性に優れ、オールシーズン活用できます。

 

ボディクリームで肌を保湿

肌の乾燥は、セーターのチクチクを感じてしまう大きな原因でもありましたね。

ボディクリームでお肌を保湿して乾燥をふせぎ、チクチクに負けないコンディションを保ちましょう!

保湿クリームの定番といえばニベアですね。お手頃価格でたっぷり使えます。

 

ゆったりシルエットのニットを着る

せっかくインナーを着ていても、体に密着するセーターではインナーのバリアを抜けてチクチク繊維が肌を刺激してしまいます。

また摩擦は、肌のコンディションの悪化も招いてしまいます。

ゆったりシルエットのニットを選び、肌との摩擦を防ぎましょう。

体に密着しないゆったりシルエットのセーターなら、体が熱くなりすぎないので汗も防げます。

また、ゆったりしたデザインは、最近の流行でもあります。

こちらはレディースのゆったりセーター。
色はピンク・ミントグリーン・オフホワイト・グレーから選べます。

 

こちらはメンズ用のセーター。20色と豊富に色を取り揃えています。

アクリルニットを採用しており、チクチク感のないセーターです。

 

スポンサーリンク

チクチクしないニット・セーターの選び方

引用元:https://pixabay.com

ここからは、チクチクしにくいニットの素材をご紹介いたします。

どんな素材のニット・セーターがおすすめ?

カシミヤ

チクチクしない素材を選ぶならカシミヤがやっぱりおすすめです。

値段は貼りますが軽くて暖かい上に肌触りもいいので、寒い冬でも快適に過ごすことができますよ。

一度は試してほしい素材ですね。

・メリノ種

品種改良した羊(メリノ種)の羊毛が使われたニットは、しなやかでチクチクしないという特徴があります。

またカシミヤよりもお手頃な価格で購入できますので、おすすめです。

チクチクしないニット・セーターのご紹介

こちらではカシミヤとメリノ種でそれぞれおすすめのニットをご紹介いたします。

・レディース用のカシミヤニット

 

こちらはレディース用の100%のシンプルなニット。とてもきれいな6色展開です。

スカートにもパンツにも合うので、オンオフで活躍しそうです。

・メンズ用のカシミヤニット

こちらはメンズ用のカシミヤ100%のニット。

シンプルなタートルネックなので、様々なコーデが可能ですね。

ネイビー、ライトグレー、エンジから選べます。

 

・レディース用のメリノ種カーディガン

 

こちらはレディース用のメリノ種のカーディガン。
お手頃な値段ながら、肌触りがよく着心地が良いと人気の商品です。

ネックラインが4タイプから、色は20色と計80種類のバリーエーションから選べます。

 

・メンズ用のメリノ種のニット

 

こちらはメンズ用のメリノ種素材のニット。

保湿性を保ちながら軽量な素材なので、秋や春におすすめのニットです。

肌触りもやさしいのでチクチクしないのもいいですね。

色は5種類から選べます。

まとめ

いかがでしたか?

ニットのチクチクの原因と対策がわかれば、ずっと着たかったあのニットも着れるかもしれませんね。

今年の冬はチクチクを気にせず冬コーデを楽しんで下さい(^^)

縮んだセーターを元に戻す方法はこちら

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*