中学生の彼氏とはどこまでOK?健全な付き合い方や彼氏の気持ちを確かめる方法は?

中学生で彼氏が出来たという人は、今の時代、

『あまり珍しいことではない』

と言われています。

それほど、今と昔の恋愛事情は違っており、

『彼氏がいるのは当たり前』

だということです。

ですが、中学生の恋愛と言っても、

『どこまでやって良いのか分からない』

という人も多いでしょう。

そこで、今回は、

『中学生の彼氏とは、どこまでやって大丈夫なのか』

について紹介します。

健全なお付き合いをしたい人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学生の彼氏とは、どんなことまでして良いのか?

出典元:https://pixabay.com

中学生で彼氏を作っている人は、

『自分にも彼氏が出来て嬉しい』

と感じているでしょう。

ですが、実際には、

『彼氏とは、どんなことまでなら大丈夫なのか』

と悩んでいる人も多いと思います。

ここでは、彼氏としても良いと考えられることを紹介していきます。

キスまでなら良い

せっかく彼氏が出来たのであれば、

『相手とキスをしたい』

と考えるのは当然のことだと思います。

むしろ、中学生が付き合ったときの話題は、

『彼氏とキスをしたかどうか』

ということが多いようです。

もちろん、キスをすることはカップルなら当然なので、

『キスまでなら、しても良い』

でしょう。

ですが、ここで注意することとして、

『それ以上の行為は絶対に避ける』

ということが言えるでしょう。

中学生は、これからどんどんん、

『思春期真っ盛り』

となっていく年代です。

当然、様々なことに興味を持つわけですが、それは、

『キスの先も例外ではない』

と言えるでしょう。

これが大人の恋愛であれば、

『好きなようにやれば良い』

と言えるのですが、中学生は、

『まだ、自分で自分の責任を取れない』

ため、今後の人生に影響が出る行為は避けなければなりません。

キスの先に行くことは、とても簡単なことですが、

『それから先は、人生の責任が取れる人しかやってはいけない』

ことなのです。

中学生は、いくら精神が大人になっても、

『親の保護で暮らしている』

ため、社会に1人で出て生きることはかなり難しいです。

その為、まずはやることをやって、

『1人で生きていけるようになる』

ことで、初めてキスの先に進むことが出来ると言えます。

まだまだ、時期が早いので、

『中学生では、キスだけにする』

ことを肝に銘じておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

彼氏と健全に付き合うには、どうすれば良いか?

出典元:https://pixabay.com

中学生で彼氏と付き合うときは、

『キスまでにしておく』

ことを紹介しました。

では、次に、

『どうやれば、彼氏と健全な付き合いができるのか』

について紹介します。

何をもって、健全とするのか

よく聞く言葉で、

「健全なお付き合いをしています」

というものがありますが、何をもって健全かは知られていません。

ですが、この答えは、

『自分と相手の状況がどうなっているのか』

によって変わってくるものです。

今回紹介している、中学生の恋愛で言えば、

『肉体関係を除いた付き合い』

と言えるでしょう。

ちなみに、キスは肉体関係には含まず、

『子供が出来るような関係』

を、ここでは肉体関係とします。

それ以外なら、常識の範囲で健全な付き合いと言えるでしょう。

手をつなぐだけで、ドキドキするような関係が望ましい

それではどんなことなら、健全な付き合いになるのかと言えば、

『手をつなぐだけで、ドキドキする関係』

だと言えます。

たったそれだけの気持ちだと思うかもしれませんが、

『恋愛にとって、重要な要素』

となります。

今の時代、恋愛をしても、

『慣れ過ぎて、ドキドキしなくなった』

という人が多く、これでは恋愛は長続きしません。

相手と手をつなぐだけで、

『相手の気持ちが伝わって、ドキドキする』

ようになっていれば、いつまでも初心を忘れることはないでしょう。

しかも、まだまだ経験不足な人が多い中学生なら、

『手をつなぐことすら躊躇するほど、ドキドキすることが出来る』

というものです。

大人になると、こんな気持ちさえ忘れてしまいやすくなり、

『お互いに利益だけを考えた灰色の恋愛』

しか出来なくなることもあるのです。

周囲の人が、手をつなぐだけで恥ずかしがるのを見て、

『逆に恥ずかしくなる』

くらいが、恋愛にはちょうど良いと言えるでしょう。

常に恥ずかしい気持ちを忘れないくらいが、健全と言える

手をつなぐだけで恥ずかしくなる方が良いと紹介しましたが、

『一緒にいるだけで恥ずかしくなる』

くらいの方が、さらに良いです。

大人になれば、

『恥ずかしいという気持ちすら抱けなくなる』

という人も少なくないので、中学生の恋愛は大切にするべきなのです。

世の中は、

『常に健全でいられるほど、甘い場所ではない』

ことを、中学生の人は、これから嫌と言うほど味わうでしょう。

もし、世の中に1人で出て行って、

『手をつなぐだけでは、恥ずかしくなるような気持ち』

を残している人がいれば、それは貴重な存在と言えます。

大半の人は、恋愛に慣れるか、絶望するかで、

『純粋な気持ちを忘れがちになる』

のです。

子供のころのように、純粋な恋愛をすることも難しくなるでしょう。

その為、まだ世の中に染まってない中学生のうちに、

『見ている方が恥ずかしくなるくらいの恋愛』

をしておくべきなのです。

それが、本当の意味での健全な恋愛と言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

彼氏の気持ちを確かめるには、どうすれば良いか?

出典元:https://pixabay.com

自分が健全な恋愛をしたいと願っていても、

『彼氏がどのように考えているか分からない』

こともあるでしょう。

そこで、ここでは、

『彼氏の気持ちを確かめる方法』

について紹介していきます。

彼氏に直接聞いてみる

彼氏が、自分とどんな関係になりたいのか分からなければ、

『直接聞いてみる』

ことが重要になります。

彼氏に、自分とどこまでのことしたいのかを聞けば、

『気持ちに応じた答えが返ってくる』

はずです。

手をつなぐだけで良いのか、キスまでで良いのか、その先まで臨むのか。

相手の気持ちを確かめておくことは、とても重要なことです。

ですが、ここで注意することとして、

『自分の意見も彼氏に伝えておく』

というものがあります。

相手がどんな気持ちを持っているかと同じくらい、

『自分が彼氏にどこまで求めているのか』

を伝えることは重要になるのです。

お互いの気持ちを確かめておくことで、

『中学生として、どこまでやって良いのか』

を考えるきっかけになります。

一方の意見だけだと、

『その意見に引っ張られてしまう』

ため、どちらかに必ず不満が残ります。

どんな関係を望んでいるのかを知ることで、

『お互いに不満の少ない関係』

を築くことが出来るでしょう。

もちろん、先程紹介した内容の範囲で話し合うことが1番です。

それがお互いのためになるでしょう。

「キスまでだよね」と聞いてみる

先程とはちょっとニュアンスが違いますが、

『キスまでだよね』

と、彼氏に聞いてみることもおすすめです。

そして、その時の反応を見ることで、

『相手が本当はどう思っているのか』

が分かってくるでしょう。

聞いた後、彼氏がすぐに、

『そうだね』

と返せば、適度な関係を望んでいることがある程度分かります。

ですが、質問に対して、

『少し驚いたような反応』

をする場合、少し注意する必要があります。

男は、実際のところ、

『欲望のかたまり』

だと言えます。

抑えるつもりでいても、

『状況に流されて、欲望を開放させることもある』

ということを覚えておかなければなりません。

ましてや、キスだけと聞いて躊躇するということは、

『下心が見え見え』

だと言えるでしょう。

この場合、かなり高い確率で、

『キスの先まで進もうとする』

ため、注意していおいた方が良いです。

それでも付き合っていきたいと考えるなら、

『キスまでしかしない』

と釘をさしておく必要があります。

もし、受け入れないなら、

『お付き合いはしない方が賢明』

かもしれませんね。

中学生の彼氏・彼女として、健全な恋愛がしたいのであれば、

『お互いが納得する線引き』

を決めておくようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学生の健全な恋愛は、欲望をコントロールできるかで決まる

出典元:https://pixabay.com

中学生で恋愛をする際、

『健全な恋愛』

をしようとすることは、それなりに難しいことでもあります。

多感な時期なので、

『キスの先まで知りたい』

と思うのは当然のことであり、それが人の本能というものです。

ですが、

『それではダメだ』

ということが、先程の内容からも分かるでしょう。

それでも、今は昔よりも中学生カップルが出来やすいので、

『進んではいけないところまで進んでしまう』

場合も多いのです。

中学生で、健全な恋愛をするためには、

『自分と相手の欲望を、どうやってコントロールするのか』

が重要になります。

これが出来そうになければ、中学生で恋愛はせず、

『欲望をコントロールできると確信できるまで待つ』

ことも考えてみてくださいね。

まとめ

今回の記事はいかがでしたか?

まとめとしては、

『中学生の恋愛は、一緒にいて恥ずかしいくらいがちょうど良い』

ということが言えるでしょう。

キスをしたり、その先まで経験したいという気持ちは分かります。

ですが、それが出来ないのが中学生の恋愛であり、

『出来ないからこそ、恋愛は面白い』

と感じることができるのです。

大人になれば、純粋な恋愛がしにくくなるので、

『一緒にいるだけで恥ずかしくなるくらいの恋愛』

が中学生ではちょうど良いのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*