中学生の青春エピソードや青春あるある30選!

中学生時代と言えば、

『青春真っ只中』

であり、様々なエピソードが誕生しています。

そんな青春時代のエピソードは、

『大人になって振り返ると、懐かしいものばかり』

となっていきます。

そこで、今回は、

『中学生の青春エピソードや青春あるある』

について紹介します。

様々なものがあるので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学校の青春エピソード20選

出典元:https://pixabay.com

それでは早速、

『中学生の青春エピソード』

を紹介していきます。

自分に当てはまるものもあると思うので、参考にしてみてください。

花火大会の夜に

花火大会の日に片思いの彼とデートの約束を取り付けた私は、この日に絶対告白するって決めていました。
だけど、気合を入れて着ていった浴衣を「可愛い」と照れくさそうに褒めてくれた彼に想いが募って、いつまでたっても「好き」の言葉を伝えることができませんでした。

花火大会が終わって帰ろうとする人の波が動き出した時、彼が「危ないからもう少し人が居なくなってから帰ろう」と言いました。
私は「うん」と言いましたが、その後も彼との間に会話はありません。ようやくあたりに人が居なくなり、意を決して「あのね」と言葉を発したとき、彼にいきなり手を握られました。

そして「待って、俺から言いたことがあるから」と手に力を込めて言われたんです。

私が「うん」と彼の言葉を促すと「好きです」と一言。

手を繋ぎながら言われたせいで、思っていた以上に顔が熱くなってしまいましたが、それでも「私も」と声を振り絞りました。

「本当に?俺の彼女になってくれる?」と嬉しそうに笑った彼の笑顔が、今でもキュンキュンして忘れられません。

転用元:https://qrun.jp/articles/ajMo9

花火大会という、

『定番中の定番』

であるシーンでのエピソードです。

やりとりが中学生らしく、

『見ているだけで恥ずかしくなる』

ような光景が目に浮かびますね。

卒業式の日に

ずっと好きだった人がいて、その人とは美術の時間のグループだけ一緒で、週に一回の美術の時間が本当に楽しみだった。最終的に思いは伝えることができなかったけど、卒業式のときに名札をもらうことができた。美術の作品と名札が宝物になった

転用元:https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/45836

好きだった人に告白出来ないことは、

『青春時代にはよくあること』

だと言えます。

今回は、卒業式の日に貰った名札と美術作品がありますが、

『好きな人から貰った物』

というのは、いつまでも大切にしておきたいものです。

ほろ苦い青春の思い出ということですね。

バレンタインから

バレンタインでチョコをもらったことがきっかけで仲良くなり、初めて2人でいったところが社会科見学のプラネタリウムだったこと。暗い照明のなか、となりに座りみんなにばれないように、こっそり手をつないでいたことが甘酸っぱい思い出です

転用元:https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/45836

バレンタインでチョコを貰うというのは、

『中学生男子なら憧れるシチュエーション』

となっています。

誰しも、2月14日はドキドキしていることでしょう。

そして、バレンタインがきっかけとなり、

『関係が始まる』

というのも、青春時代にはよくあることです。

まさに、甘酸っぱい思い出ですね。

修学旅行で

告白して振られたこと。修学旅行の時に好きな人の話になって友達から背中を押されて告白したら振られた。振られたときはとても落ち込んだし、友達からからかわれて嫌だったけど、今となってはいい思い出だと思えるようになった

転用元:https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/45836?page=2

中学生の青春エピソードには、

『修学旅行』

がよく出てきます。

この話は、

『修学旅行で告白して振られた』

ものですが、これもよくある青春エピソードです。

告白して振られると、かなりショックですが、

『大人になると、良い思い出』

と笑い飛ばすことも出来ますよ。

学園祭で憧れの人を探す

中学も女子校だったので、学校に男子がいなかった。学校の行き帰りによく会う男子学生のことがだんだん好きになってしまった。名前も学年も分からないが、今日は会えるかなとドキドキしながらホームに行くことが日課だった。その男子の学校の学祭のチケットを何とかゲットして、その男子を探してみたが見つからず、何の接点もないまま卒業した

転用元:https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/45836?page=2

学園祭も、中学生での青春エピソードが生まれることが多いイベントです。

他校の学園祭に行って、

『憧れの人を探す』

というのも、中学生ならではのエピソードと言えるでしょう。

今回の話では、見つからなかったようですが、

『これがきっかけで恋が始まる』

こともあるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1500m走での出来事

放課後居残り即席陸上部で1500mに出場したら
いつも僕を避ける奴らが応援をしてくれたので
『こういったことで互いの垣根を越えることが出来るんだ』
と察したりしました

転用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

中学生時代には、

『特定の人を避ける』

ということも、よく起こります。

ですが、何かのきっかけで、

『周囲の人と仲良く出来る』

ことも、よくあることなのです。

ここでは、1500m走の応援となっていますが、

『何かを一生懸命頑張る』

ことで、心が1つになるということですね。

大勢の前で告白される

中学生のころ
部活の後輩に 校門前で
100人以上見てる中で告白された
しかも同級生の女子が 「嫌いじゃないなら付き合え」 と言ってきて
そのまま付き合ったが 3日で学校の5割以上 他校の生徒にまで広まった
ちなみに分かれてから数か月後 3年生になって 好きな人できましたw
まあここらへん もうすでに告白から関係ない話になってるんで
続きは話しませんが

転用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

これは、たまにあることですが、

『大勢の人の前で告白される』

ことも、青春では聞くことのあるエピソードです。

かなり恥ずかしいですが、インパクトがあるので、

『青春エピソードとして深く残る』

ことになるでしょう。

隣の家に彼女がいる

中学生の時、同じアパートの隣の家の彼女
夜中に一緒に抜け出して公園で遊んだり
窓をコンコンして部屋の中に入れさせてもらったり色々してました
中でも彼女の部屋で月明かりを頼りに彼女の唇にキスしたのが、今でも鮮明に覚えてるくらいロマンチックな瞬間だったと思います

転用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

隣に彼女が住んでいるという、

『一見、作り話のような青春』

も、実は存在しています。

かなり羨ましいシチュエーションなので、

『思い出として印象に残りやすい青春エピソード』

と言えるでしょう。

部活動で仲間が出来る

中1女子です!
私は陸部にはいっているのですが先輩方は皆、優しくてカッコよくて
可愛いくて憧れです(^_^)たまたま友達と
遊んでいた時に外出先だったりしたら普通に先輩方が「可愛い~」と言って一緒に写真撮ってくれるし、体育祭の時などはめっちゃ応援してくれます。廊下で会ったら「可愛い~」とか言ってくれます。
練習は一生懸命だけど普段ははっちゃけててノリがいいです。
そして何と言っても先輩、後輩の約60人
皆仲が良く毎日楽しいです!
3年生の先輩の引退は近いですがたくさんの優しい先輩に恵まれて毎日、本当に幸せです!

転用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

部活動で仲間が出来るのも、

『中学生の青春エピソード』

としてよくあります。

部活動は、

『青春時代のほとんどを過ごす』

ものなので、やってみると思い出が数多く出来るでしょう。

好きな人を見るだけで満足

「中学の頃、一目ぼれした他のクラスの男子がいて、遠くから見るだけでキュンとしていた。話しかけることなんて出来なくて、結局片思いで終わったけれど、廊下で目で追ったりして楽しかった」

転用元:http://news.livedoor.com

好きな人をみるだけで幸せを感じるのも、

『青春エピソードとして心に残る』

ものとなります。

片思いでも、好きな人を見続けられるのは、

『恋に恋している』

のかもしれませんね。

部活中に好きな人を覗き見る

中学生のとき、好きだったバレー部の子の練習を見るために、ブラバン部の音楽室からグラウンドをのぞいていた」

転用元:http://news.livedoor.com

中学生のときは、

『部活中に好きな人を見る』

ということもあったと思います。

あまり気にしないようにしていても、

『横目でちらちらと見る』

ので、周囲にはバレていることが多いです。

付き合っても、手をつなぐのが恥ずかしい

「付き合ってるのにキスすらしないで、手をつなぐのもドキドキしていたこと」

転用元:http://news.livedoor.com

中学生の青春に、

『恋愛はつきもの』

です。

ですが、まだまだ純粋な人が多いので、

『手をつなぐだけでも恥ずかしい』

ことがあるようです。

年相応の反応と言えるでしょう。

ラブレターを書く

「ラブレターを書いていた、今思うと恥ずかしい。まさに黒歴史」

転用元:http://news.livedoor.com

メールやSNSが発達している現代ですが、

『昔ながらのラブレター』

を書く人は、今でもいます。

手書きで書くことで、

『より強く、思いを伝えられる』

ので、中学生ではよく行われているようです。

貰った人も嬉しくなりますよね。

卒業式に告白する

学生時代に片思いしていた男の子に、卒業式で告白しようと彼を呼び出したんです。
いつも通り元気な笑顔で登場した彼は「告白される」なんて雰囲気を微塵もまとっていなくて、
私のことを女の子として意識していないんだなと思い知らされました。

だけど今日は告白すると決意していたので、思い切って彼に「好きです、付き合って下さい」と告げました。
けれども彼から帰ってきた言葉は「ごめんね」の一言。
私は恥ずかしくなって「そうだよね、変なこと言ってごめんね、
これからも友達として仲良くしてくれると嬉しいな。それじゃぁ、私、帰るね」と早口でまくしたてました。

すると彼は走り去ろうとする私の腕を掴んだんです。私は驚いて足を止めました。
彼はそんな私にもう一度「ごめんね」と言いました。
私は「もういいよ」と心の中で思っていましたが、彼の言葉は続きます。
「女の子からそんなこと言わせてごめん。でも俺好きとかあんまり考えたこと無くて、でもお前ともう今までみたいに話できなくなったりするのは嫌だなって今、すごく思った。」と一生懸命本音を伝えてくれたんです。

その彼とはしばらく友達関係を続け、3か月後に付き合うことになりました。
お互いに想いが通じた瞬間は、今でも素敵な思い出です。

転用元:https://qrun.jp

卒業式に告白するというのも、青春エピソードとしてよくある話です。

卒業すれば、

『会う機会もあまりなくなる』

ため、これが、実質最後のチャンスとなることもあります。

雰囲気が盛り上がっているので、

『カップルが成立する』

ことも多いのです。

友達と話しながら帰る

田舎の田んぼ道を友達と帰りながら、夕日に向かって歌ったり、他愛もない話をして帰ったこと。友達と話すことが一番楽しかったし、悩んでいたことを暴露しあったり、青春だったなと思いました。いろいろ話せたことがよかったです

転用元:https://news.nicovideo.jp

日々、友達と一緒に帰りながら、

『他愛のない話をする』

ことも、青春エピソードとしてあります。

このような何気ない時間を過ごすことも、

『青春エピソードとして思い出に残る』

ものとなるでしょう。

レギュラーメンバーになれなかった

部活で試合の選抜メンバーに選ばれたくて、朝夕必死に練習しました。選抜会議で名前が上がり、選抜メンバー入りまであともう少しだったけど、結局なれませんでした。本番は客席での応援だったけど、本当にいい思い出です

転用元:https://news.nicovideo.jp

部活に打ち込んでも、

『レギュラーメンバーになれない』

ことはよくあります。

悔しくて仕方ないのですが、

『頑張ることが出来た思い出』

が、後の人生に良い影響を与えることもあるようです。

好きなマネージャーに相談を受ける

陸上部に入っていて、マネージャーの女子が自分と仲良くしていた男子のことが好きだったのですが、何度も相談を受けているうちに自分がマネージャーの女子を好きになってしまったこと。マネージャーの子は結局自分の親友と付き合い、喜びと悔しさで涙を流しました

転用元:https://news.nicovideo.jp

部活をしていて、マネージャーから相談を受けていると、

『相手を好きになる』

ことがあり、それが恋愛相談であった場合はかなり辛い経験をすることになります。

頼られると、相手のことを好きになることはよくありますよね。

中学生も、同じような思いをしているということなのです。

調理実習で触れ合う

中学の調理実習の時。 お皿を洗っていたら袖が落ちてきて濡れそうだったので誰かまくってくれないかなーって困っていると、好きな人が来て、「仕方ないなぁ」と袖をまくってくれました。 近いし肌が触れるしで、なんかもうやばかったです。 転用元:http://sharetube.jp

調理実習は、中学生なら必ず行うものです。

その際、

『好きな人と一緒に調理をする』

ことになれば、かなり嬉しいでしょう。

肌が触れるだけでも、ドキドキしてしまうということですね。

幼馴染と付き合う

私が中学生だった頃の話ですが。


生まれた時からの幼馴染みがいて、口は悪いし、私には「ブス」「キモ」とかしか言わない。


ところが、ある日

「本当は、おまえが一番かわいい」「ずっと一緒にいたい」と泣きながら言われた時は愛おしいと思いましたー笑

転用元:http://sharetube.jp

幼馴染がいる場合、

『中学生になって、急に意識し始める』

こともあるでしょう。

それが、相手を好きになったと自覚したとき、

『自分の気持ちに素直になる』

ため、こういった青春エピソードが生まれるのかもしれませんね。

幼馴染がいる中学生ならではと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学校の青春あるある10選

出典元:https://pixabay.com

中学生の青春エピソードを紹介してきました。

どれもよくある話なので、

『実際に経験する機会』

があるかもしれませんね。

ここからは、

『中学校の青春あるある』

として、よくあるものを紹介していきます。

共感できる部分もあると思うので、ぜひどうぞ。

英語を習う必要性

英語の授業…俺日本人なんですけど!

転用元:http://sharetube.jp

英語を習う必要性を感じられない中学生が多いようです。

確かに、日本で生きていくなら、

『あまり使う機会はない』

と言えるかもしれませんね。

勉強の計画を立ててもやらない

勉強の計画を壮大かつバカみたいにやる予定を立てるも結局やらずテストで死ぬ

転用元:http://sharetube.jp

勉強の計画を立てることは、良い事なのですが、

『実際に勉強をせずに終わる』

ことが多いのも、中学生の青春あるあるです。

出来れば苦労がないのですけどね。

天然を装う

偽天然女子「私よく天然って言われるけど、よくわかんない♡」

転用元:http://sharetube.jp

天然を装って、愛想を振りまいている女子というのは、

『裏で黒いことを考えている』

ことが多いです。

男子は分からなくても、女子には筒抜けのようですね。

教科書に落書きをする

フランシスコザビエルの書簡見つかる。

教科書のザビエルの顔にヒゲを書いたり、メガネを書いたりした奴いたなぁ。絵の横にハゲって書いたり。

転用元:http://sharetube.jp

中学生の青春あるあるとして、

『教科書に落書きをする』

というものもあります。

授業が退屈になったりした際、よくやっているようです。

ジャンプして写真を撮る

とりあえず、ジャンプして写真

転用元:http://aruaru.me

写真を撮るとき、

『何かとジャンプしたがる』

というものがあります。

普通に写真を撮るより、

『少し魅せる撮り方』

の方が好まれるようです。

青春したいと言っている

青春したいー
って言ってる時が青春

転用元:http://aruaru.me

青春したい自分で言っていることも、

『青春あるある』

となっています。

青春が何か、よく分かりませんね。

花火の後、寂しくなる

友達と花火やって終わった帰り道の寂しさ

転用元:http://aruaru.me

友達と花火をすることがあると思いますが、

『終わった後に寂しくなる』

のも、青春あるあるです。

楽しい時間は、すぐに過ぎるということですね。

厳しい先生ほど、人気が出る

厳しい先生ほど、

『生徒に人気が出やすい』

という青春あるあるがあります。

厳しいけど、真摯に向き合ってくれる方が良いと感じるようです。

急に学校が幸せと感じる

いつも嫌っている中学校を、

『急に良い場所と思う』

ことも、中学生の青春あるあるとなります。

社会の実情を、垣間見たときなどに起こるようです。

授業中に手紙を回す

これは、携帯がない中学生に限りますが、

『授業中に手紙を回す』

ことが、青春あるあるとなっています。

先生に見つからないようにすることで、

『スリルを感じる』

のが面白いようですね。

まとめ

『中学生の青春エピソードや青春あるある! 』、いかがでしたか。

今回のまとめとしては、

『中学生の青春は、様々なことが起きている』

ということが言えるでしょう。

高校生や大学生、大人になっても、

『様々なことが起こる』

のは変わりません。

ですが、中学生だからこそ起こることも多くあるのです。

中学生は、

『初めて青春を実感する年頃』

のため、毎日がとても新鮮に感じると思います。

今回の記事も参考にして、青春を謳歌してみてくださいね。

この記事を読まれた方は下記の記事もおすすめです。

 

 

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*