中学生の片思いを両想いにする方法や体験談!脈ありサインや片思いあるあるも紹介

中学生の恋愛は、

『片思いで終わる』

ことが多いものです。

誰しもが、

『どうやったら両想いになれるのか』

について考える、ある意味、永遠の問題でもあるでしょう。

ですが、もし、

『両想いになる方法』

があるとしたら、やはり知りたいと思いますよね。

そこで、今回は、

『中学生の恋愛で、両想いになる方法や体験談』

について紹介します。

誰かに片思いをしている人は、参考にしてみてください。

中学生の片思いを両想いにする方法は?

出典元:https://pixabay.com

中学生の片思いは、出来るなら、

「両想いにしたい」

と考えますよね。

ですが、その方法が分かれば苦労はしません。

それでも、

『両想いにする確率を上げる方法』

というのは、少なからず存在します。

ここからは、その方法について紹介していきます。

連絡は、なるべく欠かさないようにする

片思いをすると、

『相手と連絡先を交換する』

こともあると思います。

ですが、恥ずかしさなどから、

『なかなか連絡出来ない』

という人も多いでしょう。

これはもったいないことであり、両想いになるには、

『なるべく連絡を取り続ける』

ようにしたほうが良いのです。

相手に自分を印象付けるためには、

『連絡して、認識させる』

ことが必要になります。

こまめに連絡を取れば、

『相手との距離が縮まる』

ことにも繋がるためです。

距離が縮まらなければ、恋愛をすることも出来ないので、

『とにかく連絡をこまめにする』

ことは、欠かさないようにしましょう。

身なりは綺麗にしておく

相手に好かれるためには、

『身なりを綺麗にしておく』

必要があります。

誰でも、汚い身なりより綺麗な方が良いですよね。

いくら相手のことが好きでも、

『汚い身なりでは、相手から引かれてしまう』

ことが多くなります。

これでは、せっかくのチャンスを不意にしてしまうこともあるでしょう。

そうなってしまわないように、

  • 寝癖を立てない
  • 目ヤニをつけない
  • 爪を切る

 

など、当たり前のことをしっかりと行いましょう。

これを行うだけでも、両想いになれる確率が上がります。

余裕があれば、服装にも気を使ってみると良いですよ。

会話が得意な人は、両想いになりやすい

会話が得意な人と、そうでない人がいると思います。

下手でも問題はありませんが、恋愛においては、

『会話が得意な方が有利になる』

とされています。

特に、

『面白い話が出来る人』

は、相手を楽しませることが出来るので、相手と距離を縮めやすいです。

自分が話上手だと思うなら、

『その武器を有効に活かす』

ことをおすすめしますよ。

どこかに誘う

チャンスがあるなら、

『一緒に出掛ける』

ことも、両想いになるためには有効です。

相手と一緒に行動するだけでも、

『距離を縮めることが出来る』

ため、出来れば一緒に行動する回数を増やした方が良いです。

同じ経験をすることで、親近感を持てるようにしていきましょう。

相手をあだ名で呼ぶようにする

相手と距離感を詰めるためには、

『あだ名で呼ぶ』

ことも重要になります。

少し仲良くなってからでないと出来ないかもしれませんが、

『あだ名は、相手の印象に残りやすい』

ため、両想いになるにはおすすめの方法です。

あだ名呼びを許すということは、

『それだけ心を許している』

ということでもあるので、相手との距離感を確かめる目安にもなります。

敢えてあだ名ではなく、

『名前呼びをする』

こともおすすめの方法ですよ。

中学生の片思いで告白するタイミングは?

出典元:https://pixabay.com

相手との距離感を詰めることが出来れば、次は、

『告白のタイミング』

を考えると思います。

ですが、実際のところ、

『どんなタイミングで告白するか分からない』

と思います。

そこで、ここからは、

『片思いの人が、告白する方法』

について紹介します。

放課後に告白する

相手に何か大切な気持ちを伝えるには、

『直接会って告白する』

ことが、最も効果的な方法と言えます。

やったことがある人は知っているでしょうが、

『告白は、かなり勇気がいること』

です。

相手と面と向かって告白することは、なかなか難しいことですが、

『好きな気持ちが相手に伝わりやすい』

方法でもあるのです。

告白を受ける側は、

『好きと直接言われることで、嬉しい気持ちになる』

ため、告白成功確率も上がります。

また、中学生なら、

『放課後、一緒に帰るときに告白する』

ことで、雰囲気も出てくるでしょう。

告白するには、絶好のシチュエーションとなるでしょう。

イベントがあるとき

中学校には、

『イベント行事』

がありますよね。

その時に告白して、カップルになることは多くあります。

その理由は、

『イベントを一緒にやったときの一体感』

が残っているからだと言われています。

人は、一体感を感じると、

『より相手と親近感が湧く』

ものです。

気持ちが高まっていれば、告白も成功しやすくなるのでおすすめですよ。

修学旅行

中学校の一大イベントである、

『修学旅行』

も、告白するタイミングと言えます。

いつもとは違う雰囲気で、

『気持ちも高まっている』

ため、告白には絶好のシチュエーションとなります。

出来れば、

『同じ班になって行動する』

ようにすれば、さらに親密度が上がって良いですよ。

相手の誕生日

誕生日に告白するという方法もあります。

誕生日は、その人にとって、

『テンションが上がりやすい日』

なので、告白成功率も上がってきます。

また、上手く告白が成功すれば、

『相手の印象にも残りやすい』

ため、おすすめですよ。

電話をしているとき

直接会って告白するのも良いですが、

『相手と電話しているときに告白する』

こともおすすめです。

不意に告白されると、

『相手がドキドキする』

ため、告白も成功しやすくなります。

また、電話の方が、

『気持ちを素直に出しやすくなる』

こともあるので、試してみる価値はあります。

卒業式が終わった後

中学生最後の日である、

『卒業式に告白する』

こともおすすめです。

仲良くなっても、卒業すれば会えなくなる気持ちになっていると、

『もっと一緒にいたい』

と感じ、告白が成功することもあります。

一生の思い出にもなるので、おすすめです。

雰囲気で行けると感じたとき

告白のタイミングは、

『突然来る可能性』

もあります。

偶然、良い雰囲気になったとき、

「告白が成功しそうだ」

と感じることもあるでしょう。

その時は、勇気を振り絞り告白してみましょう。

その場の勢いというものもあるので、

『チャンスをしっかりとものにする』

ようにしてみてくださいね。

中学生の脈ありサインは?

出典元:https://pixabay.com

中学生の脈ありだと思われるサインは、

『男女で違う』

とされています。

そのサインを見逃さないことも、

『相手と両想いになるチャンス』

と言えます。

ここからは、

『脈ありとされるサイン』

について紹介します。

男子の脈ありサイン

まず、男子の脈ありサインですが、主に、

  • 目を逸らす
  • 視界の中にいる
  • ちょっかいをかけてくる
  • 教科書をよく借りに来る
  • 急に冷たくなることがある

 

などがあります。

どれか見たことがある人もいるでしょう。

男子の場合、このような行動が見えたら、

『脈ありサインである可能性が高い』

と言えます。

これらのサインを見逃さないことで、

『恋愛に発展する確率も上がる』

でしょう。

女子の脈ありサイン

次に、女子の脈ありサインですが、

  • 目を見てくる
  • 体にタッチしてくる
  • 優しく接してくれる
  • 笑うことが多くなる
  • リアクションが大きくなる

 

などがあります。

女子の場合、

『積極的な脈ありサイン』

が多いので、一目見るだけで分かりやすくなります。

中学生の脈ありサインは男女別に、

中学生の恋愛の脈ありサインは?好きな人に見せるサインや態度を男女別に徹底解説

でももっと詳しく紹介しています。

中学生の片思いの体験エピソードを紹介

出典元:https://pixabay.com

中学生の片思いというのは、

『誰しも経験したことがある』

ものだと思います。

その為、相手と両想いになるために、

『様々な方法を試してきた』

ことでしょう。

そこで、ここからは、

『中学生の片思いエピソード』

について紹介していきます。

人の経験話を聞くだけでも参考になるので、ぜひどうぞ。

片思いがクラスにバレて振られた

クラスに好きな男子が出来た中学生女子の話です。

その男子は、クラスのまとめ役のような人で、

『とても頼りがいのある人間』

として有名でした。

その様子を見ている内に、だんだんと好きになっていき、

『ひょんなことから、それがクラスにバレてしまった』

のです。

クラスメイトからからかわれる日々が続きましたが、その男子から、

「実は、好きな人がいるんだ」

と、面と向かって言われて振られることになってしまいます。

その話も、すぐにクラス中に広まりましたが、

『2人の心中を察して、誰も話題に上げなくなる』

のです。

結局、その男子は、

『元々好きな人と付き合ってしまう』

ため、ほとんど会話をすることなく、卒業してしまいました。

片思いが相手に知られて、両想いになれなければ、

『そのショックはとても大きい』

ですよね。

ですが、これも1つの結末なので、

『前を向いていくしかない』

とも言えます。

片思いの人と、大人になって再会した

中学生の頃、

『とても好きな女子』

がいたのですが、なかなか付き合って欲しいと言えなかった話です。

その女子とは、

『友達としては、とても仲良くしていた』

のですが、それ以上の関係にはなかなか発展しませんでした。

何度か機会はあったのですが、結局逃してしまい、

『中学を卒業後、会うことがなくなってしまった』

のです。

ですが、大人になって、

『中学の同窓会』

に呼ばれたとき、当時好きだった女子と再会することが出来ました。

昔のように、仲良く話すことは出来るのですが、

『今でも好きだということが言えない』

まま、同窓会はお開きになってしまいます。

諦めて帰ろうとしたのですが、突然、

『女子の方から声を掛けてきた』

のです。

話を聞くと、実は、

『中学生のころから好きだった』

ということであり、実は両想いだったことが判明します。

それをきっかけに、

『好きだった女子と付き合いを始めることが出来た』

そうです。

お互いの気持ちに、お互いが気付いていないこともあるため、

『告白出来るときにしておく』

ことも、重要なのかもしれませんね。

片思いのまま、何も起こらなかった

中学生のころ、

『とても好きだった男子』

がいた、女子の話です。

その子は、

『当時、他の子と付き合いをしていた』

ため、好きでも告白することが出来ませんでした。

その後、男子は付き合っていた子と別れたのですが、

『自分に告白する勇気がない』

ため、結局はまた別の人に取られてしまいます。

結局、中学卒業まで告白が出来ないまま終わってしまいました。

ですが、大人になって別の友人から聞いたところ、

『男子の方は、少し気になっていた』

ということが判明します。

すぐに、その男子に告白しようとしましたが、

『結婚しており、手遅れだった』

と言います。

人間、時には勇気を振り絞ることも必要であり、それが出来ないと、

『チャンスをみすみす逃す』

ことになるという、良い例ですね。

中学生の片思いあるある

出典元:https://pixabay.com

中学生の片思い体験談を紹介しました。

この話を聞いていると、

『そういうときある』

と感じた人もいるのではないでしょうか。

そこで、ここからは、

『中学生の片思いあるある』

について紹介していきます。

1つは、共感するものがあることでしょう。

相手の名前を聞くと反応する

好きな相手の名前が出ると、

『つい反応してしまう』

ことがあります。

他の名前には反応しないのですが、どんな小さい声でも、

『好きな人の名前だけは聞こえる』

ということがよくあるみたいです。

そわそわする

好きな相手と一緒にいると、

『落ち着きがなくなり、そわそわする』

ことがあると思います。

心臓が高鳴り、冷静に物事を判断できなくなるのです。

初々しい反応で、微笑ましくなりますね。

相手の行く先にさりげなくいる

相手がどこかに行くのを見かけると、

『さりげなく先回りしている』

こともあります。

偶然を装っているのですが、

『意外とバレている』

ので、ほどほどにしておいた方がよいでしょう。

常に目線がいく

好きな人が視界に入ると、

『常に目線がいってしまう』

人もいます。

相手には気づかれないように、

『そっと見ている』

ことも多いのですが、傍から見ると丸わかりです。

同じ班になりたがる

何か班行動をする際、

『好きな子と同じ班になりたがる』

ことがあります。

好きな人とは、なるべく一緒にいたいという意思の表れですね。

同じ部活に入る

好きな人が部活をしていると、

『同じ部活に入る』

という人もいます。

また、同じ部活に入れなくても、

『自分の所属している部活で、良いところを見せようとする』

こともあるようです。

周囲には、すでにバレている

自分では、

『好きな人がいることを、上手く隠している』

と思っていても、周囲にはバレていることが多いです。

周囲は、からかうときもあれば、

『助け舟を出す』

こともあるので、良いのか悪いのか分かりませんね。

好きな人の席の隣に行きたがる

クラスの席決めのとき、

『少しでも好きな人の席の隣に行きたがる』

こともあります。

くじで決めるとき、

『番号を交換してもらう』

など、色々と策を講じているようです。

別の異性と話していると、とても気になる

自分が好きな人が、

『別の異性を仲良く話している』

と、かなり気になるようです。

ちらちらと相手を見て、

『どんな会話をしているか聞こうとする』

こともあります。

自分の身だしなみが気になる

好きな人が出来ると、

『自分の身だしなみが気になる』

人も多くなります。

汚いやつだと思われたくないゆえの行動であり、

『出来れば、見た目で気を引きたい』

と考えているようです。

好きな人の夢を見る

片思いをすると、

『好きな人の夢を見る』

こともあります。

夢の中でさえ、

『相手のことが気になってしょうがない』

ということですね。

恋愛占いが気になる

恋愛占いをテレビでやっていると、

『自分の運勢がどうなっているか気になる』

ことが多くなります。

運気が良いときには、

『気持ちが前向きになる』

こともあるようです。

物事に集中できない

片思いをすると、

『他の物事に集中できない』

こともあるようです。

相手のことを考えてしまうため、

『成績が下がる』

人も多いようです。

連絡先を交換したがる

片思いの相手とは、

『連絡先を交換したい』

と思っている人も多いようです。

なるべくなら、

『メールや電話で仲良くなりたい』

と考える気持ちも分かりますね。

好きな人と一緒にいると、頭が真っ白になる

片思いの人と一緒にいられて嬉しいのですが、

『舞い上がって、頭が真っ白になっている』

人もいます。

上手く話せないまま、

『時間だけが過ぎていく』

ということも多いようです。

せっかくのチャンスなので、頑張って欲しいですね。

まとめ

『中学生の片思いを両想いにする方法や体験談!脈ありサインや片思いあるあるも紹介』

いかがでしたか。

今回のまとめとしては、

『片思いを両想いにするためには、積極的なアピールが必要になる』

ということが言えるでしょう。

いくら好きでも、

『相手に思いを伝えるように努力しなければ、両想いにはなれない』

ので、積極的な行動は必要だと言えます。

中学生の恋愛は、

『純粋なものになりやすい』

ため、素敵な恋愛をしてみてくださいね。

中学生の恋愛についての関連記事はこちら

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事