中学生の恋愛はどこまで彼氏・彼女とOK?今時の恋愛事情や健全な付き合い方を解説

今も昔も、よく話題に挙がるものとして、

『恋愛』

があると思います。

誰もが1度は、誰かを好きになったことがあるでしょう。

そんな恋愛ですが、今では、

『中学生になると、当たり前のように行われている』

と言われており、中学生カップルも珍しくありません。

そんな中学生恋愛ですが、

『どこまでの関係なら大丈夫なのか?』

と悩んでいる人も多いようです。

そこで、今回は、

『中学生恋愛は、どこまでなら健全なお付き合いになるのか』

について紹介します。

興味のある人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学生恋愛は、注意しなければならないことが多い

出典元:https://pixabay.com

中学生から、

『誰かを好きになる感覚を身に付ける』

ことは、とても良いことであり、恋愛はまさにピッタリの方法です。

ですが、自分の人生に責任を取れる大人ならともかく、

『社会をよく知ることができていない中学生』

が恋愛をするなら、注意しなければならないことが多くあります。

行き過ぎた好意は身を滅ぼす

中学生なら、将来のことや相手とどうやって人生を歩むかなど、

『先の未来について、かなりの希望を持って恋愛する』

ことが多くなります。

ですが、その分、

  • 結婚するなら、どれくらいの費用がかかるのか
  • 子供が出来たら、どうやって育てていくのか
  • 生活費はどうするのか
  • 仕事は何をするのか
  • どこに住むのか

 

など、具体的な話までは出来ないでしょう。

もし、こういった話が出来たとしても、

『親の保護を受けて生活している状態』

では、自立して暮らすことが、現実的に難しいです。

もし、これらの事実を無視して、

『行き過ぎた関係になった結果、子供が出来た』

などの事態になれば、後悔する確率が大きくなってしまいます。

いくら精神的に成長しているとしても、

『中学生が、社会に出て働く』

ことは、かなりの困難を極めるからです。

そもそも、受け入れる会社が少なく、受け入れたとしても、

『子育てと仕事の両立を、中学生が行うには無理がある』

ので、苦労することになるでしょう。

実際、中学生で子供を妊娠してしまい、

『人生が壊れてしまった事例』

は、かなりあります。

中学生でも、大人でも同じですが、

『過度な好意は、時に取り返しのつかない事態を引き起こす』

ことになるのです。

その為、恋愛をするにしても、

『適度な距離を保つこと』

が重要になってくるでしょう。

やってもキスまで

行き過ぎた好意が身を滅ぼすとは言っても、

「せっかく付き合っているのだから、何か恋人らしいことがしたい」

と感じることもあるでしょう。

恋人らしいことと言えば、

  • 手をつなぐ
  • 一緒に帰る
  • キスをする

 

などがありますよね。

ここまでは、中学生としては健全な付き合い方と言えるかもしれません。

ですが、先程も紹介したように、

『キスから先の行為は、身を滅ぼす結果になる』

ことを覚えておいてください。

最悪、キスすらも危ういかもしれません。

自分は大丈夫と思っていても、

『好きな人と体を合わせると、興奮してしまう』

のが、人間の本能です。

もともと、生き物として生まれた以上、

『自分の子孫を残そうとする』

ため、こういった行為は、止められなくなることが多いのです。

1度始まってしまった行為は、

『行くところまで行ってしまう』

ので、その可能性が起きないようにしなければなりません。

その為、キスまではしてしまっても、

『その先には、決して進まない』

ことをおすすめします。

それが、自分と相手のためになるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

部屋に連れ込むのは、おすすめしない

中学生に限らず、恋愛を始めると、

『相手を自分の部屋に連れてくる』

ことがあると思います。

その逆もまた然りですね。

ですが、部屋に連れ込むという行動も、

『出来るだけ、避けた方が良い』

ということを覚えておいてください。

異性と一緒に、

『限られた空間で2人きりになる』

ことは、かなりの確率で、一線を超えることになります。

最初は、世間話をしたり、勉強をしたりしているだけかもしれませんが、

『次第に良い雰囲気に流され始める』

ことになるでしょう。

密室空間で、誰の邪魔も入らない状態では、

『人はいつもより大胆になる』

ので、ある意味危険な状態と言えます。

大人の恋愛であれば、ほとんど問題ないのですが、

『社会で生きていく力が足りない中学生』

の場合、責任を取れなくなってしまうことがほとんどです。

よく、

『どうなっても責任を取る』

という言葉を聞くかもしれませんが、実際、責任を取れていません。

周囲を巻き込み、お互いを不幸にして、

『将来にまで影響を与え続ける可能性』

まであるのが、中学生の恋愛なのです。

相手が本当に好きならば、

『誰もが不幸にならないようにしていく覚悟』

が必要になるでしょう。

中学生の恋愛は、

『大人の恋愛より、絆を深めやすい』

ので、自分自身の責任を取れるまで我慢することが必要です。

大人になる上で、大切になる、

『責任』

について学ぶためにも、一線を超えない健全な恋愛をしていきましょう。

両方の親には、それとなく紹介しておく

もし、中学生から付き合った相手と添い遂げる気持ちがあるならば、

『お互いの両親には、紹介をしておく』

ことをおすすめします。

かしこまったことはしなくて良いので、

『それとなく、挨拶だけ済ませておく』

ようにすれば、親が相手の顔を覚えることが出来ます。

実は、これが重要なことであり、親が相手の顔を知っていることで、

『行き過ぎた恋愛をしていないか、注意することが出来る』

のです。

そして、親に紹介することで、お互いが、

『行き過ぎた恋愛で、親に迷惑をかけないようにする』

ことを考えるきっかけになります。

とは言っても、思春期真っ盛りな中学生時代では、

「親のことなんて知ったことではない」

と思う人もいるでしょう。

その結果、行き過ぎた恋愛に発展して、

『お互いと周りの人全て不幸になってしまう』

かもしれません。

はっきり言って、それは不本意ですが、

『若気の至り』

という言葉があるように、過ちが起こらないとは限りません。

その時、初めて、

「自分はなんてことをしたんだ」

と、行き過ぎた恋愛を恥じることになるでしょう。

それがきっかけで、

『二度と同じことが起きないように、よく考えて行動する』

ことが出来るようになるかもしれません。

人は失敗を繰り返して成長するので、

『一度痛い目に遭っておいた方が、後々、自分のためになる』

のです。

ですが、ここまで見てもらった人は、

『行き過ぎた恋愛の末路』

を理解してもらえたと思います。

誰も幸せになれない恋愛は、

『百害あって一利なし』

だということを、肝に銘じておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

学校では、いちゃつき過ぎない

出典元:https://pixabay.com

中学生で恋愛をした場合、

『同じ学校同士の人と付き合う』

ことが多いでしょう。

そうなれば、

『学校でいちゃつきたくなる』

と思います。

ですが、

『学校でいちゃつき過ぎるのは、止めておいた方が良い』

と言えます。

周囲から冷やかされるだけなら良いですが、中には、

『悪質ないじめに遭う』

こともあります。

これは、大人の世界でも起こることであり、

『人が幸せそうにしていると、誰かがちょっかいをかけてくる』

可能性が大きくなります。

また、ちょっかいをかけずに、

  • 影で意地悪をする
  • 集団で無視をする
  • あることないこと、でたらめに噂を流される

 

など、あまり良いことがないでしょう。

信じられないかもしれませんが、世の中には、

『人を不幸にすることに対して、罪悪感を抱かない人間』

が存在しています。

そして、誰がそんな本性を隠し持っているのかは、

『はっきりと分からないことが多い』

のです。

人が無意識に持つ、

『負の感情』

というものは、誰もが一度は体験するものです。

それが積もり積もると、

『相手や周囲を不幸にしていく』

ため、幸せな姿を見せるカップルは、その標的になりやすいでしょう。

人が持つ負の感情は、

『甘く見ると、取り返しのつかない事態を巻き起こす』

こともあり、一生を狂わせてしまうこともあるのです。

その為、中学生で恋愛をしたとしても、

『学校など、人が多く集まる場所で見せびらかさない』

ようにすることをおすすめしますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学生の恋愛は、熱しやすく冷めやすい傾向がある

出典元:https://pixabay.com

中学生の恋愛というのは、

『熱しやすく、冷めやすい』

とも言われています。

特に、最近の中学生によく見られるもので、

「今日はとても好きだったのに、次の日には冷めている」

ことも、多いに有り得るのです。

実際、中学生でカップルになっても、

『すぐに別れてしまう』

ことは多く、複数の人と恋愛をしていることも少なくありません。

また、中学生で付き合って、その後別れた後、

『成人式で再会した後、付き合い始める』

ということもあります。

中学生での恋愛は、大人の恋愛のように、

『相手とどうやって人生を過ごしていくのか』

ということは考えません。

相手がなんとなく好きだと感じたら、

『すぐに付き合う』

といったことが多くなるのです。

その為、後のことを深く考えていることは少なく、

『あんまり一緒にいて楽しくなくなった』

と感じれば、すぐに別れてしまいます。

また、恋愛をしていても、中学生はあくまで、

『学生』

であり、他にやることがたくさんあります。

中学3年生になると、

『高校進学』

のため、勉強しなくてはならなくなり、恋愛どころではなくなるのです。

中学卒業と同時に、就職する人もいますが、

『中学生から始める仕事は、かなり大変』

であり、そもそも就職できないこともあります。

進学と就職のどちらにしても、

『忙しくなることは間違いない』

ため、恋愛をする暇も無くなるでしょう。

その為、中学生で恋愛をしても、

『ほとんど長続きしないまま終わる』

ことが多くなります。

熱しやすく冷めやすいという、

『今時の中学生恋愛』

は、恋愛を学ぶという意味では、健全だと言えるのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

相手と良く話し、信頼関係を築くことに専念する

出典元:https://pixabay.com

中学生の恋愛は、熱しやすく冷めやすいことを紹介しました。

ですが、中には、

『中学生の恋愛を、将来まで続けていきたい』

と考えている人もいるでしょう。

そんなときにどうするのかと言えば、

『とにかく信頼関係を築くこと』

が重要になります。

大人の恋愛と違って、中学生の恋愛は、

『早い段階から、仲を深めることが出来る』

というメリットがあります。

人生に、責任が取れるようになるまで続けるのは難しいですが、

『絶対に、将来一緒に過ごしていきたい』

と考えるなら、相手とよく話すことが重要です。

恋愛を続けていくと、相手の良い部分だけでなく、

『悪い部分』

も知ることになります。

それを早い内から知って、お互いに話し合うことで、

『多少のことでは、仲が悪くなることはない』

と言えます。

恋愛をして、別れてしまう原因としては、

『相手の悪い部分が許せなくなる』

ことが多くあります。

お互いが違う存在である以上、許せないことが出るのは当然ですが、

『折り合いをつけて、許せるような関係性になる』

ことで、長く付き合っていくことが出来るようになるのです。

また、相手のことを早めに知っておけば、

『自分と、本当に合うかどうか考える時間』

を、多く取ることも出来ます。

そこで、やっぱり合わなければ別れれば良いだけです。

ですが、

『悪いところも含めて、相手を好きになる』

ことが出来れば、お互いの関係は末永く続いていくことでしょう。

中学生という早い段階で知り合うことが出来たのであれば、

『相手と話し合う時間はたっぷりある』

ので、焦らずに関係を深めることをおすすめしますよ。

まとめ

『中学生の恋愛はどこまで彼氏・彼女とOK?今時の恋愛事情や健全な付き合い方を解説』

いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『中学生の恋愛は、よく考えて行わなければ人生を狂わせることもある』

ということが言えるでしょう。

中学生は、

『年齢的にも、まだまだ発展途上の段階』

となります。

自分では大人だと思っていても、

『いざ、責任の追及をされてしまうと、何も出来ない』

ことに気付く時が来ます。

そんな中、恋愛をするということは、

『一歩間違えれば、自分と周囲にいる人間全てを不幸にする可能性』

もあるのです。

ですが、逆に早い内から恋愛を知る機会にもなります。

どのような結果になるかは、自分次第なので、今回紹介した内容を参考にして、

『適度な恋愛を心掛ける』

ようにしていきましょう。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*