クールビズが終了した後の服装は?うっかり忘れていた場合はどうする?

クールビズが終了しても、日本の異常気象の影響で、暑い日が続いてスーツを着用してお勤めされる方は辛いものです。

なのでクールビズ期間が終了しても、あまりの暑さでうっかり「ネクタイとジャケットを忘れて出勤してしまった!」という経験ある方いるのではないでしょうか?

出勤中に「クールビズ期間が終わったんだった!」と気づいた時にはもう遅く、どうしたらいいのか頭が真っ白になります。

ネクタイとジャケットがないなんて絶望的ですよね。

うっかり忘れてしまった時、どういう対処したらいいのかわからない人の為に、本記事では

  • クールビズはいつからいつまでなのか
  • クールビズ終了後の服装
  • クールビズが終わってからネクタイやジャケットを忘れてしまった時の対処法
  • ネクタイやジャケットを着ている時の暑さ対策

についてまとめました。

クールビズはいつからいつまで?

引用元:https://www.pakutaso.com

2019年の、クールビズ期間は、5月1日~9月30日までと、環境省が発表しました。

2016年から2019年まで、クールビズ期間は変わっていませんが、毎年クールビズ期間は変わっていきます。

そもそもクールビズとは?

2005年に環境省が提案した、夏季の時期の服装の軽装を行い、室内の冷房28℃に設定し、節電しようという取り組みです。

暑さ対策として、夏季の期間は、ネクタイやジャケットの着用をせず、軽装な服にするよう呼びかけました。

クールビズという名前の由来は、「涼しい」・「格好いい」などをイメージしたCOOL(クール)と仕事の事を表す、Business(ビジネス)を短縮したBIZ(ビズ)を合わせて出来た言葉です。

2005年の4月に、環境省の一般公募によって選ばれたのがCOOL BIZ(クールビズ)です。

環境省が発表したクールビズ期間中の服装は、

  • ノーネクタイ
  • ノージャケット
  • 半袖シャツ
  • チノパン
  • かりゆしウェア
  • スニーカー

の、6項目です。

かりゆしウェアに関しては、環境省では、OKとしていますが、徹底されていないので受け入れていない会社がほとんどです。

クールビズが終了後の服装は?

クールビズ期間中に着用しなくてもよかったジャケットや、ネクタイをするというのが基本です。

半袖シャツから長袖シャツにし、チノパンやスニーカーの着用をやめ、スーツに革靴の変更が鉄則です。

相応しいビジネスファッション

シャツの色は白

白いシャツはどの色のスーツにでも合い、清潔感のある良い印象を与えてくれます。

派手なピンクなどの色もお洒落ですが、イメージを考えた時にあまりおすすめしません。

スーツの色は紺がおすすめ

ビジネススーツの基本の色は紺だといっても過言ではありません。

紺は、スッキリ見せてくれ、ビジネスでどの場面にでも好印象を与えてくれおすすめカラーです。

高級感のある革靴

ビジネスの世界では、足元までチェックされると言われています。

靴が汚いと、いいイメージに繋がりません。

良い印象を持たれるには、上品な茶色の革靴などがおすすめです。

お値段は高い物を選ぶ必要はなく、綺麗にお手入れされているかを重視することが大事です。

クールビズが終わったのにネクタイやジャケットを忘れてしまった時の対処法は?

引用元:https://www.pakutaso.com

正直に会社に連絡する

忘れた事に気づき、家に取りに戻っていたら遅刻してしまう状況だったら正直に会社に連絡するのがベストです。

会社に遅刻する事の方がマイナスなので、遅刻をしてしまうのであれば、正直に話しましょう。

忘れたのがネクタイであれば、コンビニ等で購入する

ジャケットを忘れたらもうどうしようもありませんが、忘れたのがネクタイだった場合はコンビニ等で売っている場合があります。

コンビニだとだいたい1000円~2000円くらいで売っています。

私もクールビズ終了の初日にネクタイを忘れてしまい、近くの百均で購入したことがあります。

ネクタイやジャケットを着ると暑い時の対応策は?

引用元:https://www.pakutaso.com

日本の異常気象の影響で、クールビズが終わってからも暑さが厳しい時ありますよね。

暑いのにネクタイやジャケットを着用しなければならないので辛いものです。

少しでも暑さをしのぐ対応策はないか考えてみました。

シャツは夏用を着用する

クールビズが終了してからはネクタイやジャケットを着用しないわけにはいかないので、せめてシャツは少しでも涼しくなるよう、夏用のシャツを着用するようにしましょう。

夏用のシャツは通気性がいいものが多く、体温を下げてくれる機能もついているので快適に過ごせます。

汗ふきシートを使用する

汗ふきシートで顔や手を拭くと汗を吸収してくれるだけでなく、涼しく爽快感が得られます。

手軽に購入でき、暑さ対策になるのでおすすめです。

冷却スプレーを使用する

薬局やコンビニエンスストアでも見かける冷却スプレーをクールビスが終わった後も常に持ち歩いていると便利です。

10月でもまだまだ暑く、耐えられないと感じたら、冷却スプレーを使用すると気持ちよく手放せなくなります。

携帯型扇風機を持ち歩く

雑貨屋、100円ショップなどで購入できる持ち運びが出来る小さな扇風機をかばんに入れとけばいつ、どこの場所でも使用できます。

暑くてたまらない時は風を当てるだけで全然違います。

クールビズに関する皆の声

ネクタイやジャケットを忘れてしまった…

皆気を付けていてもうっかり忘れてしまう人が多いようです。

仕事に大事なネクタイとジャケットを忘れてしまうと休みたくなるくらいの絶望感分かります。

慌てて出勤準備していると、「忘れないようにしなくちゃ!」と頭で分かっていても出勤してから忘れた事に気付く事ありますよね。

クールビズとか暑すぎて無理…

クールビズが終わっても、10月はまだまだ暑いですよね。

10月にクールビズが終了になっても、全国的にまだ28度以上の所が多いので、ジャケットいらないですよね。

暑い気候の中、ネクタイとジャケット着用は熱中症になって倒れてしまう人がいるのではないかと心配です。

まとめ

厳しい暑さが10月になっても続く事や、クールビズの期間が5月~9月までと期間が長いこともあり、うっかりクールビズが終了してからネクタイやジャケットを忘れてしまうって人多いのではないでしょうか。

クールビズが終わったのにあまりの暑さに耐えられないという声が多いので、もう少しクールビズの期間をずらすか、延長してほしいなと感じました。

それでは最後まで読んで下さりありがとうございました。

関連記事