ダサい女のあるあるや特徴まとめ!ダサい女を脱却する方法も徹底解説

おしゃれな人やかわいい人など女性の中にもいろんな人がいます。

しかし、対して「見た目がダサい女」「中身がダサい女」という人がいるのも現実です。

やはり他人から見られるうえでそのようなダサい女には見られたくないですよね。

そこで今回はダサい女の特徴などを解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次

男性から見たダサい女のあるあるや特徴は?ファッション編


引用:https://pixabay.com

男から見てダサい女のファッションを解説していきます。

いくつか特徴を書いていくので参考にして下さい。

色合わせが変

ダサい女のファッションの特徴としえt色の引き算が苦手で、とりあえず足し算形式で色を入れがちです。

そのため、私服が全身派手な色合いだったり、色が喧嘩しているような人が多くなります。

色合わせがちぐはぐになってしまうと「ダサさ」「変わり者」といった印象を与えてしまいます。

ファッションは人それぞれですので、完璧な物を目座右必要はありません。

70点をまず取ってから、自分の色を出していくのは良いですがそれ以前に自分の毛色を出し過ぎると派手でダサいだけです。

バランスがおかしい

服の色合い自体は無難な物を着ていても、上がオフショルダーで下がショートパンツなどの露出が多かったり上と下の服でバランスを取ることができていません。

上が露出の激しいものの場合は下は抑えるなどのバランス取りがファッションには重要になってきます。

ファッションは自分色に突き抜けるより、相手の好みに寄せることも重要です。

どうしても突き抜けすぎると自分では思っていなくても、周りから見て「ダサい女」という烙印を押されてしまいます。

年齢に合わない

20歳を過ぎてもフリフリな物を着ている人がいます。

フリフリなものは小学生や中学生までという印象が多くの人の中にありますし、そのような物を20歳を過ぎた大人が着てしまうとダサいと思われてしまいます。

自分の年齢と服装を合わすことができない人はギャップが生まれてしまい不自然になります。

年齢が上がっていくにつれて自分に合った服装を着ていかないとどうしても不自然さは取り除かれません。

季節感がない

女性の中でも春なのに冬物のコートを着たり、夏なのに暑苦しそうなブーツを履いている人がいます。

このような季節感が合わない服装をしていると、周りとのギャップが生まれてしまい当たり前のことができないダサい女と思われます。

ファッションはいつどのような物を着るということもとても重要になります。

体型に合わない服を着ている

ダサい女は自分を客観視できないので、自分に合うものではなく自分が好きな物を買ってしまいます。

足が太いのにスキニーパンツを買ってしまったり、足が短いのに太く見せてしまうワイドパンツを買ってしまうことなどです。

自分の特徴を客観視できておらず自分が似合う服をわかっていません。

いくらかわいい服でも着る人が違えば印象も変わってきます。

自分に似合うかどうかを基準にして考えるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

着古した服を着る

洋服は着るたびにほつれたり、伸びたりしていきます。

いくらお気に入りの服でもほつれたりすると見た目が廃れてきますし元の形を失ってしまいます。

そのような服をいつまでも着てしまうとダサい印象を与えてしまいますし、いつもこのような服ばかり着ているのかと思われてしまいます。

着古した服は見た目ですぐわかります。

そのような服は捨てて新しい服を着るようにしましょう。

男ものばかり着る

自分はボーイッシュな女性だから男っぽい服を着る、ということは間違いです。

ボーイッシュな女性は女性の服を着て上手くその雰囲気を醸し出しています。

男性の物を着てしまうとどこかアンバランスな印象が出てしまいますし、いつもそればかりだと服装に気を使っていないと思われてしまいます。

それだとどうしてもダサいと思われてしまいますので、女性ものの服を着るようにしましょう。

だぼだぼな服

近年はもえ袖というような感じで袖の中に手を隠している女子が増えています。

しかし、あれは度が過ぎるとかわいくないですし、可愛くない女子がやってもただサイズ感があっていないだけに感じてしまいます。

だぼだぼな服を着てしまうと全体的なバランスも悪くなってしまうのでだらしなくなってしまいますよ。

生活面もルーズな印象を与えてしまうので良いことはないですね。

流行おくれの服をいつまでも着ている

ファッションセンスがない人は何年前の服なのかといいたくなるような服をいつまでも着ていることが多くあります。

たとえ自分でその服を気に入っていても、流行は常に移り変わり、オシャレと思われていた服でもダサく見えてしまいます。

ダサい人はいつまでも自分の気に入ったものを着がちなので周りから変な目で見られないうちにしっかりと切り替えましょう。

清潔感がない

Tシャツの首の所が汚れていたり、しわを伸ばしていない服を着てしまうとファッションセンス以前の問題として生活感が疑われます。

清潔感がないと人間としても普段の生活から疑われてしまうので靴や服などのお手入れはしっかりとしておくようにしましょう。

いつも同じ服

ファッションセンスがない人はいつも同じ服を着ています。

色んなコーデを考えるのが面倒くさいからと言って同じ服ばかり着てしまうとファッションに関心がないと思われてしまったり、ダサいから考えないと思われてしまいます。

同じ服はある程度感覚を開けて着るようにしましょう。

ブランドものばかり身に付けている

私服を無駄にブランドものばかりで固めている人がいます。

トップスもボトムスも、鞄も靴も同じブランドものばかりで見た目的にも良く分かりロゴなどの主張が激しいものです。

これはもうおしゃれではありません。

ただ自分がお金持ちということを自慢したかったり、ブランド物を身に付けている私を見てといわんばかりです。

そのような人は周りから見るとダサいの一言ですし、ブランド物もうらやましくありません。

柄物がうるさい

服装の中にいくつか柄物を入れることは良いですが、ダサい人は上の服も下の服も柄物ばかりで揃える人がいます。

そのような服は見た目的にも主張がうるさく柄物ばかりで統一感もありません。

柄物がうるさいともちろん服装もおしゃれに見えることはないですし、ダサいだけです。

柄物はシンプルなものと組み合わせることで生かされていきます。

柄物をたくさんいれることはやめておきましょう。

おしゃれの最先端の勘違い

変わった形の防止やトップスなど、本人は流行の先取りのつもりですが周りから見るとそのおしゃれには疑問が残ります。

周りと違う自分にほれぼれしているだけです。

おしゃれという概念は他の人から見た自分の評価です。

自分が思う服を着ることは結構ですが、オシャレと思われたいのであれば他の人が見て喜ぶような服を着るようにしましょう。

流行の最先端の勘違いはダサい女によくありがちです。

間違った知識を付けたり、行き過ぎた考えはやめておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男性から見たダサい女のあるあるや特徴は?性格編


引用:https://pixabay.com

次に、ダサい女性でも性格面でダサい人を見ていきます。

ここではダサい人の性格面での特徴を見ていきますので参考にして下さい。

自分本位

ダサい女は精神面での余裕がなく自分しか見えていない人が多いです。

客観視に自分を見ることができず、自分のやりたいことをそのまま相手に伝えてしまったり、その行動をすることで自分がどのように見られてしまうのかを考えることができません。

そういった人はコミュニケーションの面での不安もあります。

しっかりと自分を色んな方向から見ることができるようにしましょう。

めんどくさがり

ダサい女の人は「めんどくさがり」の人も多いです。

見た目もあまり気にしなかったリ、全体的に何も考えず面倒くさいからと適当にやってしまいます。

そういった人は自分をもっと美しくしようとしたり、努力を怠ってしまいます。

めんどくさがりはモテませんし、ダサい印象を与えてしまいますね。

プライドが高い

ダサい女は自分の間違いを認めません。

全ての事を勝つか負けるか、上か下かで考えてしまい自分は常に上にいたがります。

プライドが高いと柔軟な考えをすることができませんし、何でも相手と競ったり、相手をけなしたりしてしまいます。

プライドが高い人はダサいですね。

愚痴が多い

ダサい女は自分に甘く人を厳しく見るので、嫌なことはすぐに愚痴ってしまいます。

もちろん人間なので嫌な事はありますし、愚痴を言いたくなることもあります。

しかし、人の前で愚痴ばかり言ってしまうと相手から悪い印象を持たれますし、人の愚痴ばっかり言ってつまらない、「ださい」人間という烙印を押されてしまいます。

楽しい時間を過ごしたい時ほど愚痴は言わないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

表情が少ない

感情をあまり出さない人もいますが、笑顔は大切です。

楽しいことがあると笑顔を出したくなりますし、相手の笑顔を見ると自分も笑顔になるものです。

しかし、ダサい女は笑顔や色んな表情が少なく、相手に感情を出さないようにします。

するとコミュニケーションに障害ができてしまい、相手からすると、とっつきにくい人、ダサい人という感情を抱かれてしまいます。

勘違い女

自分の事を可愛いと思ってやっている行動やしぐさは全てダサいです。

わざとらしい萌え袖やアヒル口、上目遣いなどは自分の事を可愛いと勘違いしていないとすることができません。

やればやるほどダサいですし、ダサい人はそのようなことに気づきません。

女受けはしないことはもちろん、男受けもしないのでもしやっていたらすぐにやめましょう。

女らしさがない

女性はやはり女らしさが重要です。

普段の言葉遣いや姿勢、身だしなみはもちろん、気配りなどもです。

そういった女性らしさがない人は相手から見るとただ、ダサいだけですし、何も魅力がありません。

女らしさは意識することで身につけることができます。

マナーを守らない

挨拶をしなかったリ、約束した時間を守れなかったリ、といった基本的なマナーを守らない人は人間としてだめです。

マナーは言われないと気づかないことが大半で、相手の事を気にしていないからそのようなことができます。

こういった人はもちろんダサいですよね。

いくら外面が良くてもこんな内面を持っていると誰も近寄ってきません。

空気を読めない

友達同士で集まって楽しくしゃべっているのに、一人だけスマホを見てしまったりすると周囲の人は空気を読めない人だと認識してしまいます。

空気が読めないと、もちろんその後の遊びや飲み会に誘われることがありませんし、陰口を言われてしまう要因にもなるでしょう。

しかし、そういったことは空気が読めない自分が悪いのでしっかりと直しましょう。

空気が読めない人はダサいです。

優しくない

女性として人に優しくないとダサいと思われてしまいます。

優しいということは人間としても基本的な部分になりますし、相手のことを思いやれることは素晴らしいことです。

誰にでも優しくする必要はありませんが、助けを求めている人がいたらしっかりと助けてあげましょう。

人にやさしい人は性格面でも褒められることが多いですし、相手からも優しくされることにつながります。

相手によって態度を変える

相手が立場の弱い人だと上からの態度でいたり、偉そうにしたりしますが、相手の立場が上だと気遣いのできる女を演じたり媚を売ったりするような人がいます。

そのような女はダサいと思われてしまいますし、周囲からすると本当に迷惑ですし嫌な女と思われてしまいます。

露骨な媚をしたり、相手によってころころと態度を変える人は相当嫌われます。

ダサい女はすぐ態度を変えがちです。

他人の価値をステータスで判断する

誰に対しても人の価値をステータスで判断する人がいます。

男性相手であれば身長や年収、役職などしか見ておらず、中身は重要視はしません。

このようにステータスで判断する人は嫌がられますしダサいと思われてしまいます。

その人の価値はそんなものだけで決まるものではありません。

価値をステータスで判断することを隠していても、話していたら相手からすると分かりますし友達としても人間性を疑われることになります。

価値をステータスで判断することはやめておいてくださいね。

人の幸せにケチをつける

ダサい女は人の失敗談は好きですが、人の成功談は嫌いです。

そのため人の幸せそうな話を聞くとケチをつけます。

結婚するという話を聞くと、その相手の人を「年収低そう」、「かっこよくない」などとけなしたりして自分の方が上に立とうとします。

そのようなことを言って相手の嬉しそうな顔をつぶそうとします。

このようなことはダサい女は無意識で言っています。

周りからすると嫉妬の気持ちで言っているように思えますし、人をけなすことを聞いていい気持になる人はいません。

人の幸せにいちいちケチをつけていてはダサいとしか思われません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダサい女はもてる?


引用:https://pixabay.com

おしゃれはモテたいからする人が多いですよね。

しかし、一概におしゃれな人がもてているわけではありません。

かなりおしゃれな人は男性から見ると、確かにおしゃれには思えますが、あまりにおしゃれすぎると高嶺の花になってしまい恋愛対象としては見られることが少なくなってしまいます。

そのため「ださい」というよりは「丁度いい」人が持てる傾向にあります。

男性からしてとっつきやすいような服装をしている人はモテますし、告白をされる回数も多くなります。

男性から手が出されにくいような高嶺の花になってしまわないように程よいラインを目指すようにしましょう。

ダサい女を脱却する方法は?ファッション編


引用:https://pixabay.com

今現在ださいという自覚がある人はやはりダサいから脱却したいですよね。

まずは、ダサい女を脱却するための方法をファッション編で見ていきますので参考にして下さい。

ファッション雑誌を読む

ダサい女を卒業したい、ファッションセンスを磨きたいと思ってもどこから手を付けたらいいのか分かりませんよね。

ファッションセンスを磨くためにはしっかりと情報を仕入れる必要があります。

色んな人がどんな服を着ているのか、どんな服が流行っているのかという情報をしっかりと仕入れましょう。

そこで、ファッション誌を読むことをおすすめします。

ファッション誌はその時一番人気のある服を載せてくれますし、流行も追及してくれています。

しっかりと最新のファッション誌を読んでファッションに関する情報を仕入れるようにしましょう。

色使いを重視する

コーディネートでとても重要なのが色使いです。

いくら服自体が良くても、全体的に色がぶつかり合い喧嘩してしまうといい服もダサく見えてしまいます。

そこで色使いの基本として全身の色を3種類以下に収めるようにしましょう。

3種類以下の色使いをすることで全体的にまとまった印象を与えることができますし、無難なファッションになることができます。

自分が色使い苦手と思う人は特にこの基本を意識しましょう。

自分に合うファッションを見つける

ファッションには色々あり、それぞれに合うものと似合わないものがあります。

そこでまずは自分にはどのような服が似合うのか、似合わないのかを試着などを通して確認するようにしましょう。

いくらいい服でも自分に似合っていないとおしゃれには見えません。

しっかりと自分に合う服を見つけることで今後のファッションの方向性も見えますし、服の購入時もどこまで悩むことがなくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

買い物はアドバイスしてくれる人と行く

ファッションを改善しようとして最初買い物に行っても中々どのような物がいいか分かりませんよね。

そこで一緒に買い物に行ってアドバイスをしてくれるようなおしゃれな人を連れていきましょう。

自分の格好は自分よりも相手の方がしっかりと見ていて、客観視目線を取り入れることもできます。

今まで自分で服を選んでいてダサい場合は、一人で買い物に行っても簡単に治すことは出来ません。

客観視目線を教えてもらいながら、どんなものが自分に似合うのか教えてもらいましょう。

髪やメイクも気を抜かない

服装に力を入れても髪がぼさぼさだったり、メイクが適当だと全体的に見ておしゃれだとはなりません。

髪形やメイクなどもその時の流行などがありますし、季節に合わせてしっかりと変えていくことが重要になります。

また、服装に合わせて髪形やメイクをすることも大事です。

服装がストリート系なのに、髪形は清楚系な物をしてしまうとアンバランスになってしまいダサくなってしまいます。

しっかりと服装だけでなく、髪形やメイクも気を使いましょう。

姿勢をよくする

ダサい女の特徴として、姿勢が悪く下を向いているということもありがちです。

姿勢が悪いと服装が良くてもダサく見えてしまいますし、自信がない様に映ってしまいます。

しっかりと自分に自信を持って姿勢をよくしたり、笑顔を増やすなどして自信を持つようにしましょう。

姿勢がいい人は美しく見えますし、ダサく見える事はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダサい女を脱却する方法は?性格編


引用:https://pixabay.com

では次にダサい女を脱却する方法として性格面を見ていきます。

いくつか紹介していきますので参考にして下さい。

相手を尊重する

日頃から相手の事を考えて尊重することをしていますでしょうか?

ダサい女はそういった事は出来ていません。

上から目線になったり、相手の事を考えずに自己中心に動いてしまいます。

無意識にやっていることが多く、意識しないと簡単には治りません。

相手の事を思いやり、尊重して相手の話を聞くようにしましょう。

相手が間違っていることを言ったり、自分と違うようなことを言うとすぐに批判したくなると思いますが、その時には「人それぞれの考え方がある」ということを理解しておきましょう。

相手の事を考えて発言したり行動するようになれば自然と尊重することにつながります。

相手を尊重することができれば、自然とダサい女を卒業することになりますよ。

マナーを身に付ける

行動や作法がその場にふさわしくないことをすることはマナー違反です。

そのようなマナー違反は誰かに言われないと気づかない物ですし、本人が意識しない限りは治りません。

友達と遊びに行く時や恋人と遊びに行く時でも公共の場でうるさくしてしまったりなどのマナー違反を行うとダサくなってしまいます。

そうならないように普段の生活から自分がされたら不愉快になる事をしないようにしましょう。

自分がされたら嫌なことは同じく相手も嫌です。

マナーはとても大切なので気を付けて下さいね。

交友関係を大切にする

交友関係を大切にする人は、それだけ周りの人からの評価も高くなりますし、自然とその輪が広がっていきます。

自分を中心に考えてしまい友達をないがしろにする人は、相手からもないがしろにされてしまいます。

せっかく仲良くなった人を言動や行動で失わないようにしましょう。

相手がいることの重要性や、友達がいることを当たり前だと思わずに強がらないようにして下さいね。

自分と仲良くしてくれる人はとてもありがたいですし、関係を大切にしましょう。

SNSで自慢しない

SNSの使い方はもちろん自由ですし、自分が楽しかったことや嬉しかったことを載せすぎるのは、見る側にとっては自慢に受け取られてしまいます。

ダサい人は自分の事を上に見て自慢することが多いので、それがSNSにも波及しがちです。

SNSで自慢しすぎないようにすることで見る側のストレスもなくなりますし、何か変わったのかなと思ってくれる可能性も高くなります。

それで性格面が改善されたと思ってくれると嬉しいですし、新たな交友関係にもつながります。

SNSは自由に使ってもちろんいいですが、見る側の気持ちになって考えてみましょう。

約束のドタキャンはしない

どれだけ軽い約束でも一度約束をするとそれにしっかりと対応をすることが大切です。

自分は軽い約束のつもりでも相手はそれを楽しみにしていると、ドタキャンをするとかなり傷つけてしまいます。

一度でもドタキャンをすると相手からの信頼を一気に失ってしまいますし、もう誘われることがなくなるかもしれません。

信頼を失わないためにも約束のドタキャンはしないようにしましょう。

ポジティブな考えをする

ダサい女の特徴として常にネガティブな思考をしてしまう傾向があります。

したがって嫌なことがあったと感じたときは愚痴が出がちですし、相手にも嫌なことを言ってしまいます。

嫌なことがあったときでも、その負の感情を相手に押し付けるのではなく、ポジティブな感情に変えるようにしましょう。

人間だれしもネガティブな人を見ているとどこか暗い気持ちになりますし、そんな人とは話したくもありません。

ポジティブな人は前向きですし、そういった人は周りから見ても支えてあげようとなります。

いきなりなんでもポジティブに感がることは無理ですが、徐々にマイナスなことを前向きに考えることができるようにしていきましょう。

誰にでも丁寧な言葉遣いをする

店員や一度会ってもう会わないような人には適当な言葉遣いをしてしまう人がいます。

しかし、そのような言葉遣いは友達や恋人から見られていますし、その面を隠すことは出来ません。

近くの人には優しいが、遠くの人に優しくないと、優しくないほうが本性だと思われてしまい嫌な女と思われてしまいます。

そうならないためにも普段から誰に対しても丁寧な言葉遣いや対応を心がけましょう。

常に見られているわけではありませんが、偶然誰かが見ていてあなたの評価が上がることがありますよ。

まとめ

今回はダサい女の特徴や改善する方法も見てきました。

ダサい女には共通点があり、そこを理解して改善することが大事です。

しっかりとダサい女を脱却するために意識づけしていきましょう。

この記事を読まれた方は下記の記事もおすすめです。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*