飲み会で話せない人の特徴・性格は?うまく話すためのコツや話題を解説

大学や社会人につき物なのが飲み会。

どんなグループに入ってもありますし、飲み会が多い所だと飲み会を楽しく過ごせるかどうかがとても重要ですよね。

飲み会で相手に気を使い上手く話すことができない人も多く、苦労するものです。

そこで今回は、飲み会で離せない人の特徴と改善方法などを解説していきます。

飲み会でうまく話せない人の特徴や原因は?


引用:https://pixabay.com

飲み会で話すことができないという人はたくさんいます。

そしてそれらの人の中には共通点や原因があります。

ここではその特徴や原因などを見ていきます。

声が小さい

飲み会では周りがガヤガヤしていたり、大人数で話すことも多いですよね。

その時には大きな声を出さないと会話に入ることができないですし、他の人に気づかれません。

そのため、普段静かな場所で話すことができる人で、飲み会の場で話すことができない人は声が小さいということが原因で話すことができないですね。

ポジション取りが良くない

飲み会にはポジション取りもとても大切です。

良く離す人が飲み会のメンバーの中にいると、そっちの方向に皆が顔を向ける機会が多くなります。

そのため自分がその人と反対側にいる場合は孤立してしまい話に参加することがしにくくなります。

座るポジションは良く話す人の近くにいるようにしましょう。

飲み食いの集中しすぎる

飲み会だからと言ってお酒を飲んだり食事に夢中になりすぎていると話すことができません。

食べ物を食べていると話すこともできませんし、食べ物をとっている間も話題に乗り遅れてしまいますよね。

飲み会で飲み会に夢中になっている人はどうしても話に参加することが難しくなります。

話題に乏しい

飲み会で話すことのできない人は飲み会に行く前の準備をできていない人も多くいます。

飲み会では話しかけられることが多いわけではありません。

そのため自分から話題を提供することも重要になり、相手が関心を持つことを話に出すことで話題の中心になることができます。

そこで飲み会に行く前にはしっかりといくつか話題を準備しておき、無難に立ち回ることのできるようにしておきましょう。

話しかけづらいオーラを出している

飲み会で離せない人は、自分から口を開かないというだけでなく、周りから見ても話しかけづらいオーラが出ているものです。

自分が話題に入ることができないからとそっぽを向いたり、ずっと下の方を向いたりしていると余計に話しかけられなくなります

話せなくて周囲の話を聞いている時も反応をしたり、笑顔見せたりするようにしましょう。

お酒が苦手

近年の若者はお酒離れが進んでいます。

そのため、普段からお酒を飲むことがないので酔うことに慣れていない人やお酒に弱く酔うと眠くなってしまうので話どころではなくなってしまいます。

普段から少しずつお酒をたしなみお酒になれたりするようにしましょう。

飲み会で話せるようになるためには?


引用:https://pixabay.com

飲み会で話すことができるようになればもっと飲み会が楽しくなりますよね。

飲み会で話すためにはいくつか必要なものがあります。

ここでは飲み会で話すことができるようになる方法を解説していきます。

聞きに徹する

飲み会を楽しくするためには聞き役に徹することもとても重要です。

聞き役に徹すると、自分から話す必要もないですし先輩などからは特に喜ばれます。

無理して話してつまらないと思われるよりも、相手の話をしっかりと聞くことを重視する方が相手も喜び飲み会の雰囲気も良くなります。

普段のコミュニケーションが大事

飲み会は仲良しの人が集まってテーブルを囲んでいます。

そのため飲み会を楽しんでいる人は普段からコミュニケーションをとれる、ある程度仲良しの人がいる人です。

飲み会では知らない人と盛り上がれるほど簡単なものではありません。

知らない人と盛り上げることのできる人は数少ないコミュニケーション力が高い人間なだけです。

そうでない人はしっかりと普段からコミュニケーションをとって活動していきましょう。

笑顔でいる

飲み会で上手く話せなかったとしても飲み会では良く話すことのできる人が話を振ってくれる可能性があります。

話を振ってくれやすい態度」でいるようにしましょう。

誰もがムスッとしているような人には話を振りたくないですよね。

そんな人よりは笑顔でニコニコしている人の方が話しかけやすいですし、話を返してくれると感じます。

笑顔は飲み会を円滑に進める方法なので、是非笑顔でいるようにして下さいね。

愚痴を言いすぎない

飲み会は仕事の話をしたり、疑問点を解決したりするチャンスですよね。

しかし、そこで愚痴を言いすぎるとその愚痴が他の人に回ることがありますし人間性を疑われることがあります。

また、飲み会の雰囲気が悪くなってしまうこともあるので愚痴を言ってしまうと話が盛り上がらずその後も話を振られなくなってしまいます。

愚痴をいいすぎないように気を付けましょう。

飲み過ぎない

話すことができないからと飲み過ぎると酔っぱらってしまい話どころではなくなります。

飲み会なのでラフな気持ちで臨むのは大切ですが、飲み過ぎて他の人に迷惑をかけてしまうのはNGです。

アルコールを飲み過ぎて迷惑をかけずにほどほどにたしなむようにしましょう。

飲み会で使える話題は?


引用:https://pixabay.com

飲み会で上手く話すことができない人はしっかりと話題を準備していくことをおすすめします。

ここではおすすめの話題をいくつか紹介していきますので参考にして下さい。

仕事関係の話

飲み会は普段話すことのできない先輩社員でも態度が柔らかくなっており、話すことができます。

この機会を生かして普段の仕事の悩みを相談したり、疑問点を解決したりしましょう。

せっかくの飲み会なので会社で頑張るという姿を見せることもできますし、仲良くなろうとしていることも伝わります。

休日の過ごし方

仕事の飲み会だと、普段仕事をしている姿しか見ていないので休日に何をしているかを話すと盛り上がります。

普段真面目に見える人が趣味が音楽でバンドをしているとギャップがあり、そこから話もつながったりしますよね。

休日に何をして過ごしているかを話すことができるように準備しておきましょう。

学生時代は何を学んでいたか

学生時代に何を学んでいたかという話も会社の飲み会にはもってこいです。

それぞれ学んでいることが違うとそれぞれの話で盛り上がりますし職場の人がどんなことを勉強していたのかは知らないことが多いですよね。

無難な話のネタになるのでおすすめです。

食べ物・お酒の話

相手がどんな人でも使える話と言えば好きな食べ物やお酒のついてです。

飲み会で飲んでいるお酒から波状して話すこともできますし、相手に好きなお酒は何なのか、食べ物は何なのかということも聞くことができます。

美容の話題

女性限定の話になりますが、美容系の話題は女性の中では鉄板です。

女性は誰でも美しくありたいものですし、そのためには美容コスメの使用が欠かせません。

そこで自分が使っているコスメの話でも良いですし、肌がきれいな人に何を使っているのかなど聞いても良いでしょう。

ほめられると嬉しいですし、コスメの話から広がること間違いなしです。

出身地の話

社会人の飲み会だと、出身地が色んな所ということも多いですよね。

相手に方言があったり、自分の出身地が特徴的な場合などは出身地を聞いたり、言ったりして盛り上がりましょう。

全く知らないことを知ることができますし、近い都道府県の場合はあるある話や学校の事でも話すことができます。

困ったら出身地の話をしましょう。

自分の失敗談

いざ自分の失敗談を話すことが恥ずかしいと思いますよね。

しかし、人間はちょっと抜けている人の方が愛されやすいですし好感を抱かれます。

そのため自分からちょっとしたミスしたことを話すとギャップを与えることができ、今までよりも深い仲に慣れることがあります。

飲み会の前には自分の失敗経験を思い返しておいて、はなすよういをしておきましょう。

恋愛の話題

男女ともに盛り上げる話題ですが、特に女性の場合はおすすめです。

自分の付き合っていた人、付き合っている人など恋愛系の話は尽きることがありません。

しかし、あまり知らない人がいる会社の飲み会などでは持ち出さないほうが良いでしょう。

第一印象の話題

少し仲良くなってからの飲み会だと第一印象からだいぶ変わっていることがあります。

見た目が怖い人でも中身が優しいと、見る目が変わりますよね。

そこで最初の第一印象を語ると思い返して楽しくなりますし、相手もどう思われていたのか聞くのが楽しくなります。

しかし、しっかりとある程度仲良くなっていないと無理なことなので、その点は考えておきましょう。

将来設計の話題

会社に入っているからには何か適当に働いている人もいるかもしれませんが、しっかりと目標を持って働いている人も多くいますよね。

そこで将来どんなことをしたいのか、何歳に何をしたいのかなどの将来設計を聞いたり、自分から話したりしましょう。

その将来設計の話でアドバイスをもらえることができたり、自分の意欲向上につながることもあります。

でもうまく話せなくても全然問題ない


引用:https://pixabay.com

飲み会は苦手という人が多いです。

もちろんたくさん改善策もありますが、飲み会で話すことはそこまで重要ではありません。

案外、そこにいるだけで何かしら役に立っていることが結構多くあります。

例えば3人で飲んでいる時に、全然話をしない人がふとトイレに行ったりすると、なんだか居心地が悪かったりします。

話をしていなくても雰囲気を保つ役割を担っているのです。

いるだけで役割はありますし、飲み会に誘われているということはその価値があるのです。

無理して自分を変えようとしなくても大丈夫です。

まとめ

今回は飲み会で話せない人の特徴や性格などを見てきました。

飲み会では無理して話す必要もありません。

ただ、話せるようになりたい場合は今回紹介した改善方法を試してみて下さいね。

こちらの記事を読まれた方は下記記事もおすすめです。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事