飲み会に誘われない人の特徴や誘われる方法は?誘われないメリットも解説

普段どれくらいの頻度で飲み会をしていますか?

たくさんしている人もいますが、中にはなかなか誘われなくなってしまったという人もいますよね。

それは色々な事情があったかもしれないですが、共通して誘われない理由というものがあります。

そこで今回は飲み会に誘われない人の特徴を確認していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

飲み会に誘われない人の特徴は?


引用:https://pixabay.com

男女共通して飲み会に誘われない人には特徴があります。

やはりその特徴があると誘われないですし、直さない限りは次がありません。

ここではその特徴をいくつか見ていきます。

酒癖が悪い

お酒を飲んだら明るくなる人、泣く人、良くしゃべる人などに分かれ、楽しいお酒の場合は良いですが、暴れたり他人に絡んだりする人は迷惑ですよね。

そういった酒癖が悪い人は飲み会に呼ばれませんし、怖いと思われてしまいます。

マナーが悪い

これはお酒の場だけではないですが、飲酒や飲食の仕方が汚かったり、自分だけ好きな物をたくさん食べたりすると嫌がられます。

最低限のマナーは守らないとお酒の場だけでなく、遊びの場にも呼ばれなくなってしまいます。

喫煙者

たばこを吸うから嫌われれのではなく、ヘビースモーカーで他の人に迷惑を掛けるくらい喫煙する人は嫌がられます。

お酒を飲んでいる時くらい我慢してくれたほうが相手からしても嬉しいですし、飲み会の場にいても何も思いませんよね。

話題が暗い

お酒を飲むと他の人の悪口をたくさんいう人がいますが、少しであればそこまで問題はありません。

しかし、その量が多くなると気分を害しますし、話していても面白くありません。

そういう人は呼ばれなくなってしまいます。

態度に出す

お酒の場が面白くないときもありますよね。

そんな時は表に出さず、心に隠しとくのが礼儀です。

しかし、その態度をあからさまに出したり、帰りたいそぶりを見せると他の人からは鬱陶しがられます。

セクハラ発言をする

特に男の人の場合ですが、酔うと女性にセクハラ発言をしてしま人がいます。

そういった人は女性から煙たがられますし、男性からしても度が過ぎると迷惑なだけです。

セクハラ発言はやめるようにしましょう。

お酒の強要

お酒が進むと、年下や女性に強いお酒を進めたり、無理やり飲ませようとします。

こういった強要はもちろん嫌われますし、楽しく飲むことの妨げとなります。

しかも泥酔するタイプは一番ダメですね。

自分の話しかしない

酔うと途端に自分の武勇伝ばかりを語りまくる人がいます。

そういった人は他の人から煙たがられますし、特に若い人からは支持を得ることができません。

そういったことが続くと飲み会に呼ばれなくなります。

集まりに興味を示さない人

飲み会でなくても普段から遊びなどに興味を示さない人はノリが悪い判定になります。

興味を示すことはとても大切ですし、誘いやすくなります。

どうしても反応がないと飲み会にも当然誘われませんよね。

支払いを渋る人

この傾向は女性の場合に多いですが、奢られて当たりまえの姿勢でいると鬱陶しがられます。

おごられたときもしっかりと感謝の意を述べることが大事です。

そのような当たり前のようなことをしない人は呼ばれなくなってしまいます。

同じ話ばかり

飲み会中に自分の面白い話をするのはもちろんいいことです。

しかし、その話を何回も繰り返したりすると煙たがられますし、別の日にその話をもう一回する人は最悪です。

そんな人は呼ばれません。

ソフトドリンクしか飲まない

お酒を飲む量はもちろん人それぞれですが、1杯目からソフトドリンクしか飲まないと相手からしても面白くありません。

どうしてもお酒の場に誘われなくなってしまいます。

付き合いでもいいので1杯目だけでもアルコールを飲んでみて下さいね。

自分から誘わない人

飲み会に誘われないという人は自分から誘っていないパターンも多くあります。

受け身だといつまでたっても誘われません。

自分からも誘うようにしましょう。

べたべたする人

この傾向は女性に多くあります。

酔うと人との距離感が近くなり、べたべたしだします。

そういった人は女性からの評判も悪くなりますし、呼ばれなくなりますね。

男性からは呼ばれるかもしれませんが……

飲み会に誘われない皆のコメント


引用:https://pixabay.com

飲み会に誘われない人はどのように思っているのでしょうか。

実際に声をいくつか見ていきます。

飲み会に誘われない…会社で働いて5年目の主婦です。同じ部署の7~8人で飲み会を2ヶ月に1度開いているらしいのですが、1度も誘われません。もう一人、私と同じく会社の初期からいる同僚がいるのですが、その人と私だけ誘われていませんので2人で気にしています(^_^;)
引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

この人は職場で2人だけ誘われないようです。

素振りなどは悪くないといっていますが、面白くないかもしれないのが理由かもしれないといっていますね。

あまり気にしない方がいいのかもしれませんが、やたら気になってしまいます。集団の中で全ての人とうまく付き合うなんて無理な話だし、どこにでもあるような話な気がしますが、あまり気にしない方がいいんでしょうか。
引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

この人の場合は、誘われないことが気になるようです。

やはり誘われないとどうしても気にしてしまいますよね。

職場の飲み会に誘われない=人望がない?寂しくて悲しくてショックです。
引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

この人の場合は、飲み会に誘われないことを人望がないということで悩んでいますね。

人望がないことは関係しそうです。

飲み会に誘われないのは失礼では?
私は職場では職場以外の付き合いはしたくない、する必要はない、という考えで飲み会にもいきたくないので断りをします。
引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

この人の場合は、飲み会に誘うことは一応礼儀と考えています。

確かにある人だけを誘わないのは分かっていると失礼ですね。

どこに行っても人間関係で悩んでいます。気が弱い、小さい自分が嫌になります。
こんな時どう気持ちの切り替えをすればいいのでしょうか。教えて下さい。
引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

飲み会に誘われない人は、飲み会だけなく普段の関係性からも悩んでいることがあるようです。

普段から素振りが周りからすると疑問な所があるかもしれませんね。

私は飲み会に誘われないタイプです。私は人見知りで、私がいると周りが気を使ってしまって、飲み会では迷惑をかけてしまいます。頑張るんですが、常に空回りです。だから誘われないんだと思います。
引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

この人の場合は悪い所を直そうとしていますが、それが空回りしているようです。

このように見てきましたが、やはり普段から人とうまく絡むことができない人は飲み会にも誘われないようですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

自分だけが誘われてないことを知った場合はどうすればいい?


引用:https://pixabay.com

飲み会に自分だけが誘われていないということが分かった時は、そのまま無視することもできますが何か嫌ですよね。

そんな時はどうすればいいのでしょうか。

いくつか改善策を見ていきます。

別の友達に相談する

飲み会に誘われないときは、誰かに相談することをおすすめします。

特に、飲み会にグループの中に自分の友達がいればその人に実は誘って欲しいということを相談しましょう。

その子が間を取ってくれるかもしれません。

直接聞く

飲み会の企画者が誘う人を決めていることがほとんどです。

そこでどうして誘ってくれないかを本人に直接聞くようにしましょう。

そこで理由が分かりますし、これからの改善にもつながります。

便乗する

飲み会の企画者が他の人を誘うシーンを見ることがありますよね。

そのときに、自分も行きたいということをさりげなくアピールしましょう。

そうすることで、自分の本心が相手に伝わりますし、そこから飲み会に誘われるようになるかもしれません。

普段からコミュニケーションを取るようにする

飲み会に誘われなかったときは、その回をあきらめましょう。

しかし、次に誘われるようになるために普段からコミュニケーションを取るようにしましょう。

普段から喋ることで仲良くなることができ、次の飲み会に誘われるようにもなります。

誘われなくてラッキーと考える

誘われなかったときは、気持ちを切り替えてラッキーと考えましょう。

飲み会は時間もお金も使いますし、余計な気遣いも必要になります。

そういった物がいらなくなったのだと気持ちを切り替えてみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

飲み会に誘われるようになるには?


引用:https://pixabay.com

飲み会に誘われなくなると、やはり誘われたいですよね。

そういったときはどのようにしたらいいのでしょうか。

ここでは、飲み会に誘われるようになるための方法を紹介していきます。

 

「今度誘ってと言う」

飲み会は自分の意見を言わない限りはそのまま誘われない状態が続いてしまいます。

そのため、しっかりと自分から「今度誘って」と正直に言ってみましょう。

相手も言われないと気づきませんし、言うことで気づくこともあります。

自分から飲み会の提案をする

飲み会は受け身だけでは参加できません。

そのため、自分から飲み会の提案をしたり、企画をしてみましょう。

最初は難しいかもしれませんが、一度勇気を出せば飲み会の参加できるようになりますよ。

普段から明るくする

やはり飲み会は普段の雰囲気が明るい人の場合と、暗い人の場合だと明るい人の方が誘いやすくなります。

そのため、普段の生活から明るく話すことを意識しましょう。

そうすることで、相手からしても誘いやすい人になることができます。

行きたくないときでも行ってみる

飲み会のチャンスがほぼない時でも、全体の飲み会や何かと誘われるときもあります。

そういったときに、本心は行きたくなくても無理していってみましょう。

一回行く事で周りも飲み会に行く人という認識を持ちますし、少数の飲み会でも誘われやすくなります。

誰かひとり仲がいい人を作る

現在仲がいい人がいないと、飲み会に誘われる可能性もぐっと下がります。

そこで普段から仲がいい人を一人作ることでその人と飲みに行けるようになり、そこから友達の輪が広がっていきます。

そうすると飲み会に参加する機会も増えますね。

飲み会に誘われないメリットは?

何も飲み会に誘われることがすべてではありません。

飲み会に誘われないことでのメリットもたくさんありますし、有意義に過ごすことができます。

そのメリットをいくつか紹介していきます。

お金が浮く

何よりもお金が浮くということがメリットになります。

飲み会は一回当たり3000円~5000円くらいかかりますし、それが1週間に1回となると莫大なお金がかかります。

そのお金をすべて貯金したり他の物に費やせると考えるとかなりのメリットがありますよね。

時間を有効活用できる

お金だけでなく、時間も有意義に使うことができます。

飲み会1回でも3時間~5時間ほど飲むこともありますし、その時間他の物に使うことができると考えるとかなり大きいですね。

勉強しても良いですし趣味の時間に使うのもありです。

時間は大事ですので、有効活用しましょう。

まとめ

今回は飲み会に誘われない人の特徴や、誘われる方法について解説してきました。

何も飲み会が人生のすべてではありません。

飲み会は誘われないことでのメリットも多くあるのでそれを生かしてみましょう!

こちらの記事を読まれた方には下記の記事もおすすめです。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*