同窓会の時期はいつ?小中高別に頻度や日程の決め方を徹底解説

久し振りに会った友人と飲みに行ったりすると、

「久し振りに、他のみんなにも会いたいな」

という話になったりしませんか?

さらに話が進むと、同窓会をしようということにもなってくると思います。

早速、日程や参加人数などを決めていきたいけど、幹事の経験がなければ、どのようにしてよいか分かりませんよね?

そこで、今回は、

『同窓会の時期や頻度、日程の決め方』

について紹介していきます。

しっかりと準備するためにも、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

同窓会の時期はいつがいい?

引用元:https://pixabay.com

同窓会をする上で、最初に決めるべきなのは、

『いつ頃行うのか?』

ということです。

普通の人は、仕事や家庭の用事で忙しいことがほとんどなので、時期はちゃんと決めておかなければなりません。

また、どの地域の同窓会なのかについても、少し考慮しておくべきでしょう。

時期は?

まず最初に、

『同窓会の開催時期』

について紹介していきます。

参加人数を、まずは揃えなければならないので、帰省している可能性が高い、

  • お盆時期(8月中頃)
  • 年末年始(12月の終わり~1月の始め)

 

このあたりが、開催に適した時期といえるでしょう。

もし地元に残っている人が多いという地域は、特に時期を決める必要はないかもしれません。

ポイントは、

『実家にいる時期を狙う』

ことであり、一同に会している可能性が高い時期に、同窓会を行えばよいですよ。

日程は?

次に日程ですが、やはり仕事のない日を選ぶ必要があります。

具体的には、

  • 金曜日・土曜日など、次の日が休みの日
  • 祝日を入れた連休期間(3連休など)
  • 大型連休時期

 

以上の時期が、基本的に適している時期といえるでしょう。

次の日が平日だと、仕事の関係上、参加率が下がる傾向があります。

なので、出来るだけ余裕ができる日程を選んであげることで、他の人も参加しやすいでしょう。

1つ注意してほしいのは、

『大型連休時期は、家の行事が入っている場合もある』

ということです。

家族旅行や親族の集まりなど、何かと集まりごとが重なる時期なので、事前に確認だけは取っておきましょう。

時間帯は?

開始時期や日程を確認したところで、次は時間帯です。

いくら日程調整ができても、

『何時から開始するか』

これにより、開催場所なども決まってきます。

自分たち以外にも、同窓会を開催しようとしている人は多くいるでしょう。

その人たちと予定が被れば、場所の確保ができないこともあるのです。

また、開始する時間帯によっては、参加できないという人も出てくるかもしれません。

そのような事態にならないためにも、何時に開始するかは重要になってきます。

基本的に、同窓会を開始する時間帯は、

  • 午前中の早い時間から開始する。
  • 仕事終わりの18~19時以降

 

この2つに分けられるでしょう。

1日中、確実に休みの日であれば、午前中の早い時期から始めるのも1つの手です。

ですが、休日でも仕事が入っている人もいるので、大体は仕事終わりの18~19時以降を狙う人が多いですね。

これは、集まる人の状況をよく見てから考えなければならないので、

『事前に、希望する開催時間帯をSNSなどで聞いておく』

ということをすれば、それぞれの都合に合った時間に開催できるようになるでしょう。

ただ、大規模な同窓会になると、時間帯の希望を全ての人に聞くことはできません。

こんなときは、

『参加する人の年齢層で決める』

これを実践してみましょう。

具体的には、

  • 20~40代は、まだまだ仕事をたくさんしている時期なので、仕事終わりの18~19時を狙う。
  • 40~60代は、そろそろ仕事も落ち着いている人が多くなるので、週末の土日祝日を狙う。

 

などがあります。

この他にも様々な都合があるので、それに合わせて決めなければなりませんが、1つの目安として参考にしてみてください。

小中高で違いはある?

小中高で、それぞれ同窓会がある人もいるでしょうが、開催する時期などは今まで紹介したものと変わりません。

集まりの良し悪しはありますが、基本的にどの同窓会も、開催される時期は限られてくるのです。

強いて言うなら、

『高校の同窓会は、場合によっては集まれないことがある』

ということです。

遠くから高校に入学してきた人は、地元からの距離が遠すぎて集まれないこともあります。

地元の高校なら良いですが、この場合は、連休でもなかなか出てこれないということにもなりかねません。

なので、事前に参加できるかどうかを確認し、無理のない時間で開催するようにしましょう。

同窓会を開催する上で、

『集まる時期、場所、時間帯に無理がないかどうか』

これが重要になってきます。

これを考えれば、自然と同窓会は上手く行うことができるでしょう。

また、幹事をするのであれば、

『手伝ってくれる人を、なるべく作っておく』

これも重要です。

何もかも1人でやろうとしても、必ずどこかで抜けが出てきます。

これを防ぐには、複数で同窓会を開催し、役割分担をしておくことです。

これにより、どんな同窓会でもスムーズに行うことが出来るでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

同窓会の頻度はどれくらいがいい?

引用元:https://pixabay.com

同窓会の頻度はどれくらいが良いのか、これが分からないという人も多いのではないでしょうか?

『年に1回、それとも2回くらいあった方がいいのか?』

人によって、それぞれ考えることは違うと思います。

小中高で違いはある?

同窓会はやはり、小中高それぞれの時代で集まることが多いと思います。

ですが、小中高でそれぞれ、

『どれだけ連絡を取れる人が残っているのか』

によって、同窓会の頻度は変わってきます。

連絡可能な人数と発起人が重要

小学校でも中学校でも高校でも、

  • 今現在、どれだけ連絡を取れる人がいるのか。
  • 同窓会をやろうという発起人が、いるのかどうか。

 

これが、同窓会の開催頻度に大きく影響しています。

いくら連絡が取れても、やろうという人がいなければ同窓会は開催されません。

また、やりたいと思っても、連絡先が分からなければ、同窓会は開催できないのです。

よく聞く話で、

『同窓会は、毎年必ず2回はやっている』

という話と、

『卒業してから今まで、1度も同窓会なんてやったことがない』

という話、両方を聞きます。

この違いは、先程紹介したとおり、

『連絡が取れる人がいて、発起人もいるかどうか』

これが、いるかどうかの違いなのです。

頻度を考える必要はあまりない

同窓会の頻度は、連絡が取れる人数と発起人で決まると紹介しました。

なので、同窓会の適切な開催頻度はなく、簡単に言うと、

『連絡が取れて、やりたいと思えばやればよい』

ということになります。

すぐ集まれるのならば、年に何度やってもよし。

集まらないのであれば、特にやらなくてもよし。

状況に合わせて、同窓会の開催頻度を考えてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

同窓会はいつから準備する?準備する手順は?

引用元:https://pixabay.com

同窓会はいつから準備するのがよいか、手順はどのようにすればよいのか。

初めて幹事をする人は、迷ってしまうところでしょう。

なので、

『いつから準備するか、その手順はどのようにするか?』

これについても、紹介しておきます。

準備開始時期

実際に同窓会を開催する場合、大規模になる場合は、

『最低でも3ヶ月前には準備を開始する』

これが重要になるでしょう。

これが小規模の同窓会ならば、1ヵ月前くらいで大丈夫なのですが、大規模になるとそうもいきません。

やることが多く、他の同窓会と被らないようにもしなければならないのです。

なので、これくらいから準備を始めるようにしましょう。

準備する手順

準備する手順としては、

  1. 会場を決める
  2. 会費を決める
  3. 開催時期をSNSなどで送る
  4. 案内状を送る
  5. 最終的な参加人数を確定する
  6. 最終打ち合わせ

 

というふうになります。

会場は必ず最初に決めておく

最初に絶対やっておくことは、『会場を決める』ことです。

大規模な同窓会を開催しようとすれば、それなりの会場が必要になります。

なので、他の利用客に取られる前に、予約を入れておかなければなりません。

良い会場を取られてしまうと、それだけ負担が増えてしまい、面倒なことになってしまいます。

なので、確実に会場だけは押さえておきましょう。

会費はあまり高くならないように

大規模な同窓会になると、それなりに会費も高くなってきます。

ですが、あまりにも高いと反感を買う可能性もあるので、おおよそ、

『5,000円~10,000円』

これくらいの会費に抑えておきましょう。

SNSなどで事前告知をしてから、案内状を送る

いきなり案内状を送ってしまう人もいますが、最初はSNSなどで事前告知してください。

これにより、案内状を誰に送るかをある程度絞ることができます。

会費の節約にもなるので、この順序は守るようにしましょう。

案内状は2か月前には送るようにしておけば、集計するのが楽ですよ。

出欠締切日を決める

出欠締切日は、余裕をもって決めておきましょう。

遅くても3週間前には、締め切った方がよいです。

あまりギリギリにすると、

『キャンセルが出来なくなる』

ということになりかねないので、期限はしっかり決めておいて損はないですよ。

当日のスケジュールを再度確認する

同窓会でただ飲むだけなら、特に気にする必要もないですが、ある程度余興は行われるのが一般的です。

なので、

  • 当日は何をするのか
  • どのタイミングでするのか

 

これを確認しておきましょう。

1人では回らないかもしれないので、何人か手伝いをお願いしておけば、さらにスムーズに進行できますよ。

二次会の準備

これは先程の手順には書いていませんが、

『二次会の会場も準備しておく』

これも考慮しておきましょう。

各自解散になるのであれば、それでもよいですが、そのまま二次会に移行するなら場所を予め調べておきましょう。

大勢入れる場所を予め調べておけば、二次会もスムーズに行うことができますよ。

まとめ

いかがでしたか?

今回のまとめとしては、

『同窓会の時期は休みが合いやすい連休、頻度は自由、日程は余裕をもって決める』

ということがいえるでしょう。

同窓会で集まるには、それぞれの生活場所などを考慮して、時期を正しく決めなければなりません。

また、頻度にこだわる必要もなく、連絡が取れて、誰かがやりたいと思えばやればよいのです。

ただし、やるからにはしっかりと余裕を持って準備しておかなければ、せっかく集まった人の反感を買う羽目になります。

計画的に、ですがあくまで楽しみながら、同窓会を行ってみてくださいね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*