ペットボトルの使い回しは危険?消毒や洗うことで再利用はできる?

私達の生活の中で、一番、身近な飲料容器といえば、「ペットボトル」だと思います。

どこでも買う事ができるし、持ち歩くのにも便利。

家で使う時には、大きなサイズも選べます。

しかし、毎日新しいペットボトル飲料を買っていると、お財布に少しずつダメージが来るのも事実…。

そんな時、「ペットボトルを洗って使い回せば、経済的でお得だね!」と、誰もが一度は思った事があるのではないでしょうか。

でも、その方法、危険だとも言われているのはご存知ですか?

本記事では、ペットボトルの使い回しについて、詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ペットボトルの使い回しとは?


引用元:https://pixabay.com

まずは、「ペットボトルの使い回し」について、確認しておきましょう。

これは、「本来、飲み切ったら捨てるはずのペットボトル容器を、洗浄し、別の飲み物を入れて再利用すること」です。

「本来、飲み切ったら捨てるはず」と説明しましたが、これは、ペットボトルが使い捨て前提の製品であることに理由があります。

ペットボトルは元々、中身を何度も入れ替えて再利用することを想定して、作られてはいません。

つまりは、一回ずつ使い捨てるための構造になっています。

ここが、使い回し前提の「水筒」や「ピッチャー」などの製品との違いです。

そんなペットボトルを使い回すことは、問題ないのでしょうか?

使い回しの危険性

引用元:https://www.irasutoya.com

結論から言うと、「ペットボトルの使い回しは危険!」です。

その理由は、使い回しをしていると、ペットボトル内に細菌が増殖するリスクがあるからです。

ペットボトル飲料は、製造過程で内容物や容器が殺菌され、無菌状態で充填されます。

だから、開栓していなければ、常温で長期間の保存ができるんですね。

しかし、一度、キャップを開けると、同じ保存はもうできません。

少しずつ細菌が内部に入り、中で増殖してしまうからです。

特に夏場など、菌が活発に活動する高温の時期は、未開封から飲んだとしても、数時間で菌が増えてしまう事もあります。

そんなペットボトルを使い回すと、さらにリスクが高まります。

その理由を、もっと詳しく見ていきましょう。

内部をきれいに洗えない!

上でも説明した通り、ペットボトルは使い捨てを前提に作られています。

何度も使い回すための構造には、なっていません。

それは、たとえば「洗いにくさ」という点でも、はっきりしています。

ペットボトルは、口が小さくて、内部が洗いにくいですよね。

手はもちろんですが、普通のスポンジやブラシだって、中に入れる事ができません。

それだけではなく、ペットボトルは形が複雑で内部がデコボコしています。

デコボコの隙間や陰は洗いにくく、汚れがたまりやすいのは言うまでもありません。

むしろ、こんなペットボトルを、きれいに洗う事の方が難しいでしょう。

また、使い回す人の中には、「水でしっかりすすげば大丈夫」という方もいますが、菌は水で流すだけでは取れません。

次の飲み物を入れれば、その中でまた菌は増え始めてしまうのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

熱湯消毒ができない!

内部に手が入らなくても、しっかり消毒すればいい、という意見もあります。

しかし、消毒がしにくいのも、ペットボトルの難点です。

消毒と言えば、簡単で確実なのは「熱湯による熱殺菌」です。

しかし、ペットボトルに熱湯消毒は使用できません。

なぜなら、ペットボトルの素材は熱に弱いからです。

通常のペットボトルだと50℃程度、耐熱用のペットボトルでも85℃程度で、PET素材がやわらかくなり、変形してしまうのです。

熱湯消毒ができないとなると、消毒用の洗剤や薬品を使いしかないのですが、直接口に入るものを入れる容器ですから、強すぎる薬品を使いたくはないですよね。

このように、消毒と言う観点からも、ペットボトルは難しい一面があるのです。

口をつけて飲むことが多い

これは、一人用のペットボトルに関してですが、多くの場合、みなさん口を直接つけて飲んでいると思います。

しかし、この飲み方は、菌の増殖をスピードアップさせてしまうのです。

と言うのも、人の口の中には、常在菌と言ってたくさんの菌がいます。

口を直接ペットボトルにつけて飲むと、わずかずつでも、口の中に入った飲料の逆流がおきますので、菌がペットボトルの中に入りやすくなります。

未開封の状態から飲み始め、2時間程度で飲み切る場合であれば、口をつけて飲んでも特に心配はありません。

菌が増殖する前に、飲み終わってしまうからです。

しかし、ペットボトルを使い回し、毎回口を付けて飲んでいると、口から移った菌がどんどん増殖してしまいます。

うーん、理由を見れば見るほど、「ペットボトルは使い捨て前提」だというのが、よく分かる気がしますね。

各メーカーの注意喚起

引用元:https://pixabay.com

ちなみに、各メーカーや団体でも、ペットボトルの使い回しは推奨していません。

それは、各社のホームページなどでも、しっかりと注意喚起されている事から分かります。

例えば、「サントリー」のホームページの「お客様センターQ&A」では、

「中味が空になったペットボトルは再利用してもいいのでしょうか?」

という質問に対し、

「雑菌などが入り不衛生になる場合がある」として、「水筒代わりに使用しない」と注意書きがされています。

●サントリー お客様センター

メーカーとしても、中身を詰め替えた後の「使い回しペットボトル」の安全性には、責任が持てないという事でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

それでも再利用するのなら、気を付けるべきこと

引用元:https://www.pakutaso.com

という訳で、基本的に、「ペットボトルの使い回しは、しない方がよい」というのが結論と言っていいでしょう。

しかし、それでも「どうしても再利用したいんだ」という方に向けて、せめて、ここには気をつけるべき、という内容をご紹介したいと思います。

ただし、ペットボトルの再利用をするのは自己責任となりますので、後悔をしないよう、慎重に判断してくださいね。

口をつけずに飲む

まずは、飲み方からです。

使い回しを前提にするのなら、初めからペットボトルに口をつけずに飲みましょう。

口をつければ、内部の菌の量が格段に増えてしまいます。

細菌の数が多ければ、増殖のスピードも上がってしまいますからね。

少しでも菌の流入を防ぐために、口をつけずに飲むようにしましょう。

常にコップなど別の容器に小分けして飲むほか、「インド飲み」という口をつけずに飲む方法をマスターするのも良いかもしれません。

「インド飲み」など、ペットボトル飲料の飲み方については、こちらの記事でご紹介していますので、参考にしてみてください。

●ペットボトルの飲み方で綺麗なのは?上唇をつけるのは汚い?

可能な限り、冷蔵庫で保管する

これは、持ち歩いて使う場合には難しいですが、例えば大きなサイズのペットボトルを、家庭でピッチャー代わりに使い回している時などに、ぜひ行ってほしい方法です。

菌は、夏場の常温などでは活発に増殖しますが、温度が低くなると活動が鈍くなります。

よって、使い回しているペットボトルは、できるだけ冷蔵庫で保管しましょう。

重曹や漂白剤など、殺菌作用のある洗い方をする

ペットボトルは洗いにくく、多くの場合、水や洗剤ですすぐだけになりがちです。

これに加えて、重曹や漂白剤など、殺菌作用の強い方法で洗い、少しでも菌を減らせるようにしましょう。

重曹や漂白剤を水で薄めた溶液に、漬け洗いするのも、ある程度の効果が見込めますよ。

完全に乾かしてから、次の中身を入れる

水分が残っていると、菌はそれを栄養に増殖してしまいます。

よって、洗った後はできるだけ早く、完全に乾かしましょう。

とはいっても、ペットボトルは口が小さく、なかなか乾きませんよね。

そこで、ペットボトルをできるだけ早く乾かす方法を、こちらの記事でまとめています。

家にあるものでできる方法から、便利なグッズまで、様々な方法をご紹介しているので、ぜひ、参考にしてみてください。

●ペットボトルを乾かす最も早い方法は?グッズ・手作り両方紹介

再利用回数の上限を決める

これが、もっとも大事な事かもしれません。

ペットボトルの使い回しは、回数を重ねれば重ねるほど、除去しきれない細菌がたまっていくリスクが増えます。

また、単純にペットボトルの強度としても、変形や破損のリスクがでてきます。

そこで、「使い回しは、~回まで!」という上限を、自分で決めておきましょう。

節約やエコロジーも大切ですが、食中毒などになってしまっては、病院代や薬代の方が高くついてしまいます。

使い回しをする場合でも、その回数をしっかりと自己管理して、少しでもリスクを減らすようにしましょう。

まとめ

今回は、ペットボトルの使い回しについて、ご紹介しました。

個人的には、使い回す際の消毒したり乾かしたりといった労力を考えると、そこまで高いものでもないので、新しいものを買ってしまうだろうな、と思います。

食中毒が怖い、というのもありますけどね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*