女の子・男の子の子供浴衣に似合うキッズ用サンダルで人気オススメは?

子供浴衣
子供浴衣

夏の季節になると、お子さんが浴衣でお出かけなんてことも増えてきますよね。

しかし、浴衣を来たお子さんに下駄を履かせてもすぐ脱いでしまったり、また痛がって履きたがらず困っているお母さんも多いのではないでしょうか。

そんなお子さんにははきなれた靴やあまり痛くないサンダルを履かせたいですよね。

ですので、本記事では

・履きやすい
・浴衣にあう

という観点でサンダルをご紹介したいと思います。

浴衣を着る子供の靴で悩んでいる方は是非参考にしてみてください(^^)

スポンサーリンク

子供の浴衣に下駄以外はOK?

浴衣に合う靴といえば、男女問わず下駄というのが、一般的です。

特に大人の女性の場合だと「浴衣には下駄でしょ!」と思っている方が多い印象です。

女性が浴衣に下駄以外のサンダルやミュールはおかしい?ありか変か意見を調査

ただ、下駄の鼻緒の部分って固いものが多く、指の間が擦れて痛くなりやすいんですよね^^;

大人ならまだしも子供なら我慢できない子がいても無理ありません。

ですので、子供には下駄ではなく履きやすい靴やサンダルを履くのは全然ありです。

最近では浴衣に合うサンダルも多くあるので、子供が履きやすい靴を選んで長く履いてもらえる方が経済的にもいいですしね。

子どもの浴衣に合うサンダル選びのポイントは?

子どもの足の靴のサイズの平均は以下のようになっています。

年齢 身長 靴のサイズ
新生児~3ヶ月 60cm 8~11cm
3ヶ月~6ヶ月 70cm 9~12cm
6ヶ月~1歳半 80cm 11~13cm
1歳半~2歳 90cm 12~14cm
2歳~3歳 95cm 13~15cm
3歳~4歳 95~105cm 14~16cm
5歳~6歳 105~115cm 17~18cm
7歳~8歳 115~125cm 19~20cm
9歳~10歳 125~135cm 21~22cm
11~12歳 135~145cm 22~24cm

サイズとしては、お子さんがサンダルを履いた時に5mm~10mmくらい余裕があるものを選びましょう。
小さいものを選ぶと、なんとか入っても長時間履くと痛くなってしまいます。

子どもはそういう痛みに敏感ですから下駄ではなく、サンダルにしても結局痛がって履きたがらなくなってしまいます。

またサンダルは通常の靴より露出部分が多くケガをしやすい靴ですね。

なので、お子さんが小さくて不安な場合は、足元が固定されているマジックテープ型のサンダルがオススメ。

マジックテープだとしっかり固定されている上に、ぬぎはぎも簡単なので小さいお子さんでも気に入ってくれるはずです(^^)

それでは、浴衣にあったサンダルを男女別に紹介していきます!

男の子の浴衣に合う下駄風サンダル

 

サイズ:19.5~21cm

こちらは鼻緒のあるタイプのサンダルですが、鼻緒部分が一般的な固いボール芯ではなく、不織芯という柔らかい素材を使っていますので痛くなりにくいんです。

またサンダルを支える台には軽くて丈夫なペーパーシートを使用し、防水加工もしてあります。

浴衣に合う下駄風サンダルなので下駄は履いてみたいけどどうしても痛がる…というお子さんにオススメの商品ですね。

男の子の浴衣に合うおしゃれなサンダル

サイズ:13~19cm

こちらは子供用の雑貨ブランド、AMPERSAND(アンパサンド)のベルトサンダル。

しま模様のデザインが和柄なので、和の浴衣・甚平によく合いますね。

またマジックテープなので、靴のぬぎはぎが簡単な上、サイズ調節も可能。

浴衣だけでなく、他のアウトドアでも活用可能なサンダルです。

男の子の浴衣に合うシンプルなサンダル

 

サイズ:18~21cm

こちらシンプルなベルクロサンダル。

ベルクロとはマジックテープのことですね。

かかと足首部分にすれ防止のパットがあり、長時間履いても痛くなりにくいサンダルです。

黒を基調としたサンダルなので浴衣・甚平にも違和感なく合わせることができますよ。

女の子の浴衣に合うおしゃれなサンダル

 

サイズ:13.5~18cm

こちらは女の子におすすめのサンダル。

靴底はゴム素材で柔らかくて滑りにくいので、長時間履いていても痛くなりにくいサンダルです。

またマジックテープなので、脱ぎはぎもしやすいですね!

大きめのコサージュのデザインが和の浴衣・甚平に合いますね(^^)

スポンサーリンク

女の子の浴衣に合う上品なアリスサンダル

サイズ:17~24cm
ヒールの高さ:2.5cm

こちらは神戸の高級なフォーマルシューズ屋さんで仕上げたサンダル。

上品な印象を与えるサンダルなので、ドレスやワンピースにはもちろんぴったりですが、浴衣や甚平にも意外と似合うんです。

色も白(オフホワイト、ピュアホワイト)・黒・シルバーと豊富にあるので、お子さんの好みに合わせて選んで上げてはいかがでしょうか。

女の子の浴衣に合う焼きサンダル

サイズ:18~24cm

こちらは鼻緒がない焼きサンダル。

つま先部分がかかとより低く作られていたり、歩行時の衝撃を和らげるために靴底がゴム張りになっていたり、軽い素材を使ったりと長時間履いても痛くなりやすいサンダルです。

焼きサンダルなので、浴衣・甚平などの和の服装にはもちろん似合いますね!

下駄を履いてみたいけど、鼻緒部分がどうしても痛い…というお子さんに是非オススメのサンダルです。

 

まとめ

今回は、浴衣に合うサンダルを男女別にいくつかご紹介いたしました。

今回紹介したサンダルは、浴衣に合うのはもちろんのこと、長時間履いていても痛くなりにくい設計になっているものが多いです。

年齢に合わせてお子さんにぜひ浴衣に似合うサンダルを選んであげて下さい。

サンダルではなく、やっぱり下駄を履かせたい!という方には、下記の記事が参考になりますよ。

浴衣着用時に痛くない、履きやすい、歩きやすい下駄にするコツと歩き方や選び方

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*