中学生で一人暮らしは可能?法律面やかかるお金について徹底解説

小学校を卒業して、中学生になる頃、

「一人暮らしがしたい」

と感じる人もいると思います。

親のいない自由な生活を手に入れるのは、

『子供の夢』

でもありますよね。

ですが、現実問題、

「中学生が一人暮らしなんて早い」

という意見が多いです。

そこで、今回は、

『中学生が一人暮らしをするのは可能なのか』

について紹介します。

興味のある人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも、中学生が家を借りられるのか

出典元:https://pixabay.com

中学生でも、誰でも、

『一人暮らしをするなら、家が必要』

となりますよね。

ですが、就職もしておらず、義務教育も終えていない中学生では、

『どこも家を貸してくれない』

のが現実です。

では、やはり一人暮らしは出来ないのかと言われれば、そうでもありません。

親の同意が得られれば、家は借りられる

確かに、中学生が一人で不動産屋にいっても、

「親御さんと一緒に来てね」

とあしらわれてしまうでしょう。

これは、裏を返せば、

『親の同意が得られれば、中学生でも家を借りられる』

ということなのです。

家を借りる場合、

『何歳からでないと無理』

ということは決まっていません。

その為、

『親を説得する』

ことが出来れば、家を借りて、一人暮らしが出来るのです。

一人暮らしをするだけの理由が必要になる

中学生が一人暮らしをするには、

『それなりの理由』

というものが必要になります。

例えば、

  • 遠くの私立中学に入学する
  • 自立した生活を送りたい

 

などが考えられるでしょう。

親が仕事で家にいないときなどは、

『実家に住めば問題ない』

ので、わざわざ家を借りる必要がないので、一人暮らしは簡単に出来ます。

そうなれば願ったりかなったりですが、

『親としても、中学生の子供を1人にできない』

と考えるのが普通なので、なかなかこのシチュエーションは期待できないでしょう。

そうなれば、やはり最初に出した理由となりますが、最も良いのは、

『遠くの私立中学に進学する』

ことかもしれません。

私立中学に進むということは、

『それだけ難易度の高い勉強を行う』

ことに繋がります。

入学するだけでも大変ですが、入った後も大変なのです。

その向上心を見て、親も、

『責任感が身についている』

と判断するかもしれません。

一人暮らしに必要なことは、

『どれだけ自分の生活に責任を持てるか』

となります。

親にその点を認めさせるには、

『自分の実力をつけて、親を納得させる』

のが1番なのです。

そのために、私立中学入学は絶好のチャンスとなりますよ。

自立した生活を送りたいというのも、

『親によっては、一人暮らしを認める理由となる』

かもしれません。

ですが、

『それなら高校生からで良い』

と言われる可能性も高いので、出来るなら実力とともに訴えかけるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一人暮らしには、どれだけのお金がかかるのか?

出典元:https://pixabay.com

一人暮らしをするということは、

『家賃が発生する』

ということです。

家を借りること自体は、

『親の同意があれば、法律上も問題ない』

とされていますが、家賃はまた別問題です。

一人暮らしには、それなりのお金がかかる

一人暮らしというのは、

『やったことがない人からすれば憧れる』

ものです。

誰にも束縛されない空間で、好きにできるため、

『ストレスもない』

と感じるでしょう。

ですが、その分、

『何かとお金がかかってくる』

のです。

例えば、

  • 家賃
  • 光熱費
  • 水道代
  • 食事代
  • 通信費
  • 食費
  • 娯楽費

 

など、数多くあります。

中学生で一人暮らしをするなら、

『親からの支援』

があるので、あまり心配する必要がないように見えます。

ですが、何も言われないからといって、

『お金を使い過ぎる』

と、一人暮らしを禁止させられる可能性もあります。

先程の出費を合計すると、

『月10万円以上』

はかかることもあります。

もちろん、

  • 家賃が安いところに住む
  • 節約をする

 

など、費用を減らす方法は多くあります。

その分、生活が質素になりがちなので、

『早い内から、倹約生活を経験できる』

という点では良いかもしれません。

そうは言っても、

『一人暮らしに憧れを抱いている中学生』

としては、現実との落差に耐えられず、一人暮らしを辞めてしまう可能性もあります。

更に言えば、

『一人暮らしの費用は、全て親が出す』

ため、実家の家計が苦しくなるでしょう。

そういった大人の事情も考えながら、

『一人暮らしをするかどうかを検討する』

ようにしましょう。

中学生の一人暮らしは、問題も起きやすい

出典元:https://pixabay.com

先程、

『親が認めてくれれば、一人暮らしは出来る』

と紹介しました。

一人暮らしは、

『誰にも文句を言われず、自由に行動出来る』

と思っている人が、親に懇願して行っていることが多いです。

ですが、本当に自由に行動できるのは、

『成人してからの話』

ということも、忘れてはいけません。

中学生は、『未成年者』だと言うことを忘れない

よく夜中に徘徊している、

『中学生・高校生』

の姿を見かけると思います。

自由に行動しているように見えますが、

『深夜徘徊は、補導の対象』

となります。

また、深夜徘徊でなくても、

『子供が一人でうろつくと、補導対象になる』

こともあるのです。

それでも、補導だけで済めばまだ良い方であり、中には、

『犯罪に巻き込まれる』

おそれも十分にあります。

しかも、一人暮らしの場合、

『親が異変に気付きにくい』

という事態になりかねないのです。

よく、

「大人は自由になんでも出来て羨ましい」

と言っていることを聞きますが、それは大人だからこそ出来ることなのです。

成人しておらず、社会に出てもいない状態では、

『何かあったとき、対処できない』

ことがほとんどです。

早く自由になりたいと思っているでしょうが、慌てなくても、

『成人すれば、いずれ家を出るように言われる』

ことになります。

親が心配するのは、

『未成年のうちは、自分を守る力がないから』

という点と、自分の子供だからという理由からです。

たまに子供離れが出来ない親もいますが、そのときこそ、

『もう子供じゃないから大丈夫』

と言って、自分で家を出れば良いだけです。

一人暮らしを早くしたい気持ちは分かりますが、

『未成年者は、大人ほど自由ではなく立場も弱い』

ということを覚えておいてください。

面倒事に巻き込まれることもある

一人暮らしをしていると、

『家に友達を呼んでも文句を言われない』

と思うでしょう。

実際、普通に呼ぶだけなら問題はありません。

ですが、

『悪い友達が入りびたるようになる』

可能性もあるのです。

中学生で一人暮らしをしていると、

『誰もが珍しがってくる』

ものです。

今の時代、中学生から一人暮らしをしている人はほとんどいません。

誰もが一人暮らしに憧れを抱いているので、

『話題の的になりやすい』

でしょう。

そんな中、たまに、

『一人暮らしの家だと思って、夜遅くまで居座ろうとする人』

が出てきます。

そんなときは、大抵、

『何か問題事を抱えている』

ことが多く、都合が良いため、一人暮らしを利用しようと考えているのです。

この時、考えなければならないのが、

『何かやばい事に首をつっこんでいないか』

ということです。

未成年者による犯罪行為は、

『年々増えている』

のが現状です。

ましてや、一人暮らしの中学生などは、

『犯罪に巻き込まれやすい』

ため、当然、同級生の犯罪行為にも巻き込まれる可能性があるでしょう。

もし、誰かが執拗に家で居座ろうとすることがあれば、

『無理矢理にでも追い出すか、学校などに連絡する』

ようにしてください。

大人でさえ、一人暮らしを狙われると対処が難しいため、

『中学生で出来ることは少ない』

です。

一人暮らしをする際は、

『面倒事を避ける術』

を常に考えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まだまだある、一人暮らしの困った現状

出典元:https://pixabay.com

今回は、あえて、

『一人暮らしのデメリット面』

を多く紹介しています。

どのみち知ることになるので、早めに知っておいた方が気が楽になるでしょう。

ここからは、

『細々とした、一人暮らしの悩み』

についても紹介します。

病気になったら、かなりきつい

今までなら、家にいれば、

『病気をしても、親が面倒を見てくれた』

はずですが、一人暮らしはそうもいきません。

病気をしても、1人で対処しなければならず、

『学校への連絡や診察も全て自分で行う必要がある』

のです。

病気のとき、1人はかなりきついです。

親のありがたみが分かると思います。

部屋が汚くなりがち

これは、人によっても違いますが、

『部屋が汚くなりがち』

なことがあります。

掃除は、親がしてくれることも多かったと思うので、

『自分で出来ない』

ということも多いようです。

遅刻する

朝、親が起こしてくれていた人は、

『起きれずに寝坊する』

こともあります。

一人だと、起きることさえ自分の責任になります。

しっかりと起きれるように、心掛けておかなければならないでしょう。

意外とお金が使えない

中学生の一人暮らしでは、

『最低限の生活費』

は、親から支援してもらえるでしょう。

ですが、それ以外のお金に関しては、

『自分で節約しなければならない』

のです。

あまり使い過ぎると、

『すぐに金欠となる』

ため、お金の管理は重要です。

食べるものが同じになりがち

家では、

『親が食事を作ってくれていた』

と思います。

ですが、一人暮らしになると、

『料理が出来ず、コンビニなどで買う』

ことが多くなる可能性もあるのです。

栄養が、かなり偏ってしまい、

『不健康になる』

かもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一人暮らしは、大変なことが多い

出典元:https://pixabay.com

ここまで、

『中学生の一人暮らし』

について紹介してきました。

理論上、中学生でも一人暮らしは可能です。

ですが、おそらく、

『考えている以上に、一人暮らしは大変』

だと感じるでしょう。

それでも、

『社会人になるための練習』

としては、中学生の一人暮らしはとても有効になります。

どんなことも、

『自分の責任で行う覚悟』

があるなら、中学生から一人暮らしを始めてみてくださいね。

おすすめの賃貸サイトは?

出典元:https://pixabay.com

ここまで見てもらった上で、

『それでも一人暮らしがしたい』

という人は、それを親と相談して決めていかなければなりません。

そこで、ここからは、

『おすすめの賃貸サイト』

を紹介します。

家を借りる際の参考にしてみてください。

知名度の高い賃貸サイト『SUUMO(スーモ)』

まずは、テレビCMなどでもおすすめな、

『SUUMO(スーモ)』

となります。

全国各地の賃貸を網羅しているため、

『どんな場所に住んでいても対応できる』

のが強みとなります。

個別に相談することも出来るため、

『わからないことは問い合わせてみる』

ようにしてくださいね。

検索がしやすい『アパマンショップ』

こちらも全国的に有名な賃貸サイトで、

『アパマンショップ』

もおすすめです。

何がおすすめかと言うと、

『豊富な検索方法がある』

ということです。

種類を言えば、

  • 学校名
  • 生活施設
  • 新築

 

などがあります。

他にも、シェアハウスなどもありますが、これはまだ早いでしょう。

賃貸数も多く、

『選択肢にも困らない』

ため、好きな物件を選んでみてください。

人工知能と人が組んで賃貸を探す『ietty(イエッティ)』

少し変わった検索方法がある、

『ietty(イエッティ)』

もおすすめです。

引っ越し予定日46日前には、

『人口知能が希望条件に沿った物件を探す』

ようになっています。

そして、45日を切ると、

『人工知能の判断に加えて、不動産のプロの判断も追加される』

ため、より自分に合った物件を見つけることが出来ますよ。

まとめ

『中学生で一人暮らしは可能?法律面やかかるお金について徹底解説』

いかがでしたか。

今回のまとめとしては、

『中学生の一人暮らしは、それなりに大変なことも多い』

ということが言えるでしょう。

自由になれるという喜びが勝っていると思いますが、

『実際に一人暮らしをして分かること』

もあります。

ですが、しっかりと自立する覚悟を持っていれば、

『中学生でも、一人暮らしは十分に出来る』

と言えます。

まずは、

『親とじっくり話す』

ことから始めてみてはいかがでしょうか。

この記事を読まれた方には下記の記事もおすすめです。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*