ペットボトルビーズの作り方は?簡単なものから複雑なものまで多数紹介

今ではどこにでもある、便利なペットボトル。

出先でついつい買ってしまって、家に大量にあふれてる、なんてことがありませんか?

そのまま捨てるのはなんだかもったいない……。

なら、何かに変身させちゃいましょう!

実は、ペットボトルで超簡単にかわいいビーズが作れるのです!

お子さんの工作や、自由研究にも使えていいですよね♪

今回は、そんなペットボトルビーズの作品をたくさんご紹介していきます!

ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ペットボトルのビーズの作り方

材料

  • ペットボトル(炭酸のもの)
  • 油性ペン
  • カッター・ハサミ
  • アルミホイル
  • トースター

手順

①ペットボトルの上と下部分を切り離す

カッターを使用して危ないので、出来ればお父さんやお母さんに切ってもらいましょう。

②たてに4分割する

少しくらい曲がっても大丈夫!

③油性ペンで好きな模様を描く

熱すると小さくなるので、できるだけ大きく書きましょう♪

④1.5cm×2cmに切り分ける

これが一つのビーズになります。

このサイズでなければダメということはありませんが、

あまり大きすぎると丸まらないので注意してください。

⑤シワシワにしたアルミホイルに乗せて、トースターで加熱する

10秒ほど温めると、くるんと丸まってきます!

⑥丸まったら取り出す

非常に熱いので、やけどしないよう注意しながら取り出してくださいね。

⑦冷ましたら完成!

触って熱くないくらいに冷めたら完成です!

 

お好みで麻ひもやモールに通してみると、可愛いブレスレットが出来ますよ♪

ここでは1.5cm×2cmで作る方法をご紹介していますが、

もう少し大きい方がいい!という方はサイズを大きくしてみても、

並べたときに大きさにメリハリが出ていいかもしれません。

ただし大きすぎると丸まらないので注意してください。

どのくらいの大きさで丸くなるのか、実験してみるのもいいかもしれませんね!

夏休みの自由研究や、ごっこ遊びに最適なペットボトルビーズの作り方でした♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

ペットボトルビーズの作品を紹介

View this post on Instagram

kaoさん(@kao_123_123)がシェアした投稿

たくさん失敗しながらも、長女さんの自由研究のために、

作ったというペットボトルビーズ。

ペットボトルの種類によって丸まり方が違うので、

いろいろなペットボトルで実験してみるのも面白いかもしれませんね♪

作る過程が見られる四枚です。

こうして細かく模様が書いてあると、

ビーズにしてもきれいに模様が出てステキですよね。

View this post on Instagram

MMさん(@daoxieliaozi)がシェアした投稿

息子さんが作ってくれたビーズに、息子さんが選んでくれたストラップ。

こうやってストラップ風にすると、お子さんが作ってくれたものを、

いつでも手元においておけて良いですよね♪

View this post on Instagram

Kaoriさん(@kaori.s.s.t)がシェアした投稿

こちらはペットボトルビーズをつなげてネックレスにされています♪

ペンダントトップはお子さんがガチャガチャでとってきた、

キラキラジュエルで作ったとのこと。

これなら、自分の好きなものを詰め込んだ世界に一つだけの、

アクセサリーが出来ますよね!

View this post on Instagram

か・え・みさん(@ka.e.mi)がシェアした投稿

ペットボトルの透明感を活かす模様と、

塗りつぶしたマットな質感な模様とのバランスが絶妙でいいですね♪

熱する前に切り離したペットボトルの板は結構大きいので、

塗りつぶすのは少し大変だと思いますが、

こんなにきれいになるならチャレンジしてみたくなっちゃいますね!

まとめ

いかがでしたか?

ペットボトルビーズの作り方から、

実際に作った作品をたくさん紹介してきました♪

これを機に、お子さんと一緒に長期休みを利用して、

一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

きっと世界で一つのすばらしい作品になると思いますよ♪

下記の工作もおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*