修学旅行のお菓子のおすすめ20選!おすすめできないお菓子やお菓子の隠し場所も解説

小・中・高校生とみんなで楽しみながら学べる機会があるのが修学旅行ですよね。

仲のいいメンバーで旅行先を回れるのは楽しいですね。

旅館での○○な話やまくら投げなどたくさん遊べることはありますが、やっぱりトークをしながら食べるものといったらお菓子ですよね!

ほとんど必需品と言っても過言ではないのではないでしょうか。

そんな修学旅行に持っていきたいお菓子20選を紹介します。

修学旅行でおすすめできるお菓子のポイントは?

バナナ, デザート, お菓子, ホイップ クリーム, 食べること, 甘い料理, 甘い, パン, ペストリー

引用元:https://pixabay.com

移動先の乗り物でお菓子を食べながら楽しい話をして盛り上がるでしょうね。

お菓子交換なんてすると最高ですよね。

修学旅行でおすすめのお菓子のポイントは暑い季節の旅行だとチョコでコーティングされたお菓子はドロドロになってダメという意見もありました。

逆にグミやプリッツなど、個装されてるものがいいそうですよ!

あとは、「手が汚れない」「みんなに配りやすい」「一度に食べきる必要がない」などです。

それでは修学旅行でおすすめのお菓子20選を紹介します。

修学旅行におすすめのお菓子20選

辛口 セウカン|韓国エビセン

移動中の車内で疲れて、倦怠感が出てきたときにこのお菓子を出してみてください。

最近は「辛ラーメン」など辛い食べ物が流行っています。

この刺激の強いお菓子を持っていくと皆が盛り上がること間違いないですよ。

スリムバッグシリーズ コイケヤミニッツ

なんと「カップヌードル」の日清食品と「ポテチ」のコイケヤが夢のコラボをしました!

チキンのうま味と醤油味の香ばしさが癖になる美味しさです。ついつい食べちゃいそうです。

珍しい商品ですので、みんなで分け合うときっと盛り上がりますよ。

無添加お菓子・玄米白胡麻せんべい

ポリポリ食べたい和菓子の定番、おせんべいです。

こちらの商品はオーガニックの国内産有機玄米を自社製粉し蒸し上げた生地に、有機白胡麻をたっぷりと加えて焼きあげたお菓子です。

修学旅行で持っていくには少し渋いかもしれませんが、お茶と一緒に食べると美味しいですよね。

味ごのみ ファミリー

どうしても甘いお菓子が食べれない人もいますよね。

そういう人にはこちらがおすすめです。

袋も一つずつ小さくなってますので、そんなに周りを気にすせず食べれそうです。

三幸 えびせん 18枚

やわらかい食感がやみつきになる、エビが入ったおせんべいです。

エビの香りと味わいとお楽しみください。

個包装になってますので、手も汚れることもなさそうです。

生活志向 アーモンドフィッシュ

アーモンドと小魚が絶妙にブレンドされたサクサク感がたまらない和スイーツです。

手もそんなに汚れることもないので、修学旅行で活躍してくれますよ。

ホームパイ ビターショコラ

サクサクして甘くておいしい、定番のホームパイです。

個包装になっているのでみんなに配りやすいです。

優しい味なのでみんで食べながら、話をしたりして盛り上がること間違いなしですよ。

不二家 カントリーマアム バニラ&ココア 

外はさっくり、中はもっちりの食感が楽しいチョコレートアソートです。

チョコレートのお菓子ですが、中にコーティングされているので溶けることはないですよ。

個包装になっていて、みんなで配ったりして楽しめます。

ロッテ パイの実

長い間多くの人に愛されているパイの実です。

一度は食べたことがあるのではないでしょうか。

サクッと美味しいパイの中にチョコレートが入っています。

個包装になっていて、中にチョコがコーティングされてますので溶ける恐れもないですよ。

ロッテ コアラのマーチ

パーティーやお出かけ、修学旅行にぴったりのコアラのマーチです。

こちらは小袋が10パック入っていて、みんなで分け合って楽しむことができますよ。

チョコレート菓子の定番ですね。

中にチョコがコーティングされてるので溶ける恐れもありませんよ。

不二家 ホームパイ

サクサクの食感が美味しい、ホームパイです。

サクサクの食感の秘密は700層のパイの生地です。

こちらも個包装になっていて、みんなで分け合うのにピッタリです。

栗山 瀬戸の汐揚アソート

エビ味、ノリ塩味、ゆず塩味の3種類の味が楽しめる米菓子です。

ピリ辛な味がやみつきになること間違いなし。

甘いお菓子に飽きたら、この商品を持っていくと味のバリエーションも増えていいですよ。

個包装になっていて、みんなで分け合うことも可能です。

ブルボン オリジナルミックスFS 

クッキーと焼き菓子セットの詰め合わせになります。

甘みを少し抑えたビターなチョコレートのお菓子です。

お店でも一度は見たことがあるのではないでしょうか。

チョコレートのお菓子ですが、これは個包装になっていて、袋に入っているため手を汚さずに食べることができますよ。

ギンビス たべっ子どうぶつ おやさい

優しい味の動物が描かれたビスケットお菓子です。

野菜も入っていて健康志向の方にもピッタリ。

個包装になっていて、食べきりサイズなので食べやすいですよ。

美味しく食べながら、英語の勉強にもなる一石二鳥のビスケットです。

ギンビス ミニアスパラガス バタートースト味

カリッとした食べ応えと、バターの香りが口の中に広がるビスケットです。

こちらのお菓子も昔からある定番商品ですね。

バタートーストの味が本当に再現されているので修学旅行にぴったり。

みんなで分け合って盛り上がること間違いなしでしょう。

七尾製菓 フレンチ抹茶パピロ 80g

一口食べると八乙女抹茶の味が口の中に広がります。

チョコレートのお菓子や塩辛いお菓子に飽きたら渋い抹茶味のお菓子はいかがでしょうか。

薫り高い上品なお菓子を持っていくことで修学旅行で盛り上がること間違いなしでしょう。

お茶と一緒に食べるともっと美味しそうですね。

ハッピーターン

一度食べたら止まらない定番のお菓子。

表面についた粉が美味しいですよね、魔法の粉がついているんだと思います。

一つずつ個包装になっていて、みんなで分け合って食べれそうですね。

手も汚れることなくおすすめです。

ホテルで食べるもよし、バスなどの移動中でも食べれる万能のお菓子ですね。

じゃがりこ サラダ60g

こちらも一度食べたらやみつきになる、定番商品ですね。

お菓子総選挙で毎回上位に食い込む人気のお菓子です。

修学旅行でも毎回人気ですね。

スティックになっていて手に取りやすく、皆で分け合って食べることができますね。

味もサラダ味やチーズ、バターもあるので好きな味を選んで持って行きましょう。

ポッキー

チョコレートのお菓子の人気定番ですね。

夏場だと溶ける恐れがあり少し心配ですが、持ち手があるので手が汚れる心配はないですね。

何本も袋に入ってますので、みんなでシェアして食べれますね。

ポッキーも何種類も味があるので好きな味をそれぞれが持ち寄って食べるもいいかもしれませんね。

マーブルチョコレート

一つずつが粒で小さく食べやすいお菓子ですね。

チョコレートのお菓子ですが、コーティングされているので夏場でも溶ける心配はあまりなさそうです。

手も汚さず、食べきれなくても箱に入れておけることができるのもおすすめポイントです。

みんなでシェアして食べやすい商品ですね。

トッポ

一本一本袋の中にたくさん入ってるのでみんなでシェアして食べることができます。

ポッキーとは違い、中にチョコが入ってるので溶ける心配はこちらのほうがないでしょう。

これも美味しいのでやみつきになってしまいますよね。

ビター味もあるので、分け合って食べると面白いかもしれません。

修学旅行におすすめできないお菓子は?

 

Ncorrect Answer, Cats, Failure, No Good, Losing, Ban

引用元:https://pixabay.com

ここまでは修学旅行でおすすめできるお菓子を紹介してきました。

こちらでは逆のおすすめできないお菓子を紹介しますね。

持参することで溶けたり、不便なものがあるようです。

持って行っても食べるタイミングがなくて捨ててしまうことがあったらもったいないですよね。

買ったのに食べなかった・・。

損しないためにもこちら参考にしてみてくださいね。

チョコレート類

夏場、暑い時期の修学旅行ではおすすめできません。

溶けてしまう可能が大きいからです。

溶けてしまったチョコレートは見た目もあまりおいしくなさそうですし、手も汚れます。

べたべたな手でバスなどで食べると引かれてしまう恐れもありますしね。

どうしてもチョコレート類を持っていきたいときは、上記で紹介したような中に入っているものやコーティングされているものを持ってい行きましょう。

夏場にもっていくための対策としては、保冷バックに入れて保冷剤を入れていけば短時間だと大丈夫でしょう。

保証はできませんが・・・。

車内で溶けてしまって食べれなかった場合は泊まる先に冷蔵庫があれば再度冷やして食べるといいですよ。

チョコレートのおすすめはマーブルチョコやコアラのマーチ、トッポなどがおすすめです。

ポテトチップス類

人気のお菓子のポテトチップス類ももっていくと盛り上がりそうですが、あまりおすすめはできません。

食べかすがボロボロこぼれますし、塩の粉が手につき汚れやすいからです。

大きな袋に入っていると全部食べ切れない恐れもありますしね。

袋が大きいものだとバッグに入れてもかさばりそうです。

修学旅行で持っていくなら、ホテルなどで皆で分け合って食べる用に持っていくことをおすすめします。

持参するなら、「チップスター」がおすすめです。

食べきれなくても、ふたがついてますし、あまり大きくないのでかさばりません。

アメ、グミ類

こちらは少数意見になりますが、喋っているときなどに舐めていると喋りにくいなどの理由でおすすめできません。

あめなどは意外に袋が大きくかさばりやすいですし、バックに入れにくいですしね。

バスレクなどで盛り上がっているときにずっと舐めていると怒られそうです。

匂いが強いお菓子

くさやなど、臭いの強いお菓子はあまりおすすめできません。

バスなどの車内で匂いが充満するとバス酔いしてる人が気分が悪くなる恐れがあります。

ホテルに持っていくにしても臭いが充満してしまうのでダメでしょうね。

お菓子が禁止されている…どうしてももっていきたい場合の隠し場所は?

非表示, 少年, 女の子, 子, 若いです, ボックス, 穴, 引き裂かれました, 目, 探している, 見

引用元:https://pixabay.com

修学旅行で持っていきたいもの上位に食い込むのがお菓子ではないでしょうか。

そんなお菓子を持っていくのを禁止する学校もあるようです。

こんなの楽しい旅行にならない!ルールは破るためにあるというリスクを取るのが大好きなそこのあなた。

こちらでは絶対にばれない最高の隠し場所を紹介します!

参考にしてみてくださいね。

ですが、ばれたときの対処は自己責任でお願いします。

一つめはバックに2重底を制作しておく。

底を2重にすることで、持ち物検査があったとしてもかなりばれにくいです。

2つ目は下着の中に隠す

これも定番ですね、誰も下着までチェックしようとする人はいないでしょう。

3つ目は水筒の中に隠す。

これもばれにくいでしょう。

まさか水筒の中にお菓子があるなんて思いもしないでしょうしね。

皆さんも色々考えてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

修学旅行は一生に一度の思い出です。

あなたの記憶から消えることはおそらくないでしょう。

最高の思い出にするためにも最高のお菓子を持って楽しんで下さいね。

この記事を読まれた方は下記の記事もおすすめです。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事