修学旅行の班決めはどうする?皆の体験談や余った時の対応や誘い方など徹底解説

修学旅行でかなり大事になるのが班決め。

決め方はそれぞれですが、できれば仲の良いメンバーと一緒になりたいですよね。

また、クラスに仲の良い子がいなくて班決めが余らないか不安になっているな人もいるのではないでしょうか。

本記事では、

  • 修学旅行の班決めはどうやって皆決めているのか
  • 班決めで友達を誘うにはどうすればいいのか
  • 班決めで嫌いな人と一緒になったらどうすればいいか
  • 班決めで余ってしまったらどうすればいいか
  • 子どもが班決めでな悩んでいまとめていますたらどうすればいいか

など班決めにまつわる様々な内容についてまとめています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

修学旅行の班決めは皆どうやって決めているの?

金閣寺, 京都, ゴールデン パビリオン, 日本, 禅の寺
引用元:https://pixabay.com

修学旅行の班決めで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ここでは定番の方法を紹介していきます。

子供たち同士の話合いで決める

一般的なやり方がこれです。

そもそも修学旅行は最終学年、もしくはその前年に行くのが一般的ですよね。

最終学年に向かう中、皆の意見を大切にして協調性などが学べるいい機会ですので子供の成長のためにも子供たちで決めるのがいいでしょう。

そして、子供たちで決めることのもう一つのメリットは仲のいい友達と一緒になる可能性が高いということです。

最終学年に向かい、仲のいいグループはすでに定着していることと思います。

ですので、グループで話合って比較的早く公平に決まるのではないでしょうか?

ただし、仲間外れになるなど悲しい思いをしてしまう子もいるかもしれません。

それを含めて子供の成長と捉えることができればいいですが、一生の思い出に残る旅行ですので皆で仲良く楽しむ旅行にしようとするのも一段階上の成長につながっていくのではないでしょうか。

先生が決める

中学・高校生ではあまり見かけませんが、小学校では人間関係を見ながら公平にある程度先生が決める場合もあります。

しかし、すべてのメンバーを先生が見つけるわけではなく、一部の班長などを決めてあとは子供たちにまかせるといったような提案だそうです。

先生の一任で決めることは子供たちの不満もあるでしょうから、同意の上で決定していくようです。

たしかにこれならバランスのいいメンバーができそうですね。

子供たちだけでメンバーを決めさせない理由は安全を考慮してのことです。

旅行とはいっても、安全が配慮しなければ意味がありませんよね。

小学生はまだ危険な箇所を把握できてないことが多いでしょう。

事故を起こさないよう安全な旅行にして楽しい思い出を作るために先生も一生懸命なのです。

くじで決める

これは最も公平な決め方です。

完全に運任せなので、仲のいい友達ともバラバラになる可能性が高いです。

不満の声も上がる可能性が高いですね。

この決め方は、最終手段で使われることが多いです。

はじめからこのやり方でやってしまうと教育な観念からしてもよくなさそうですしね。

修学旅行の班決めの友達の誘い方は?

少年, 女の子, 手をつないで, 子供, 学校, 学校の初め, 学習, 幸せ, にこやか

引用元:https://pixabay.com

大人の方も旅行は行くまでの計画が楽しかったりはしませんか?

きっと修学旅行に行く学生たちも同じ心境の人が多いでしょう。

旅行前になると休み時間や通学途中などに自然と旅行の話題になっていくものです。

休憩時間や給食の和やかなムードの中で、「一緒に行こう!」などと誘ってみたはどうですか?

もし、一人で寂しそうな人がいたら声をかけてあげてみてくださいね。

皆で楽しい思い出を作るのが修学旅行ですからね。

修学旅行の班決めで嫌いな人と一緒になってしまったらどうすればいい?

思想家, 思う, 思考, 知恵, 応答, 悟り, 人間, 像, じっくり考える, 祝う, リラクゼーション

引用元:https://pixabay.com

もし班決めで嫌いなメンバーと一緒になってしまったら・・・。

「楽しい思い出を作る修学旅行になるはずなのに・・。」「一緒に行きたくない・・・。」

そう思っても仕方はないですよね。

ですが、そもそも「嫌い」て何なんでしょうか?

その人のことを本当に理解してないだけかもしれません。

人間は一つ屋根の下で暮らしていると必ず争いが起きる生物です。

意外にも開放的な旅行先で一緒に行動することで、その人の見る目が変わってしまうかもしれませんよ。

事実私も学生の頃嫌いなメンバーと修学旅行をした思い出があります。

ですが逆に旅行中に仲良くなってしまったんですよ。

ただ、自分が心を閉ざしていてしまっていただけだったんですね。

環境が変わって美しい景色を見ることで、嫌いな人が好きになっちゃうかもしれません。

そして一つの社会勉強なのです。

修学旅行の班決めが怖くて不安な人の声

修学旅行で不安な人、こんなにいるのですね・・・。

この人は不安でいっぱいといいながらも顔文字は笑顔ですね(笑)。

不安と期待感が半分なのでしょうか?

4泊5日ですか。

少し長いかもしれませんね、まああまり重く考えず気楽にやりましょう。

最近の子たちは不安な人が多いみたいなんですね。

心の鍛錬と思って、行ってみるのもいいかもしれません。

5日間いじめられるのは本当につらいでしょうね・・・。

せっかくの旅行が台無しですね。

いっしょに行くメンバーは一体何を考えているのでしょうか。

不安と楽しみが半々ですか。ちょうどいい感じでいいのでしょうか?

修学旅行の班決めでもしも余ってしまったらどうすればいい?

孤独です, 男, 座っている, レジャー, 休憩, Git, 体, 肖像画, 黒と白, 男性, 若いです, 人

引用元:https://pixabay.com

もし、班決めの時ひとりぼっちになるような人がいたらどうでしょう?

そんな悲しいことはないですよね。

余ってしまった場合は、とにかくみんなでフォローして別の班に入れてあげましょう。

みんなで楽しむためには計画の時から楽しまなければ意味がありません。

自分からアプローチができない子だって必ずいます。

そういう子を見つけて輪の中にいれてあげる努力も必要ですね。

子供が班極めで悩んでいたらどうすればいい?

後ろ姿, 男の子, 柵, 屋外, 子供, 男, 人, 人間, 悩み, 悩む, 落ち込む, 若いです, 男性

引用元:https://pixabay.com

中学生・高校生などは大人に近ずいていて少しは意識して班決めをできる年齢だと思います。

高校生だとグループを作るのさえ面倒になってきている年ごろでしょうしね。

小学生のお子さんを持つ親御さんはフォローしたくなる気持ちはわかりますが、少し子供たちだけ考える時間を設けてあげましょう。

そして本当に理不尽なことと思ったら先生に相談してみるのがいいかもしれません。

社会勉強も兼ねての修学旅行ですので、子供の問題に親がしゃしゃり出てき過ぎるのも問題ありです。

まずは子供たちで解決する能力を観察してあげましょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

修学旅行は期待半分・不安半分あって当たり前だと思います。

思春期の子供のたちは多感な年ごろですし、大人の手助けも必要な感じがします。

ですが、小学生と言っても少し大人の階段を昇ってい途中でぐらいで行くのが修学旅行です。

社会勉強だと思って楽しみながら学べるいい機会なのです。

ですから事前にしっかりとコミュニケーションを取って楽しい修学旅行にできるといいですね。

本記事を読まれた方は下記記事もおすすめです。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*