きゅうりの食べ過ぎによる体への影響は?健康上の問題や太らない食べ方を徹底解説

夏野菜として、よく知られている野菜として、

『きゅうり』

があります。

今では、夏以外でも食べられるようになりましたが、

『1番美味しい時期に食べるのが1番』

ですよね。

ですが、きゅうりを食べすぎることで、

『体に悪影響がある』

と言われていることを知っているでしょうか。

そこで、今回は、

『きゅうりの食べすぎが、体に与える影響』

について紹介します。

きゅうり好きな人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

きゅうりの食べ過ぎによる体への影響は?

引用元:https://pixabay.com

きゅうりの食べ過ぎによる体への影響は、

『水分が多いこと』

から来るとされています。

人の体にとって、水分というものは、

『絶対に必要なもの』

となっており、適度に摂取しなければならないものです。

ですが、あまりにも摂りすぎると、

『体に悪影響を与える』

ことになってしまいます。

体が冷える

きゅうりの食べすぎで、まず最初に起こる影響は、

『体が冷える』

ということです。

人の体は、

『常に一定の温度を保っている』

のですが、これが下がると、体に悪影響を与えることになってしまいます。

体が冷えることによる悪影響としては、

  • 代謝の低下
  • 免疫能力の低下
  • むくみの誘発
  • 太りやすくなる
  • 冷え性が出てくる

 

などがあります。

基本的に、人の体は、

『冷やして良い事は、あまりない』

ため、きゅうりの食べ過ぎには注意しておきましょう。

腹痛と下痢

きゅうりを食べすぎると、体が冷えると紹介しました。

これにより、誘発される症状として、

『腹痛と下痢』

があります。

お腹を冷やしてしまうと、

『腹痛や下痢になりやすい』

ことは、よく知られていることです。

きゅうりも、水分が多い野菜のため、お腹が冷えて、

『食べすぎることで、腹痛や下痢を誘発してしまう』

のです。

特に、

『お腹が弱い人』

は、きゅうりの食べすぎに気を付けてください。

また、きゅうりに含まれている、

『ククルビタシン』

という成分も、下痢の原因となっています。

この成分は、主に、

『苦み成分』

であり、適量であれば、がん予防などに有効となるものでもあります。

あまり食べ過ぎずに、体に良い成分を摂っていきましょう。

高カリウム症

きゅうりには、

『カリウム』

という成分が多く含まれています。

この成分は、

『余分な塩分や水分を取り除いてくれる』

ものであり、体にとっても良い成分と言えるでしょう。

ですが、摂りすぎることで、

『高カリウム症』

というものが出ることもあります。

高カリウム症は、体に含まれるカリウムの濃度が高くなり、

  • 血症
  • 副腎疲労

 

などを引き起こすものとされています。

あまりにも、多くのきゅうりを食べてしまうと、

『高カリウム症になる可能性が高くなる』

ので、食べ過ぎには注意してください。

また、きゅうりをぬか漬けにすることで、

『カリウムの量が約3倍になる』

と言われているので、覚えておくようにしてくださいね。

また、ぬか漬けは、

『塩分の摂り過ぎ』

にも繋がるため、気を付けておきましょう。

トイレが近くなる

きゅうりを食べすぎると、水分を多く摂ることになります。

それは、同時に、

『トイレが近くなる』

ことも意味しています。

トイレが近くなると、

『日常生活に支障が出る』

ため、出来るだけ避けておきたいところだと思います。

また、トイレが近くなると、

『それだけ移動が多くなる』

ことにもなります。

その分、ストレスも溜まりやすくなり、

『精神衛生上も良くない』

ため、気を付けるようにしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

きゅうりを食べ過ぎるとビタミンCが破壊されるのは本当?

引用元:https://pixabay.com

きゅうりを食べすぎることによる影響を紹介しました。

次に、きゅうりに関することで、噂になっている、

『ビタミンCの破壊説』

についても、紹介していきます。

きゅうりが、ビタミンCを破壊するという噂は本当

よく聞く噂で、

『きゅうりが、他の食材にあるビタミンCを破壊している』

というものがあり、1度は聞いたことのある人もいるのではないでしょうか。

この話の結論としては、

『きゅうりは、確かにビタミンCを破壊している』

ということが言えます。

ですが、ここで勘違いされやすいこととして、

『破壊されたからと言って、ビタミンCが吸収されないわけではない』

ということです。

ビタミンCを破壊するとされる成分は、

『アスコルビン酸酸化酵素』

というもので、きゅうりに含まれている酵素となります。

この酵素が、ビタミンCに作用すると、

『還元型ビタミンCから酸化型ビタミンCに変化する』

と言われているのです。

この変化が、いわゆる、

『ビタミンCの破壊』

と言われる由縁になっています。

アスコルビン酸酸化酵素によって、酸化型ビタミンCになった後は、

『再び、還元型ビタミンCに戻る』

ため、結局は体に吸収されるようになります。

その為、きゅうりと別の食材を合わせて食べたとしても、

『ビタミンCが吸収されないわけではない』

ので、ひとまず安心してくださいね。

きゅうりを食べ過ぎると太る?

引用元:https://pixabay.com

きゅうりに関する噂話を紹介しました。

次に紹介するのは、

『きゅうりを食べすぎると、太るのか』

について紹介します。

食べ物である以上、

「食べ過ぎれば太る」

と思うかもしれませんが、きゅうりの場合は、あまり心配ありません。

カロリーが低いので太りにくい

先程も紹介していますが、

『きゅうりは水分が多い野菜』

となっています。

その水分量の割合は、

『全体の9割以上』

とされているのです。

実質、水といっても良いでしょう。

また、きゅうり1本のカロリーは、

『10~20カロリー』

となっていることがほとんどです。

成人が、1日に必要とされているカロリーが、

『2,000カロリー』

のため、まず太る心配はないでしょう。

ただし食べ方によっては太る

きゅうりは、よっぽどのことがなければ、

『太ることはない』

と紹介しました。

ですが、これはあくまで、

『きゅうり単体の話』

ということは、覚えておきましょう。

きゅうりは、基本的に、

『何かと組み合わせて食べる』

ものであり、そのまま食べられることは少ない野菜です。

きゅうりを食べる時に使われるものとしては、

  • ドレッシング
  • マヨネーズ
  • 味噌
  • マスタード
  • 醤油
  • からし

 

などがあります。

他にも、

  • 浅漬け
  • ぬか漬け
  • キムチ

 

などにして食べることがあるでしょう。

これらの食べ方をすることで、

『きゅうりがさらに美味しくなる』

ことは、間違いありません。

ですが、逆に、

『カロリーも増えることに繋がってしまう』

のです。

少し食べるだけなら良いですが、こういったものは、

『多く食べ過ぎてしまう』

ことが、よくあります。

その結果、カロリー過多になり、太ってしまうということなのです。

食べ過ぎる気持ちは分かりますが、

『なるべく自制する』

ようにすることをおすすめします。

きゅうりの1日の適量はどれくらい?

引用元:https://pixabay.com

きゅうりを食べすぎることによる影響を紹介しました。

ここからは、

『きゅうりは、1日何本まで食べてよいのか』

についても紹介します。

いくら、ほとんど水分だけの野菜といっても、

『食べる量には、限度がある』

ため、しっかりと覚えておきましょう。

1日に食べられるきゅうりは、『2~3本』

きゅうりは、1日に食べられる限度して、

『2~3本』

とされています。

この本数を超えて食べてしまうと、先程も紹介したような、

『体の冷えや腹痛、下痢』

になってしまうと言います。

また、この本数は、

『成人の限度』

とされており、子供や妊婦などの本数は判明していません。

ですが、あまり大きな違いはないとされているため、

『2~3本を目安としておく』

ようにしましょう。

人によって、限度量が違うこともある

1日に食べられるきゅうりの限度量を紹介しました。

ですが、これはあくまで、

『一般的な目安』

であることを、覚えておくようにしましょう。

これは、きゅうり以外にも当てはまることですが、

『食べられる限度量は、人それぞれ違いがある』

ということが言えます。

その為、

『多く食べられる人もいれば、あまり食べられない人もいる』

のです。

胃腸が強い人なら、

『1日にきゅうりを5本食べても平気』

の人もいるでしょう。

逆に、胃腸が弱い人は、

『1本でも、腹痛を起こしてしまう』

ことがあるのです。

また、

『その日の体調』

によっても、食べられる限度は変化していきます。

自分の体が、どれだけの量を食べられるかは、

『自分自身でしか、知ることができない』

ため、常に意識しておくようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

健康によく太りにくいおすすめの食べ方は?

引用元:https://pixabay.com

きゅうりを食べすぎることによる影響を紹介してきました。

ここからは、

『健康的で、太りにくいきゅうりの食べ方』

について紹介していきます。

なるべくカロリーを抑えて、お得にきゅうりを食べるための参考にしてみてください。

ドレッシングなしのサラダ

きゅうりの基本的な食べ方と言えば、

『サラダにする』

ことが挙げられます。

ですが、このときに注意しほしいことは、

『ドレッシングを使わない』

ということです。

ドレッシングを使うと、

『サラダのカロリーが飛躍的に増加する』

ため、太る原因となってしまうのです。

確かに、ドレッシングなしのサラダは、

「味気なく、美味しくない」

と感じる人もいるでしょう。

ですが、そんな人は、

『サラダをよく噛んで食べる』

ことを意識してみてください。

よく噛むことで、

『野菜に含まれている旨味』

を、より深く感じることが出来ます。

また、よく噛むことで、

『消化がスムーズになる』

ため、栄養素を体に取りこみやすくなるのです。

きゅうりは、栄養素が低いとはいえ、

『体に必要な栄養素は、一通り含まれている』

ため、よく噛んで食べることをおすすめします。

スムージーにする

ダイエットに最適な食べ方として、

『スムージーにする』

という方法もあります。

スムージーは、

『野菜や果物を、素の状態で細かくした飲み物』

です。

食材というのは、食べる際、

『出来るだけ細かくなっている』

方が、栄養素を吸収しやすくなっています。

特に、スムージーは、

『野菜や果物の皮まで、一緒に混ぜ合わせる』

ため、栄養素を取りこぼしにくい飲み物なのです。

もちろん、きゅうりも例外ではないため、

『他の野菜や果物と合わせて、スムージーにする』

ことをおすすめします。

酢の物にして食べる

きゅうりと言えば、よく食べられる方法として、

『酢の物』

があります。

飲み屋などでも、頻繁に出されるものであり、

『馴染み深い』

人も多いでしょう。

そして、太りにくく、かつ健康に良い食べ方として、

『酢の物は最適』

となるのです。

お酢は、昔から、

『体に良い調味料』

として、多くの人に親しまれてきました。

主な効果としては、

  • 内臓脂肪・皮下脂肪の減少
  • 代謝の活性化
  • 血糖値の抑制
  • 疲労回復
  • 便秘予防
  • 高血圧予防

 

などがあります。

これだけの効果があるものと合わせれば、

『体に良い事は、一目瞭然』

と言えるでしょう。

また、お酢ときゅうりの組み合わせは、

『日本人の口に合う』

ため、とても食べやすいものとなっています。

簡単に作ることが出来るので、

『日々の食事に加えてみる』

ことをおすすめします。

通販でおすすめのきゅうりをご紹介

きゅうりについて、様々なことを紹介しました。

ここからは、

『通販で手に入るおすすめきゅうり』

について紹介します。

西日本産きゅうり

きゅうりに限らず、食材の中には、

『訳アリ商品』

というものがあります。

ですが、そのほとんどは、

『形が悪い等の理由だけで、訳ありにされている』

ことが多いのです。

ですが、実際のところ、

『製品として販売されるものと、栄養価は全く変わらないものばかり』

となっています。

そんなきゅうりを集めたものが、

『西日本産きゅうり』

なのです。

美味しいきゅうりが揃っているので、

『形を気にしない』

という人は、ぜひどうぞ。

宮崎県産きゅうりの醤油漬け

きゅうりの名産地として有名な、

『宮崎県産きゅうりの醤油漬け』

となります。

宮崎県は、きゅうりの収穫量が、

『全国1位』

であり、きゅうり作りが盛んな地域でもあります。

美味しいものを食べたいなら、

『名産地で食べる』

ことは、基本中の基本です。

また、誰もが好きな、

『醤油漬け』

にしてあるので、さらに美味しく食べることが出来るでしょう。

ですが、注意点として、

『美味しすぎて、食べ過ぎないようにする』

ようにしてくださいね。

まとめ

『きゅうりの食べすぎによる体への影響は?健康上の問題や太らない食べ方を徹底解説』

いかがでしたか。

今回のまとめとしては、

『きゅうりは、ほどほどに食べるようにする』

ということが言えます。

夏だけでなく、1年を通じて、

『多くの人に食べられているきゅうり』

ですが、食べ過ぎると、体に悪影響を及ぼすことになりかねません。

また、1日に食べられる量も、ある程度決まっているため、

『限度を守って、適度に食べる』

ことを心掛け、美味しく食べるようにしてくださいね。

こちらの記事を読まれた方は下記の記事もおすすめです。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*