トマトの食べ過ぎによる体への影響は?健康上の問題や太らないのか徹底解説

トマトと言えば、

『日々の生活で、よく食べられている野菜』

となっています。

好き嫌いが分かれることもありますが、

『健康に良い成分が多く含まれている』

ため、多くの人に親しまれているのです。

そんな、トマトの成分の中でも、特に有名なものとして、

『リコピン』

があります。

体に良い成分として有名ですが、

『摂り過ぎによる影響』

などは、あまり知られていません。

そこで、今回は、

『トマトの食べ過ぎによる体への影響』

について紹介していきます。

トマト好きの人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トマトに含まれるリコピンを取りすぎるとよくない?

引用元:https://pixabay.com

トマト好きなら、

『リコピンの効果・効能』

について、気になっている人がほとんどだと思います。

ですが、どのような効果があるかは、

『何となくでしか知らない』

人も多いのです。

まずは、リコピンが、

『人の体にどんな影響を及ぼすのか』

について紹介していきます。

リコピンの効果・効能

リコピンが持つ主な効果や効能は、

  • 抗酸化作用
  • 生活習慣病の予防
  • 肥満予防
  • 美肌効果
  • 目の健康維持
  • 血流改善

 

などがあります。

抗酸化作用は、

『体の老化を防ぐ効果が期待できる』

ものであり、長生きしたい人にはおすすめです。

また、近年問題になっている生活習慣病も、

『リコピンで改善が期待できる』

ようになっています。

肥満予防や美肌効果は、

『女性に対して、効果てきめん』

であり、ぜひとも摂っておきたいところです。

そして、意外なことに、

『目の健康維持』

にも、リコピンは活躍してくれるのです。

目の視覚低下には、

『活性酸素』

が関係しているとされ、リコピンは、これを除去する効果があるとされています。

ブルーベリーなど、目に良い食品と一緒に食べることをおすすめします。

そして、何より効果的な効能として、

『血流がよくなる』

ことがあります。

人の体は、無数の血管が張り巡らされています。

この血管が、少しでも詰まってしまうと、

『血流が滞り、体に悪い影響を及ぼす』

ことになってしまうのです。

リコピンは、体に溜まる、

『悪玉コレステロールの酸化を防ぐ』

効果が期待されています。

これにより、血管でコレステロールが詰まることを防げるということなのです。

これから、長く健康に過ごしたいなら、

『トマトのリコピンを多く摂取する』

ようにしていくことをおすすめします。

リコピンを含む食べ物

リコピンという成分は、何も、

『トマトだけに含まれているものではない』

ことを知っているでしょうか。

トマトほどの知名度はないにしても、

『リコピンを含む食べ物』

は、多く存在しているのです。

例を挙げると、

  • ニンジン
  • スイカ
  • パパイヤ

 

などがあります。

リコピン自体が、

『赤色の成分』

という特徴があり、同じように赤系の食材に多く含まれています。

ですが、全てが当てはまるわけではなく、

『イチゴやさくらんぼ』

などには含まれていません。

リコピンの入った食材を購入したいなら、

『それぞれの食材に含まれる成分』

を、しっかりと確認するようにしましょう。

リコピンを取りすぎるとよくない?

リコピンの効果や、含まれている食材を紹介しました。

ですが、ここで、

「リコピンを取りすぎると、どうなるの」

と考える人もいるでしょう。

結論を言うと、リコピンを摂り過ぎると、

『少なからず体に悪影響が出る』

ようになります。

その為、過剰摂取は避けることをおすすめします。

詳しくは、次の項目で紹介しています。

リコピンを取りすぎると起こる症状は?

引用元:https://pixabay.com

リコピンは、体に良い影響を与える成分ですが、

『過剰摂取によって、体に悪影響が出る』

ことは確かです。

症状としては、

  • 発疹
  • 腹痛
  • 皮膚の変色
  • 貧血

 

などがあります。

どんなものにも当てはまることですが、

『摂り過ぎると、体が拒絶反応を示す』

ようになるのです。

発疹

例に挙げた、発疹などは、

『摂り過ぎによる、最も分かりやすい例』

と言っても良いでしょう。

通常、適切な量であれば、

『余程のアレルギー症状がない限り、発疹が出ることはない』

のです。

これが、発疹が出てしまうとなれば、

『それだけ過剰摂取している証拠』

となるのです。

腹痛

腹痛も、

『過剰な摂取により、胃が処理しきれていない』

ことから、起こる可能性が高くなります。

これは、トマトに含まれる水分や、酸性であることも関係しているため、

『一概に、リコピンだけが原因ではない』

と言えるでしょう。

ですが、リコピンの過剰摂取も、腹痛の原因になっていることは確かです。

その為、摂取量には気を付けるようにしましょう。

皮膚の変色

見た目にもよく分かるものが、

『皮膚の変色』

となるでしょう。

みかんなどを食べ過ぎて、

『手が黄色になる』

ことと同じで、トマトを食べ過ぎると、皮膚が赤くなります。

このような反応が出れば、

『過剰摂取している』

ことに繋がるため、量を控えておきましょう。

貧血

リコピンの効果に、

『血圧を下げる』

というものがありますが、これは、貧血を引き起こすことに繋がる恐れもあります。

過剰摂取によって、血圧が下がり過ぎてしまい、

『貧血で倒れる』

という事態があることも、把握しておくようにしましょう。

また、トマトと一緒に、

『血圧を下げる薬』

を飲んでいる人も、貧血になる恐れがあるため、注意しておいてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リコピン以外でトマトの食べすぎによる体への影響は?

引用元:https://pixabay.com

トマトの代表的な成分である、リコピンについて紹介してきました。

ですが、トマトには、リコピン以外にも、

『多くの成分が含まれている』

ため、体には様々な影響を及ぼすことが考えられます。

ここからは、トマトのリコピン以外で、

『食べ過ぎることによる影響』

についても紹介します。

カリウムの摂り過ぎによる悪影響

トマトには、リコピンの他にも、

『カリウム』

が多く含まれています。

カリウムは、

『体に含まれる、余分な塩分や水分を排出する』

効果が期待できるものです。

ですが、摂り過ぎると、

『高カリウム症』

という症状が出てしまうこともあります。

高カリウム症になると、

  • 体の痺れ
  • 不整脈
  • 筋力低下
  • 吐き気

 

などの症状が起こります。

特に、不整脈を放っておくと、

『心停止』

になる可能性もあり、最悪、命を落とすこともあるのです。

余程食べ過ぎなければ、心配はありませんが、

『トマトだけを過剰に食べ過ぎる』

ことのないようにしましょう。

水分による下痢

これは、先程も紹介していますが、

『水分の過剰摂取による下痢』

も考えられます。

トマトには、水分が多く含まれており、これにより、

『体が冷えて、下痢になる』

ことがあるのです。

これは、水分を含む食材には、等しく可能性のあるものであり、

『内臓を冷やすことで起こり得る』

症状です。

その為、いくら体に良いからと言っても、

『トマトの過剰摂取』

は避けるようにしましょう。

アレルギー反応が出る可能性がある

アレルギーと聞けば、

「人が、元々持っているもの」

だと考える人も多いでしょう。

ですが、中には、

『特定の食材を食べ過ぎることによって発症するアレルギー』

というものが存在します。

これは、トマトも例外ではなく、

『食べ過ぎにより、アレルギー反応が出る』

ことは、十分に考えられます。

1度、発症したアレルギー反応は、

『その後も出やすくなる』

ため、トマトであっても、食べ過ぎないようにしてください。

食べ過ぎによる胸やけが起こる

トマトを食べ過ぎると、

『胸やけを起こしやすくなる』

という話があります。

これは、食べ過ぎることによって、

『トマトの汁などが、逆流している』

ことから起きているものです。

胃酸とトマトの酸性が、食道に逆流すると、

『食道が荒れて、胸やけが起こりやすくなる』

ため、食べ過ぎには注意するべきでしょう。

消化が悪くなる

トマトは、

『皮が消化されにくい』

食材としても有名です。

その為、食べ過ぎると、

『皮が消化されずに、排出される』

ことがあるのです。

消化されなかった皮は、

『便に混じって出てくる』

ため、体に残ってしまうことはありません。

ですが、皮が残っているということは、

『それだけ栄養素が無駄になっている』

ことにも繋がります。

トマトの皮には、

『多くの成分が含まれている』

ため、上手く吸収されなければ、それだけ栄養素を逃してしまうことになるのです。

体に良いからといって、たくさん食べても、

『肝心の栄養素が吸収されなければ意味がない』

ため、食べ過ぎには注意しておきましょう。

熟していないトマトには注意

トマトは、

『ナス科』

に分類される野菜です。

そして、ナス科の野菜には、

『少量の毒素』

が含まれているのです。

とは言っても、

『人体に影響を与えるには、とてつもなく多くの量を食べる』

必要があるため、普通に食べる分には、全く問題はないと言えるでしょう。

ですが、これはあくまで、

『熟したトマト』

の場合に限ります。

熟す前のトマトには、

『トマチン』

という毒素になる成分が、多めに含まれているのです。

その為、食べ過ぎると、

『体に悪影響を与える可能性』

が大きくなるため、気を付けておきましょう。

トマトにつける調味料にも注意する

トマトは、そのまま食べても美味しいものですが、

『マヨネーズやドレッシングをつけて食べる』

ことも多い食材です。

何か調味料を付けて食べることは良いのですが、

『食べ過ぎると、体に悪影響を与える』

ことにもなりかねません。

また、調味料には、

『味を良くするための添加物』

が多く含まれているため、あまり摂り過ぎることはおすすめできません。

トマトが美味しくて、つい食べ過ぎてしまう気持ちは分かりますが、

『節度を守って、美味しく食べる』

ようにしてみてください。

結石・胆石

トマトに含まれる、

『シュウ酸』

という成分を摂り過ぎると、結石や胆石が出来ることがあります。

特に、尿路結石が出来ると、

『かなり辛い状況になる』

ため、トマトの食べ過ぎには注意しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トマトを食べ過ぎると太る?

引用元:https://pixabay.com

トマトは、野菜の中でも、

『しっかりとした味わいがある』

ため、たくさん食べることが多いものです。

ですが、トマトをたくさん食べると、

「太りやすくなるのか」

については、あまり知られていないでしょう。

カロリーが低いので、太りにくい

トマトは、1個あたりのカロリーが、

『20~40カロリー』

となっており、低カロリー食材として有名です。

その為、よっぽど食べ過ぎない限り、

『トマトで太る』

ということはないでしょう。

1日に必要な最低限のカロリーは、

『2,000カロリー』

であり、トマトでこれだけのカロリーを取るのは大変なことです。

少々食べ過ぎても、太ることはないと言えます。

ただし、食べ方によっては太る

トマトを食べ過ぎても、

『よっぽど多く食べなければ問題ない』

と紹介しました。

ですが、例外として、

『トマトの食べ方を変えると、太る可能性はある』

ということが言えます。

トマトは、生で食べる以外にも、

『トマトケチャップ』

などに加工して食べることがあります。

その為、トマト以外にも、

『油分やカロリーが追加される』

ため、太る可能性が高くなります。

トマトケチャップを使った料理は、数多く存在するため、

『つけ過ぎることで、太ってしまう可能性が高い』

ということが言えます。

また、先程も紹介していますが、生のトマトに、

『ドレッシング』

をかけて食べることもよくありますよね。

その為、カロリーが跳ね上がってしまうことから、

『太る可能性がある』

ことも、覚えておくようにしましょう。

トマトの1日の適量はどれくらい?

引用元:https://pixabay.com

トマトが好きな人は、

『1日にたくさん食べている』

ことが多いと思います。

ですが、トマトにも、

『1日に食べられる限度』

というものが存在しています。

人によって、適量には若干の違いが出てきますが、およそ、

『2~3個』

が、1日におけるトマトの適量とされています。

大人と子供による摂取量の違いは、

『ほとんどない』

とされていますが、まだ小さいお子さんがいる場合は、食べ過ぎに注意してあげましょう。

また、妊婦さんの場合でも、

『1日に2~3個』

なら、食べても問題ありません。

ですが、先程も紹介したように、トマトは、

『食べ過ぎることによって、体を冷やすおそれがある』

食材です。

妊婦の体が冷えるのは、

『胎児にも悪影響を及ぼす』

ため、食べ過ぎには注意しておくようにしましょう。

健康によく太りにくいおすすめの食べ方は?

引用元:https://pixabay.com

トマトについて、様々なことを紹介してきました。

ここからは、

『健康によく、太りにくいトマトの食べ方』

について紹介していきます。

ダイエットに利用したい人は、参考にしてみてください。

お酢と一緒に食べる

トマトは、そのまま食べるだけでも、

『血流が良くなり、代謝が上がる』

ため、太りにくくなる食材です。

ですが、これにプラスして、

『お酢』

を使えば、更に健康的で太りにくくなるでしょう。

お酢には、

『ダイエット効果や疲労回復効果』

など、体に良い効果が多くあります。

また、トマトとの相性もよく、

『美味しく食べることが出来る』

でしょう。

ぜひ、試してみてください。

ほうれん草と組み合わせる

トマトと合わせて食べられる食材として、

『ほうれん草』

が、よく挙げられます。

トマトと同じく、

『栄養価が高く、低カロリー』

な食材であり、トマトと一緒に食べることで、健康的な料理となります。

基本としては、

『一緒に炒める』

ようにすれば、美味しく食べることが出来るでしょう。

スープにする

トマトの栄養素を、逃さず摂るなら、

『スープにする』

ことをおすすめします。

カロリーに関しても、

『トマトとたまねぎ、あとは油少々』

を加えるだけで、かなり抑えることが出来ます。

また、トマトに含まれるリコピンは、

『油溶性』

のため、油とは相性が良いものとなります。

健康的で、太りにくい食べ方としては、かなりおすすめだと言えるでしょう。

通販でおすすめのトマトを紹介

健康的で、太りにくいトマトの食べ方を紹介しました。

最後に、

『通販でおすすめのトマト』

を紹介していきます。

お手軽にトマトを食べたい人は、参考にしてみてください。

プレミアムトマト てらさ小町

トマト特有の生臭さや雑味をなくした、まさに、

『プレミアム』

なトマトです。

他のトマトとは、一線を画す味わいがあり、それは、

『イチゴと間違えるくらい』

だとされています。

無駄を一切省いた、上質なトマトであり、

『トマト好きも、そうでない人も満足できる』

ものとなっています。

本当に美味しいトマトを食べたい人は、ぜひどうぞ。

甘さ抜群のトマトベリー

【ふるさと納税】4月〜6月の発送 甘さ抜群!!トマト嫌いも食べられるトマトベリー約800g≪先行受付≫

トマトが苦手という人にもおすすめな、

『トマトベリー』

です。

トマトは、独特な味わいから、

『好き嫌いが分かれる』

ことが多い野菜です。

ですが、このトマトベリーなら、

『甘さが、他のトマトとは比べものにならない』

ため、どんな人でも安心して食べることが出来るのです。

水分を少なくする栽培方法で、

『トマト本来の甘さを引き出している』

ため、トマト嫌いだけでなく、トマト好きにもおすすめのトマトとなります。

ぜひ、食べてみてくださいね。

まとめ

『トマトの食べ過ぎによる体への影響は?健康上の問題や太らないのか徹底解説』

いかがでしたか。

今回のまとめとしては、

『トマトを食べ過ぎると、少なからず悪影響は出る』

ということが言えます。

確かに、トマトは、

『栄養価が高く、低カロリーの野菜』

であり、体に良い食材です。

ですが、やはり食べ過ぎると、

『体に悪影響を与える原因』

となってしまうのです。

トマトを食べ過ぎてしまう気持ちは分かりますが、

『ほどほどで止めておく』

ことをおすすめしますよ。

この記事を読まれた方は下記の記事もおすすめです。

 

それでは最後 まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*