中学生の告白の仕方やセリフは?タイミングや場所など成功率を上げる方法を解説

本当の恋愛が始まるのは、大体中学生から。

告白しようか悩んだり、結局告白しないまま終えたりしますよね。

しかし、せっかく好きな人ができたのであれば付き合って色んな所に遊びに行ったり、一緒に学校から帰ったりしたいもの。

そのためには告白を成功させる必要があります。

そこで今回は告白について、セリフや場所など成功率をあげるタイミングを解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次

中学生は異性が気になる時期


引用:https://pixabay.com

小学生のころと違い、中学生は思春期に入り、少しでもかわいく見せようとしたり、今まで通り男子と女子が仲良く遊ぶことも逆に出来なくなってきます。

男子と女子の中には恋愛感情が生まれやすくなり、恋人がほしいと段々思うようになります。

中学生はそんな思いが始まる時期なのです。

中学生が告白の成功率を上げるために事前にやっておきたいこと


引用:https://pixabay.com

いきなり好きな人に告白しても、それは自分の気持ちに押し付けになってしまい結果も良くなりません。

付き合うためには、相手が少しでも自分の事を気になっている状態を作ることが大事ですし、友達関係であることは必須です。

ここでは、そのような告白の前に準備しておくことについていくつか解説していきます。

付き合っている人がいないかどうかを知る

付き合う前に相手に恋人がいるかいないかを確認することは必須です。

相手にもし付き合っている人がいれば、いくら告白しても無駄ですし、告白しただけでも恋人がいる人に告白したとなれば評判も悪くなります。

恋人がいるかどうかは学生であれば自然と広まりますし、もしそれでも真偽が分からない場合は会話の中で自然と聞いてみるのも良いでしょう。

連絡先を知る

告白の前のステップとしては仲良くなる事も大事です。

仲良くなるためにはどうしても連絡先を知っていないと仲良くなることもできません。

そのため、LINEやメールなどの連絡先を知るようにしましょう。

コミュニケーションを積極的にとる

連絡を知ることができた後はコミュニケーションを取ることが大事になります。

普段からLINEなどで何気ない話をすることも大事ですし、おはようやおやすみなどの連絡も取るようにしてみても良いでしょう。

単純接触効果というものがあり、普段から連絡を取ったりすることで相手も段々自分の事を気になってくることがあります。

連絡を取ることで仲良くなることもできますし、一石二鳥ですね。

相手に好意を示す

相手と喋ったりするうえで本当は好意はばれたくない人が多いですよね。

しかし、案外好意はしっかりと示した方が相手も自分の事を気になってくれることがあります。

もし、好意を示してダメな場合はそこで脈がないということも把握できますし好意は積極的に示していきましょう。

下記の記事では告白する前の脈ありサインや片思いから両想いになる方法を解説しています。

 

告白する前に相手が好きかどうか確かめたい人やもっと相手に好きになってもらってから告白したい人はぜひご参照ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学生が告白する場所のおすすめは?


引用:https://pixabay.com

いざ告白しようとすると、どうやって告白したら良いのか、その方法に悩みませんか?

告白はその方法一つで成功率が上がったり下がったりしますし、告白する際には相手に合わせた方法を選ぶことがとても大事になります。

そこでここでは中学生が告白するお勧めの方法について解説していきます。

直接

おすすめの告白方法の一つ目は直接会って伝えることです。

直接会って告白することは一番恥ずかしいですが、気持ちを感じやすいですし成功の確率も上がります。

もし断られたらかなり傷つきますし、その後どんな言葉を掛けたらいいのかも分からなくなりませんか。

しかし、直接会って告白されることは相手からしてもうれしいですし誠実さを感じることもできますね。

ラブレター

おすすめの告白方法の二つ目はラブレターです。

昔からよくある方法で女子の告白と言えばラブレターと思う方も多いかもしれません。

女子の手紙はなんだか可愛さもありますし、ラブレターをもらうことが夢という男子も少なくありませんね。

そこでラブレターを使うことは一つの方法です。

今手紙を書く習慣が無くなってきている今だからこそラブレターという方法を使ってみましょう。

電話

おすすめの告白の方法の三つ目は電話です。

中学生になるとみんなスマホを持ち出す時期ですし、電話という手もありです。

直接会うよりも緊張しにくいですし、声も聞くことができるのでドキドキするとは思いますが成功しやすいものです。

特に普段から長電話するような仲だったり、相談を電話でするようなタイプだと、その続きで告白というのもおすすめですね。

LINE

おすすめの告白の方法の四つ目はLINEです。

好きな人とは普段からLINEをしたりメールをしたりする仲になっている事が多いですよね。

そしてその普段の会話をしている中でLINEで告白するというのも一つの手です。

しかし、LINEというのは直接会うことがなく表情が分からなく、言葉の熱意も伝わりにくくなってしまいます。

また、告白の文章を見て相手は長く考えることができてしまい、数日返信が帰ってこないということも十分に考えることができますので他の物に比べてあまりおすすめはしませんね。

友達伝え

おすすめの告白の方法の五つ目は、友達伝えです。

好きな人と自分の間には共通の友達がいることも少なくありませんよね。

そこでどうしても自分からの告白は緊張してしまい無理だという人は、友達に伝えてもらうのも一つの手です。

しかしこれだとどうしても告白された側も誠実さを感じることができず断られることも増えてしまうので、その点は理解しておきましょう。

中学生が告白する時期やタイミングのおすすめは?


引用:https://pixabay.com

告白の成功率にはタイミングがとても重要です。

お互いがどれだけ好き同士でも、受験期や忙しい時期に告白されてしまうと付き合うことが難しいですよね。

そのために時期やタイミングというものはとても大事になります。

そこでその時期やタイミングについて解説していきます。

別れ際

タイミングの点でおすすめの一つ目は別れ際です。

好きな人と変えるタイミングが同じ時などは一緒に帰っていることも多いのではないでしょうか?

その帰る際には一人になるタイミングができやすくなります。

更に、別れ際は暗くなっていることもあり、告白のムードも出来上がっています。

そこで別れ際に告白をしてみましょう。

放課後

タイミングでおすすめの二つ目は放課後です。

教室は基本的に授業が終わると帰る人とクラブに行く人で分かれるので誰もいなくなります。

そこで好きな人を放課後に教室に呼んで告白してみましょう。

落ち着いて話すこともできますし、教室ということで青春ムードもありますよね。

ただ、誰かが入ってくるかもしれないということには気を付けておきましょう。

誕生日

おすすめの告白タイミング三つ目は、誕生日です。

相手の誕生日だと何かプレゼントも渡したくなりますよね。

そのプレゼントと同時に相手に告白することも大事です。

相手側も誕生日ということで気分が上がっていますし、告白が成功する確率も上がることでしょう。

クリスマス

告白のタイミングでおすすめの四つ目はクリスマスです。

クリスマスと言えば、カップルがイルミネーションデートに行ったりしてカップルの醍醐味の日です。

そんな日に、告白をすることができれば大いに確率が上がりますし、ムードもいいのでおすすめですね!

そもそも、クリスマスに遊んだり、会ったりするということは相手も相当意識しているので脈は大ありです。

バレンタインデー

告白のタイミングでおすすめの五つ目はバレンタインデーです。

近年はバレンタインデーがかなり普及してきたこともあり、このバレンタインデーで告白をする人も増えてきました。

バレンタインデーで本命のチョコをあげるときにラブレターを入れておくのもありですし、チョコを渡すときに告白をするのも良いでしょう。

終業式の日

おすすめのタイミング六つ目は終業式の日です。

1学期、2学期、3学期にそれぞれ終業式がありますが、終業式はその日で学校がしばらくないということもあり、休みの期間に遊ぶことができます。

そのタイミングを狙って終業式の日に告白をして、その後一杯遊ぶということも狙いましょう。

そこで終業式の日に、少し教室に来てもらったりして告白をします。

クラスの人は早く帰りますし、誰かが入ってくるような危険性もないのでおすすめです。

卒業式の日

おすすめのタイミングの七つ目は卒業式の日です。

何といっても卒業式というのは、それ以降クラス替えがあったり高校生になったりなどであえなくなる可能性を含み、仲の良かった人でさえ少し疎遠になることがあります。

そこで、ラストチャンスという意味合いも含めて告白するようにしましょう。

卒業式の日に教室や体育館裏に呼んで告白するのはロマンティックですね!

体育祭の後

おすすめのタイミングの八つ目は体育祭の後です。

体育祭は年に一回ありますが、その日には男の子のかっこいい姿がたくさん見ることができるかもしれません。

特に部活で活躍しているようなスポーツマンタイプの子などの場合は特にかっこよく見えます。

そのような子が告白する場合や、そのような子に告白する場合でも気分が上がっていますし、かっこよく見えている補正が入ります。

そのため告白の成功率も上がりますし、ムードもいい感じですね。

部活の大会終わり

おすすめのタイミング9つ目は部活の大会終わりです。

中学生だと多くの人が部活に入っていて、その部活をやっている姿が好きだという人も多いでしょう。

好きな相手の大会を身に行って、いい結果を残したときは特にその人と一緒にいいムードで帰ることができます。

そうなると告白のチャンスで、お互い気持ちも上がってしますし成功率も上がってきますね!

2年生の時期

時期の観点で最後におすすめなのは中学2年生の時期です。

中学生活で1年生のころというのはまだまだ慣れない中学生活に入ったばかりで、恋愛をしている場合でないという人も多いですね。

そこで中学2年生というのは、学校生活にも慣れて安定していますし、恋愛をしたいという人も多くなってきています。

対して中学3年生のころは受験などで忙しくなっています。

そのため中学2年生の時期に告白をするようにしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学生が告白する場所のおすすめは?


引用:https://pixabay.com

告白を成功させるには、その場所というのも大事になってきます。

場所が悪いとムードもなくなりますし、いくら気になっている人でもその場で気持ちを失うことにもなりかねません。

そのため告白をする際はしっかりと場所を選んで行うようにしましょう。

ここではおすすめの場所を紹介していきます。

体育館の裏

告白におすすめの場所一つ目は体育館の裏です。

体育館の裏は人が少ない場所で、みられることや他の人の気配にびくびくする必要がいりません。

そのため、告白をするのにはいい場所ですし、学校なので相手を呼び易い場所でもあります。

放課後の教室

告白におすすめの場所二つ目は放課後の教室です。

告白をする時は、誰もいないところということも重要ですが、やはり学生なので青春を感じるような場所を選ぶこともとても大事になってきます。

そこで放課後の教室というと、ドラマとかでも告白の場所に選ばれてる通り、告白の場所としてはとてもおすすめです。

ただ、放課後の教室には人が残って話していることもあるので、呼び出す時間は工夫が必要ですね。

授業後だとどうしてもたくさん人がいるので、部活終わりがねらい目でしょう。

公園

告白におすすめの場所三つ目は公園です。

告白と言えば、公園でブランコに乗りながらと想像する人も多いのではないでしょうか。

それくらい公園は告白に向いていて、特に夕方はムードもあり告白に特に適しています。

好きな相手とは一緒に帰っているという人もいますよね。

その帰っている最中、公園に寄ろうと言って告白しましょう。

帰り道

告白でおすすめの場所四つ目は、帰り道です。

一緒に遊んだ日や、学校からの帰り道で少し人が少なくなるところがある人は帰り道で告白するのもドキッとします。

帰り道で少し止まってもらい気持ちを告白しましょう。

相手の家の前

告白でおすすめの場所五つ目は、相手の家の前です。

告白をする時、中々相手が忙しくて学校も人が多くて告白をすることが難しい時もあります。

そのような時は相手も呼び出して家の前で告白しましょう。

と言っても相手の家の前が人通りが多い時はやめて、少し暗くなった時に告白してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

直接告白する場合のセリフは何がいい?


引用:https://pixabay.com

告白をする際は色々緊張して悩みますが、一番悩むことがセリフです。

かっこいいセリフを言ったほうが良いのか、それともストレートに言ったほうが良いのか悩みますよね。

ここでは直接告白する時のセリフはなにがいいのか見て行きます。

「ずっと好きでした!付き合ってください。」

告白でおすすめのセリフ一つ目は「ずっと好きでした!付き合ってください」です。

告白は長くなりがちで、だらだらと言ってしまい、相手からも何を言いたいのか伝わらない場合があります。

そうなってしまうとせっかくの告白が無駄に終わってしまうので、緊張する人ほど端的な言葉で言うようにしましょう。

「一緒にいたいです」

告白のセリフおすすめ二つ目は「一緒にいたいです」。

このセリフは女性からの場合特におすすめとなり、男子からするときゅんとするような言葉でしょう。

仲がいい場合は特におすすめで、一緒に遊びに行くが少しそこから発展がないような時はこの言葉を言ってみて下さいね。

他にもどんな言葉が良いのかもっと知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。

中学生の告白のセリフは何がいい?男女ともに徹底解説

lineで告白する場合の文章は何がいい?


引用:https://pixabay.com

直接告白するのは恥ずかしいので、LINEで告白したいという方もいますよね。

そんな時はどんな文で告白するのが良いのか、ここではLINEで告白する際のおすすめを紹介していきます。

「ずっと好きでした!付き合ってください」

LINEで告白する際のおすすめの文章一つ目は、「ずっと好きでした!付き合ってください」。

直接言う時もこの言葉が良いですが、やはりLINEで告白する時もこの言葉は変わりません。

しっかりと直接的な言葉をわかりやすく伝えることで相手も真摯に受け取ってくれます。

変にだらだら書くよりはこのように簡潔な文章の方が良いでしょう。

「本当に大好きです。○○(相手の名前)のこういう所が好きです、付き合ってください」

告白のおすすめ二つ目は「本当に大好きです。○○のこういう所が好きです、付き合ってください」。

LINEで告白する際の注意点としては相手が罰ゲームかなんかで言っているのではないかと疑われてしまうことです。

そのため本気度を表すためにしっかりと相手の良い所やっ本当に大好きですということをしっかり伝えましょう。

また、もっと知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。

中学生の告白でlineはあり?lineで告白する場合のセリフやタイミングを解説

 

失敗しやすい告白の仕方は?

告白は成功だけするとは限りません。

もちろんどれだけ思いが強くても相手が自分の事を好きでなかったら付き合うことはできませんし、告白の仕方に問題がある事もあります。

相手が自分の事を少しいいなと思っているぐらいだと、告白の内容で付き合うかどうか決まることがあります。

ここでは、失敗しやすい告白の仕方を見てきますので、参考にして下さい。

人前での告白

失敗しやすい告白の一つ目は人前での告白です。

告白はする側もされる側も緊張するもので、他の人に見られてしまうと緊張してしまいます。

そのため、他の人に見られるとムードをなくしたり、恥ずかしいから告白を振るということになってしまいます。

そのため告白をする際はしっかりと人目につかないところで行うようにしましょう。

小さい声での告白

失敗しやすい告白の二つ目は、小さい声での告白です。

告白は相手からすると、しっかりと聞きたいですし告白する側の告白が聞こえないと告白になりません。

聞く側もイラっと来てしまうので、別に大きな声でなくても大丈夫ですが相手に聞こえるように言いましょう。

告白に時間がかかった

失敗しやすい告白の三つ目は告白に時間がかかったときです。

告白は緊張するもので、中々言い出せないものです。

しかし、相手からするとわざわざ呼び出されていますし、時間がかかってしまうと嫌な気持ちになってしまいます。

そのため告白は出来るだけ短時間でスパッと言うようにしましょう。

親密な関係になっていなかった

失敗しやすい告白の四つ目は親密な関係になっていなかったときです。

告白は一目ぼれでする時もありますが、相手からしてその際にオッケーするのは顔が好みの人の場合だけです。

しっかりと友達といえるくらい親密な関係になっていないと顔以外で判断されなくなってしまいます。

もちろん振られる可能性も大きくなってしまうので、LINEや直接会話するくらいの仲にはなっておきましょう。

余裕がない時に告白

失敗しやすい告白の五つ目は余裕がない時に告白することです。

告白はいつしても良いですが、相手の状態を考えてあげることも大事です。

いくら気になっている人でも、試験前で忙しかったり部活の大会に向けて頑張っている時に告白されても余裕がないから振ることもあります。

そのため、相手の状態も考えて恋人がいても負担がない時期を狙って告白しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

振られた場合はどうすればいい?


引用:https://pixabay.com

振られた後その人とどういう関係になればいいのか、どう接すればいいのか悩みますよね?

ここでは、振られた場合どうすればいいのか解説していきます。

明るくふるまう

振られた時はどうしても暗くなってしまい、変な空気になってしまいます。

しかし、相手は呼び出してきてくれたんですし、誠意をもって振ってくれています。

そんな相手に暗い気持ちでいてもなにもいいことはありません。

そういう時ほど相手に来てくれたお礼を伝えましょう。

振られた後の行いはとても大切ですし、そこで怒ったり暗くなってしまっては相手に悪い印象を与えます。

明るくふるまいましょう。

しつこく追いかけない

告白して振られると、その後もその人を好きでいるのは分かりますが、しつこく追いかけることはまた別です。

しつこく追いかけるのはストーカーと同じで、相手に嫌われるだけです。

恐怖感や嫌悪感を与えるだけなので、好きな人だからこそ、そのようなことはしないでおきましょう。

いやがらせしない

振られてしまうと、なんで?という気持ちが大きいですよね。

そこから相手に嫌がらせに発展しないように気を付けましょう。

逆恨みから嫌がらせをすることは何もメリットがありませんし、子供な自分を無駄に相手にさらすだけです。

好きな人だからこそ、そのようなことはしてはいけません。

よそよそしさを出さない

告白して振られると、その後学校であった時もどうしてもよそよそしくなってしまいますよね。

少しの間は仕方ないかもしれませんが、相手からしても友達だったのにという気持ちになってしまいます。

友達関係でさえならなくなってしまう前に、自分からよそよそしくならないようにふるまいましょう。

好きな人と友達関係でいられることも幸せですよ。

友達に言いふらさない

告白して振られると、相手が振ったということだけを他の人に言いふらしてしまいますよね。

相手からしても悪気があって振ったわけではないですし、言い振らしてしまうと相手の評判も悪くなってしまいます。

自分の憂さ晴らしだけで言いふらすのはやめて相手の気持ちをも考えてあげましょう。

何が原因だったのかを考える

振られるということは何か問題があるということです。

それが、自分の性格なのか、告白の仕方なのか、タイミングなのか色々あります。

そのまま何もしないと前に進むこともできません。

しっかりと振られた理由を考えて次の恋愛に生かせるようにしましょう。

2度目の告白はあり?


引用:https://pixabay.com

一度振られただけでは相手の事をあきらめることができないという人もいますよね。

どうしても諦められないときは2回目、3回目の告白もありです。

その理由を少し掘り下げてみていきます。

相手が自分の事を気にしだす

一度目の告白をすると、相手はあなたに対して意識し始めます。

それまで友達だと思いきっていた人が自分の事を好きということにその時に気づいたからです。

そして一度目の告白の場合は心の準備ができていませんし、友達という概念から抜け出せないこともあります。

告白から時間が経つと、段々気になり始めて好きに変わることも良くあります。

そこで二回目の告白をすることで付き合えることがあります。

二回目の告白は落ち着ける

二回目の告白がありな理由として、落ち着いて告白できるというのもあげられます。

告白する時はどうしても緊張しますし、中学生だと人生で初めての告白という人も多いです。

それで告白が上手くいかなかったという人も多いでしょう。

そこで二回目の告白は悪かったところを反省して生かすことができ、一回目程緊張しなくなります。

落ち着いて告白することで相手に気持ちも伝わりやすくなりますね。

まとめ

今回は中学生の告白の仕方やセリフなど見てきました。

中学生になって恋愛感情が生まれたからこそ、好きな人と付き合いたくなりますよね。

告白はとても大事なので成功する方法で行うようにして下さい。

また、こちらの記事では告白してokを貰った場合の長続きする方法やデートのプランをご紹介してします。

 

告白がokでもダメだったとしても、勇気を出せた自分をしっかりほめてあげてくださいね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*